【SHOCKER(ショッカー) 闇の奥】


交通事故で父親を失ったクリス。彼女は仲間たちと共に炭鉱博物館を訪れ、父の研究書類を発見。それは伝説の殺人鬼、マルティンスについてのものだった。この炭鉱ではかつて死刑囚が危険な作業に従事し、マルティンスはその最後の犠牲者だった。クリスたちは炭鉱のガイドツアーに参加するが、エレベーターが故障。暇つぶしに“こっくりさん”を始めた仲間たちは、マルティンスの霊を呼び出してしまう。次々と憑依され、命を落としてゆくメンバーたち。黒魔術の伝説では、8人の犠牲と引き換えに、悪魔は復活するという。この暗黒の地獄から、クリスは脱出することが出来るのか?

公式より。

炭鉱内で騒ぎまくっている上、ドタバタし過ぎているため、ストーリーがわかりづらかった。

ただ、断片的に観れた状況から考えると、意外と怖い。展開の荒さは感じますが、単純に状況だけ考えると、恐怖感はたまらないものがあります。

【死霊のはらわた】ではないですが、さっきまで友人だった相手が突然襲ってくる恐怖。

救いはゾンビと違って増えないことくらい。でも、倒したところで別の誰かがとり憑かれてるため、

まるで嫌なフルーツバスケットをさせられているよう。

ちなみにアルバトロスらしく、パッケージのような状況は一切ありません。

赤ずきんでもなければ、炭鉱内なのであんな森のような状況ですら……。

オススメ度(10段階)……★★★★
(シチュエーションは面白いのに、残念なことになってます)



↑予告編

blogram投票ボタンにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←頑張る度合いが上がります

《関連リンク》

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です