【ジェーン・ドウの解剖】

Pocket

とある一家が無残にも殺害された家の地下で身元不明の女性の変死体が見つかり、検死することになったトミー(ブライアン・コックス)と息子オースティン(エミール・ハーシュ)。

死因を調べるため解剖を進めるにつれ、驚くべき事実が次々と明らかになる。

やがて、親子に不可解な現象が襲い掛かり……。

シネマトゥデイより。

身元不明の女性の死体を解剖することになった親子を襲う怪奇現象を描いた作品。

『ジェーン・ドウ』というのは、日本でいう『名無しの権兵衛』のことで、本作の場合は女性のため、『ジェーン・ドウ』となっています。

男性の場合は『ジョン・ドウ』で、複数の場合はそのまま『ジョン・ドウズ』、『ジェーン・ドウズ』となる辺りは日本とは異なりますね。

本作の『ジェーン・ドウ』は、一家が惨殺された家の地下から発見されたもので、一家とのつながりもわからず、外傷もなく、まるで生きているかのような不思議な状態だった。

そのため、トミーに検死を依頼されるんですが、外傷がないと思われた身体にメスを入れてみると、手足の骨は折れ、舌や歯は抜かれ、肺は内側から焼けています。

どう考えてもおかしな死体の解剖を進めていくんですが、トミーと息子のオースティンを不可解な現象が襲い始めるという展開。

解剖を進めていくことで、少しずつ気づくことがあるという展開がやや推理ものっぽい感じはありますが、結局はオカルトなので純粋な推理ものを求めると、ちょっと違うとなりそう。

また、基本的に解剖していく展開なので、

医療ドラマくらいにはグロい

です。

ゴア系ではないので、そこまで酷くはないですが、ジャケット等のイメージで観ると、耐性がない人にはきついかもしれないので、注意が必要かも。

すごく怖いということはありませんが、想像力というか、妄想力が高い人ほど怖く感じるんじゃないでしょうか。

【バイオハザード】シリーズをプレイしていると、霊安室に閉じ込められている状態で、すでに嫌な予感しかしないんですけどね。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★
(夜中にひとり、静かな空間で観ると怖さが増すかもしれません。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめホラー映画
おすすめ推理映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


ジェーン・ドウの解剖 [Blu-ray]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です