【放送禁止 劇場版 ~密着68日 復讐執行人】(解析まとめ:ネタばれ)

Pocket

このレビューは【放送禁止 劇場版 ~密着68日 復讐執行人】のネタバレを思いっきりしています。

未見の人や、ネタバレを読みたくない人は読まずに別のページに移動するか、そっとブラウザを閉じてください。

また、ネタバレはしていますが、解釈が違うこともありますので、ご了承を。あらかじめ書いておきますが、長いです。その上、事情があってさらに別記事に分かれてます。

取材ディレクターがインタビューに向かったジーンベリー企画というのは、【放送禁止6 デスリミット】のネタを引き継いでいるので、復讐という意味のリベンジの逆さ読みから来ているんでしょう。

内田貴子への復讐の依頼者の名前に注目。『ミルク派の男子』を本作の隠しメッセージの解読法に合わせると、『ミルクハノダンシ』となり、『シンダノハクルミ(死んだのは来実)』となります。

【放送禁止6 デスリミット】の発端となった事件の加害者江口来実の事ですね。ちなみに復讐サイト『シエロ』の名前は江口を分解して、カタカナ読みした名前です。

結局、内田貴子はテストに失格してしまい、拉致されて廃ビルの中で顔を切り刻まれます。この廃ビルは噂では【放送禁止1】の廃ビルじゃないかということです。

ちなみに騙されている男はテストのために雇われた男でした。ここで『シエロ』に雇われたメンバーは、お互いの正体を知らないという提示がされます。

次のターゲットである古茂田への復讐依頼者の名前は『丸いな遺伝子』。死んでいない留麻となり、内田貴子の依頼者と合わせると、死んだのは来実で、いじめの被害者だった留麻は死んでいないということになります。

きっと、ふたりが火傷で死傷した際に入れ替わったということなんでしょう。

また、この辺りで真津とノラムが登場し、真津=ノラムではないという提示が行われていました。

この辺りの過程で、序盤の飛び降りた教師は不倫を中傷するビラが学校、息子の中学、妻のパート先へとばら撒かれ、それを苦に飛び降りたことがわかります。

その嫌がらせをしたのも『シエロ』という噂でした。

古茂田の顛末は、【放送禁止6 デスリミット】を観ていただくとして、ノラムの指示に従っているふたり側は結構面白いです。

取材ディレクターが演じている夫にはノラムの指示が携帯に届くんですが、メチャクチャざっくりで、「キレろ」だけだったりも。

ノラムの指示で夫婦の演技が終了すると、途端に真津を心配する取材ディレクターがおかしくてたまりません。

ノラムのことを責めていたはずなのに、演技を指示されると意外とノリノリな演技なんですよね。特に玄関で襲われた振りをするように言われた時は、むしろ頑張り過ぎです。

テストに失格した古茂田が硫酸をかけられ、二度と映像ジャーナリストの仕事が出来なくなります。

偽夫婦を解散し、取材ディレクターがラーメン屋で真津を演じていた女性に取材をするんですが、ノラムの正体はサイトを良くみればわかるというだけで、詳しく教えてくれず、テープを忘れて帰ります。というか、忘れたというよりも、わざと置いて帰ったとしか思えません。

そのラーメン屋でのシーンが終わる直前、カウンターで食事をしていた女性が「もう一つ替え玉ください」と頼んでいるのにも注目です。

3番目のターゲットは医師の深町和彦。依頼者は『村の初孫』で『ゴマツハノラム』。この言葉の解釈は意見の分かれるところなんですが、事情があってさらに別記事に。

ビデオテープを見た取材ディレクターは歓喜の声を上げるんですが、その理由は後述。

ここで復讐についての講釈が入り、日本では誤解されているハンムラビ法典のことが説明されています。あれって「やられたらやり返せ」という意味で理解している人が少なくないですが、あれは上限を示してるんですよね。

つまり、目を潰されたら報復は目を潰すまで、歯を折られたら歯を折るまでという意味で、それ以上はしてはいけないということ。

聖書によっては、相手を許して報復することをやめれば、自分の犯した罪がその分許されるというものもあるくらい、復讐を推奨しているものではないんですよね。

最近も殺人事件の加害者を晒すのに、過剰な範囲で晒そうして、ハンムラビ法典を持ち出す人がいますが、ほとんどが誤用です。

沖縄で深町に復讐を執行するんですが、苦しむ深町を車に乗せていった恋人は、何故か浜辺に車を停めると、待っていたノラムと交代。

なんと、恋人も『シエロ』の協力者だったわけですね。ラーメン屋で替え玉を頼んでいる女性と深町の恋人は同一人物のようです。

ヒ素を飲まされた深町は放っておけば死ぬんですが、わざわざ解毒剤を見せて苦しむ様を眺めようとします。

それを撮影していた取材ディレクターに説得されたノラムが心変わりをして、解毒剤を打とうとすると、取材ディレクターはそれを投げ捨て、ノラムを刺し殺すという衝撃展開。、

刺し殺したノラムの仮面をとった取材ディレクターは、「どうして」とつぶやいた後、何かを発見し、「嘘だ」と繰り返します。

実はディレクターの名前は神野光留で、12年前の事件で被害者となった留麻の兄。当時の取材で加害者に復讐したいと憤っていた青年です。

「どうして」は刺した相手の顔が真津を演じていた女性で、首から下げているネックレスが妹の物だとわかったことで、彼女が妹だと気付き、「嘘だ」に続いているんでしょう。

【放送禁止6 デスリミット】と劇場版のここまでの話を軽くまとめると、復讐サイト『シエロ』の管理人七川ノラムの正体は、12年前に江口と入れ替わった神野留麻。

取材ディレクターは神野留麻の兄である神野光留。

復讐のターゲットとなった内田貴子はいじめに加担していて、深町和彦はいじめの黒幕。

序盤で飛び降りたのは、いじめを見て見ぬ振りした教師で、古茂田はいじめを取材していたジャーナリスト。

なんのことはなく、江口となって、12年前の復讐をしていた

神野留麻を兄の光留が妹の敵である江口だと思って刺し殺した

という話。

と、ここまでの話だとそういう話なんですが、ディスクに収録されている特典映像を見ると、さらに衝撃の展開を迎えます。

さすがに長過ぎるので、別記事【放送禁止 劇場版 ~密着68日 復讐執行人(映像特典)】(解析まとめ:ネタばれ)で。

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

blogramのブログランキング

《関連リンク》
おすすめホラー映画リンク集
おすすめ推理映画リンク集
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


放送禁止 劇場版~密着68日 復讐執行人 [DVD]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です