【マッド・ダディ】

Pocket


マッド・ダディ[Blu-ray]

ブレント(ニコラス・ケイジ)は、結婚して10年以上の妻と2人の子供との暮らしに、これでいいと自分に言い聞かせながら生活していた。

ある日、至るところで親が自分の子供を殺し始め、国中がパニックになってしまう。

子供たちを心配して会社から急いで帰宅したブレントだったが、子供の顔を見た瞬間、殺意が湧き上がり……。

シネマトゥデイより。

ニコラス・ケイジ主演というか、妻役のセルマ・ブレアの夫婦がメイン。ちょっと主役というのは違うかなと思います。

むしろ、作品の性質上、主役自体は娘だと思うので。

ちなみにセルマ・ブレアは【ヘルボーイ】のヒロインを演じた女優です。

ストーリーは、普通に暮らしていた家族の親が実子を突然襲い出すというもの。

何かが引き金になるとかではなく、ひたすら殺意が湧く様子。

直前まで心配してたと思ったら、いきなり豹変したりします。

それがニュースになり、子供が心配で学校に押し寄せる両親たちですが、子供は親を信じたいけど、明らかに危ないので教師たちは返そうとしないので引き止める構図はなかなか面白い。

逆に襲っている親たちも、自分の子供以外はスルーしたり。

大人が子供を襲うのではなく、親が子供を襲う

というシステムなので、こういう現象が起こるんですね。

ただ、どうせだったら子供を襲わない親がいて、実子じゃないのがわかるネタとかあった方が面白かったかもしれません。

もう本当に子供を襲う親から逃げ回るだけの映画で、ナイト・シャマランばりの元凶とかは不明のまま、ぶん投げてます。

もちろん、最後まで何が原因なのか一切判明しないので、原因がわからないとモヤモヤする人には勧められません。

あまりのB級っぽさに、ナイト・シャマランに影響を受けた新鋭監督なのかなと思ったら、ブライアン・テイラーでした。

【ゴーストライダー2】でもニコラス・ケイジと組んでた監督ですが、他にも【アドレナリン】とか【ドクターズ・ハイ】とか撮っているので、クレイジーな人間を描くのがうまい人でした。

ブライアン・テイラーが描く狂人って、ホラー映画の殺人鬼というより、人を殺しながらバラエティを見ているかのように笑ってる感じの異常さなんですよね。

この作品でも、ニコラス・ケイジがわかりやすいキレっぷりを見せてくれているんですが、それよりも妻のセルマ・ブレアの方が怖い。

誰がどう見ても狂ってる父親に対して、実の子を殺すために演じたり、様々な策を講じるのが見ていて怖いです。

ところどころ、設定が荒い部分もありますが、スプラッターはダメだけど、ゾンビみたいな映画が見たい人たちにはオススメかも。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★
(こういう作品は元凶がわからない方が面白い気がします。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


マッド・ダディ[Blu-ray]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です