【サイレント・ナイト 悪魔のサンタクロース】


サイレント・ナイト 悪魔のサンタクロース [DVD]

クリスマスイブの田舎町で、保安官とその不倫相手、そしてポルノ撮影中の男女が殺害される事件が起こる。

現場に残されたビデオカメラの映像にはサンタクロースにふんした人物が映っており、女性保安官オーブリー(ジェイミー・キング)らは捜査に乗り出す。

しかし、謎の殺人サンタの犠牲者は増え続け……。

シネマトゥデイより。

悪魔のサンタクロース 惨殺の斧】のリメイク。

アメリカの田舎町で、保安官と不倫相手の女性が監禁されている様子。保安官は不倫相手の父親か夫だと思い、命乞いをするんですが、拘束している相手をライトで飾り立てている時点で異常です。

案の定、不倫相手とは関係ないただの殺人鬼で、命乞いもむなしく感電死させられちゃいました。

保安官に連絡がつかなくなったことで、休暇中だった女性保安官のオーブリーが異臭がするという空き家に行くと、保安官の死体。

不倫相手も無残な死体になっています。

殺人鬼は親に暴言を吐く生意気な子供、ポルノを撮影していた女優とスタッフを殺していくんですが、最後に殺されるポルノ女優は映像としては映りませんが、なかなか痛そうな死にざまでした。

やっぱり粉砕機での殺害はえげつないですね。

その際、ポルノ撮影をしていたカメラにサンタ姿の殺人鬼の姿が映っており、やっと殺人鬼がサンタの姿をしているということがわかるんですが、田舎町とはいえ、クリスマスシーズンで町にはサンタだらけ。

そのせいか、殺人サンタも撮影されていると気づいているにもかかわらず、カメラをそのまま放置という強気な態度。

その後も殺人サンタは保安官たちをあざ笑うかのように、次々と殺人を繰り返していきます。

基本的にオリジナル同様、悪い人間には罰を与え、良い人間にはプレゼントを与えるという展開ですが、設定を変えたことでややサスペンス色が強まっているように感じました。

オリジナルの殺人サンタは両親をサンタ姿の強盗に殺され、ひきとられた孤児院で悪いことや性的な行為には罰をという考えを刷り込まれた結果、殺人サンタへと覚醒してしまいます。

しかし、本作の殺人サンタはもう少しネガティブな理由な印象。

一部、対象外としか思えないのに殺される人物がいるんですが、その辺はラストで明かされてました。

目を背けるようなゴアシーン自体は少ないんですが、

殺人シーンと殺人シーンをつなぐためにストーリーがある

ような感じなので、万人受けはしないかも。

まあ、クリスマスに呪いあれ! という人たちにはおすすめです。

オススメ度(10段階)……★★★★★★
(殺人サンタものとしては良作。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
殺人サンタ映画
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


サイレント・ナイト 悪魔のサンタクロース [DVD]

コメント

タイトルとURLをコピーしました