【口裂け女2】

Pocket


口裂け女2 [DVD]

岐阜県で養鶏場を営む沢田家の三姉妹、長女の雪枝(川村ゆきえ)、次女の幸子(岩佐真悠子)、三女の真弓(飛鳥凛)は順風満帆に暮らしていたが、半狂乱となった雪枝の昔の恋人・鈴木が雪枝と間違えて真弓に硫酸をかけてしまう。

深い傷を負った真弓を姉たちは励ますが、同じころ街では連続殺傷事件のニュースで騒ぎになっていた。

シネマトゥデイより。

【口裂け女】の続編という扱いになっていますが、つながりは一切ありません。

『口裂け女』が話題になっていた当時、様々な噂がありましたが、本作では岐阜出身と3姉妹を選択した様子です。

主人公の沢田真弓は末っ子の三女で、養鶏場を順調に営む父、母、美容院で働く長女雪枝、結婚を間近に控えた次女幸子と暮らしています。

真弓自身も陸上部のエースで、憧れの先輩と文通の約束をして、幸せな生活を送っていました。

しかし、養鶏場の大口の取引先の息子が幸子の結婚に逆恨み。

幸子のベッドに寝ていた真弓に硫酸をかけ、騒ぎを聞いてきた母親を殺害、父親に射殺されたことで人生が一変。

正当防衛とはいえ、大口の取引先の息子を射殺したことで、順調だった養鶏場の経営が傾き、父は自殺。

地方の小さな町では、噂になってしまい、どうやら幸子の結婚もなかったことになった様子。

硫酸をかけられた真弓の顔は治すことが出来ず、マスクで顔を隠しながらも、学校に通います。

人気者だった真弓への妬みからの反動は強く、つらく当たられますが、遠距離で文通している先輩には幸せな振りをする真弓。

じわじわと追い詰められていく沢田家。

その頃、町では連続殺傷事件が起きており、赤い服の女が目撃されるんですが、そこにはある真実がという展開。

オーソドックスで驚きのない展開だし、ショッキングなシーンもほとんどありませんが、その分、かなり見やすく、秀作と言っていい作品だと思います。

正直、

怖いというより、悲しいというか、かわいそう

という印象でした。

都市部でなく、地方だからこその状況なんでしょうけど。

もっとも、本当にかわいそうなのは、なんの関係もないのに殺された人たちですけどね。

オススメ度(10段階)……★★★★★★
(口裂け女である必要はまったくないんですけどね。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


口裂け女2 [DVD]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください