【ハロウィン・レポート キル・オア・トリート】

Pocket

伝説のお化け屋敷「青い骸骨」を求め、旅をしていたザックたち5人。

棺桶に入れられ生き埋めにされた彼らは、その後警察に無事保護されていた。

あの恐怖体験から1年後。

「青い骸骨」によってアップされた生き埋め映像は、驚異的なアクセス数を記録。

このニュースと共に、各地のお化け屋敷の過剰なパフォーマンスが問題となっていた。

意図せずとも一躍人気者となり、味をしめたザックたちは、今年のハロウィンもお化け屋敷巡りを決行する。

気が進まないブランディのために、あまり過激な所には行かないようにしていたが、ブランディはあるお化け屋敷で「青い骸骨」のマスクをかぶった男を見かける―。

公式より。

前作【ハロウィン・レポート】本編ではどうなったかわからなかったブロンディたちは、警察によって救出されます。

と言っても、前作をメディアで観ると本作の予告編でネタバレしてるんですけどね。

前回酷い目にあったことでブロンディは行きたがらないんですが、説得されていくことに。

で、結局やってることは一緒なので、前回同様お化け屋敷の映像が流れるだけ。

強いてあげれば、ゾンビマラソンとゾンビ祭の映像があったくらい。

あ、ゾンビ祭の大食いチャレンジシーンにフードファイターの小林尊が出演してました。

映り込んだレベルではなく、大食いチャレンジの有名人として扱われていたので、結構ガッツリ。

逆に、ホラーとしても、サスペンスとしても、必要性を問うレベルで扱いが大きい気がします。

ゾンビマラソンにしろ、ゾンビ祭にしろ、ドキュメンタリー風の作品という意味では必要なのかもしれませんが。

また、本作では『ヘルベント』を探す流れになるんですが、その過程で前作の『ブルースケルトン』のメンバーが現われます。

後半、『ヘルベント』と思われるグループに拉致られて、廃墟らしき場所を探索するように命じられるんですが、そこからは意外と面白い。

正直、ホラーとしての怖さは薄いですが、展開がコロコロ変わるサスペンスのような面白さですけどね。

個人的には前作と本作をまとめて1本の映画にした方が、わかりやすかったという印象がぬぐい切れませんでした。

オススメ度(10段階)……★★★★★★
(雰囲気ホラー。ラストの流れの分だけ前作よりは評価高い感じ。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


ハロウィン・レポート キル・オア・トリート [DVD]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です