【パージ】


年に12時間だけ、殺人を含む全ての犯罪行為を合法にする法律が定められたアメリカ。

パージと呼ばれるその日を迎えたジェームズ・サンディン(イーサン・ホーク)は、最先端のセキュリティーシステムによって保護された自宅で妻子たちと夜を過ごすことに。

だが、パージがスタートするや、ある男がジェームズの家に助けを求めてやって来る。

息子がセキュリティーシステムを解除して彼を家にかくまうが、男を殺そうとする近隣住民が続々と集結。

暴徒と化した彼らに囲まれたジェームズたちは反撃に挑むが……。

シネマトゥデイより。

年に1日のうち、12時間だけ犯罪が免除される『パージ』が設定されたアメリカで、ひとりの男を家に入れてしまったことから標的になってしまった家庭を描いた作品。

いや、もう根本的に色々とおかしいんですが、そこは置いておかないといけない無理矢理な状況。

【バトル・ロワイアル】の中学生同士の殺し合いが受け入れられてる世界同様、『パージ』が受け入れられている世界。経済が崩壊したせいで、全体主義になっているようです。

ただ、国家としての安全は確保しないといけないので、レベル4以上の武器の使用は禁じられていて、クーデターのようなことは起こせません。

また、支配者たちの保身のため、政府要人は法律の適用外にしています。ズルいですね。

そんな状況で、毎年、ムカつく奴を殺したり、強盗して金を奪ったりするわけです。

それなのに、病院が機能しないっていうのは恐ろしいですね。対象外にしたらあらかじめ病院に逃げ込む奴とかいそうですけど。

うっぷん晴らしで人を殺したら失業率が下がるとか、風が吹けば桶屋が儲かるどころか、風が吹いたら飯屋が儲かるくらいの?が浮かびます。

失業者を殺しまくれば、確かに失業率は下がりますが。

でも、この作品の世界の何が恐ろしいって、メインとなる襲撃者たちもよく知らないとはいえ、近所の住民ということ。

うっぷん晴らしで近所の住民に殺されてはたまりません。中には家族とか、好きな相手の家族を殺そうとするのまでいます。

大体、好きな相手の家族を殺して結婚したとして、うまくやっていけると思う感覚がイカれてます。

近所にしても、犯罪としては免除されたとして、『パージ』したり、された相手とはつきあえないし、『パージ』するとわかってる相手となんて、怖くて普段からつきあえません。

そういう部分で無理があるので、1年に一晩だけ、人間の精神が狂う世界と思わないと、

精神的な気持ち悪さ

しか感じません。

スポーツみたいに、「いい『パージ』でした」とか褒め称えながら、握手したとしたら、それはそれで気持ち悪い世界ですが。

主人公のジェームズも、自分は参加しないものの、『パージ』に賛同しているんですが、自分たちが巻き込まれ、『パージ』に疑問を感じている子供たちを見て、何かを感じとることになるんですけどね。

映画として、完全に別世界のシチュエーションとしては、面白いんじゃないかと思います。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★
(招かれざる訪問者系スリラーとしては、かなりの力技。)

blogramのブログランキング

《関連リンク》
おすすめ推理映画
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


パージ ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です