【エスター】

Pocket

子どもを流産で亡くしたケイト(ヴェラ・ファーミガ)とジョン(ピーター・サースガード)は悪夢とトラウマに苦しみ、夫婦関係も限界を迎えていた。

以前の幸せな日々を取り戻そうとした彼らは養子を取ることに決め、地元の孤児院を訪問。

そこで出会ったエスター(イザベル・ファーマン)という少女を養女として迎え入れる。

シネマトゥデイより。

ジャケットではそれほど怖くないものの、予告やポスターを見ると怖いという不思議な絵が印象的。

珍しくネタバレなしで観たんですが、これは面白い。

正直に言うと、2つのシーンでエスターの『正体』に気づいてはいたんですが、それでも充分に怖い。

観始めた時は、オープニングの死産シーンがショックで、後はまったりとエスターが何かしているのかグレーのまま進み、ラスト付近でいきなり加速ってパターンなのかと思ったら意外な展開。

もう、完全にエスターが色々とやらかします。でも、それを実際に見ている妹は喋れず、疑いを持った母親は誰にも信じてもらえず。

こういう孤立感って怖いですよね。

よくイジメで一番きついのは空気扱いされることだと言われますが、すべてを否定される方が、よっぽど精神的には追い詰められると思います。

そういう精神的に追い詰められる恐怖に感情移入する自分と、エスターの狂気を知っている自分がいるので余計に背筋が寒い。

例えると、凄く優しそうな老夫婦がやっている店で、お互いやり直そうと食事をする夫婦。でも、その食事には睡眠薬が入っていて、料理は眠らされた客の成れの果て。

そういう見た目の穏やかさに反するやるせない真実と狂気、その双方を知っているにも関わらず、その後の展開を回避出来ない無力感。

普通は怪物の正体とか、どういうことなのか、わかった段階で萎えるものですが、そのままの不気味さが維持されるのが怖いんでしょうね。

ちなみにDVDにはもうひとつのエンディングが収録されていますが、オリジナルのエンディングの方が絶対的に怖いです。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★★
(久々に途中で飽きない良作サイコホラーでした)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

blogramのブログランキング

《関連リンク》
アナザーエンディング(ネタバレ有)
おすすめ推理映画
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


エスター [Blu-ray]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です