【呪いの事件簿】

Pocket

『振り込め詐欺の呪い』

振り込め詐欺グループの一員である男。ある日、グループに属する友人が、ある老婆を振り込め詐欺で騙すことに成功する。

大金をせしめて有頂天の詐欺グループのメンバー達。友人によると今回騙した老婆は盲目で痴呆気味であり、もっと金を騙し取る事が出来るという。

しかし、その後老婆は音信不通になってしまう。

公式より。

振り込め詐欺、新名称母さん助けて詐欺をしていた若者たちが、失敗続きに焦り、唯一成功した老婆からもっとだまし取ろうと企むという話。

しかし、一度目は即座に振り込んだ老婆が二度目は振り込んで来なかったため、家まで行ってみることに。

まずカップルの男が行方不明になり、女の方が訪れてみると、部屋は真っ暗で、老婆は暗がりで知らないという。

女に頼まれてもうひとりの男が行ってみるが、やはり行方不明に。

女は不安になり、再度訪れると……という流れ。女の2度目の訪問で、老婆の正体がわかるんですが、結局男ふたりがどうなったのかはわからずじまい。

『禁断のダイエットグッズ』

通販でダイエットグッズを取り扱う女社長。

ある日、とある男から電話があり「絶対に痩せる薬」と謳う薬を買う。

自身もダイエットに悩んでいた女社長は社員を実験台にして効果を確認し、自分でも薬を服用するようになる。

その薬を自社の通販で売ったところ、確実なダイエット効果が口コミで広がって大ヒット商品に。

公式より。

あまりにも自社のダイエット商品が売れず、イライラしていた若い女社長。

画期的な成分として人骨に目をつけて、嫌がるバイトで試すと、なんと5キロもダイエットに成功。

販売してみると大ヒットするんですが、おかしな事が起こり始めます。

やがて、バイトがやめてしまうと、状況は急速に悪化。あらすじでは飲んだことになっていますが、自分では飲んでいない女社長の身にも呪いが降りかかります。

あんまりにも女社長の性格が悪過ぎるため、恐怖よりも女社長への不快感の方が残る気がします。

『臓器移植の真実』

ある町医者の男。

彼の娘は生まれつき心臓に疾患があり、長い間心臓移植を待っていた。特に最近病状が悪化している様である。

そして、男の病院には長年治療費を滞納している長期入院患者がいた。何とかしてその患者の心臓を娘に移植できないものか。
と考えた男は入院患者を原因不明の突然死という事にして殺害する。

前の2話と比べると、まだ悪党感のない医者ですが、勝手に移植しちゃダメですね。

移植に成功したのはいいですが、娘は変な事言い出すし、警察が来たと思ったら、患者だった男は凶悪犯というオチ。

しかも、どうやら娘に凶悪犯の記憶が移ったのか、霊に憑かれたのかわかりませんが、精神的に娘の姿の凶悪犯になったご様子。

凶悪犯の一連の行動の目的が意味不明な上、父親も最後に納得しづらい行動をとるので、なんかモヤモヤします。

3話ともに映画とか、創作ドラマというより、再現ドラマのようなので

妙に手堅い感じ

でした。

ショックシーンも控えめだし、すごい斬新なことをしようとしている感もありません。

ホラーマニアな人には物足りないかもしれませんが、テレビの再現ドラマ風のホラー特番が好きな人にはおすすめかも。

オススメ度(10段階)……★★★★★★
(良くも悪くも手堅い感じ)

blogramのブログランキング

《関連リンク》
おすすめホラー映画リンク集
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


呪いの事件簿 [DVD]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です