【ハロウィン2(ロブ・ゾンビ版)】

Pocket

ハロウィンが近づくころから、ナーバスになっていたローリー(スカウト・テイラー=コンプトン)。そんなときにルーミス医師(マルコム・マクダウェル)の本が発売され、自分が殺人鬼マイケル・マイヤーズ(タイラー・メイン)の妹だと知ってしまう。やけになったローリーは家を飛び出すが、マイケルが再び現れ……。

シネマトゥデイより。

25周年記念で撮ったリメイク版が好評だったらしく、早い段階で続編が決定していたホラー映画。

最近の映画では珍しい気がするシリーズものを連続で同じ監督が撮影した作品でもあります。実際、ジュリアン・モーリーとアレクサンドル・バスティロには交渉していたらしいです。

ジョン・カーペンターから始まったオリジナルのシリーズでは、6作目の後、ドナルド・プレザンスが亡くなるまではルーミス医師が主役でした。3作目は番外編のような別作品なので、除きます。

前作でローリーに倒されたはずのマイケルを乗せた車が間抜けな事故に会い、マイケルが逃亡して1年。

その間に前作で死んだとばかり思っていたルーミスは本を出版して有名に。ただし、怪物を作ったということで世間には叩かれています。

オリジナルのルーミスって、こんな嫌な奴だったような記憶がないのですが、DVD化が進んでいないため、なかなか確認が出来ません。

ローリーはローリーでかなりトラウマを抱えていて、マイケルの幻想に捕らわれてばかり。もっとも、事故の後、マイケルの死体がなくなっているんだから当然と言えば、当然です。

ただ、新しいマイケルの妹を探す能力は並外れていて、第6感で探しているかのような動きを見せます。

オリジナルのシリーズだと、会話を聞いていたりしたものですが、ヒントもなしにピンポイントで家を当てています。

また、ローリーに近付くために邪魔だったり、ローリーの関係者を狙っていたのが、目に付いた相手を殺しまくる勢い。

ただのマザコン殺人鬼になった

感じで残念です。

全般的にオリジナルと違って理由付けのない展開で、悪くはないけど、良くもない印象。

最近の風潮に迎合したんでしょうが、かえって普通な作品になってしまった気がします。

今後のシリーズでオリジナルのような教団が出てきたら、さらにダメなことになりそうです。

オススメ度(10段階)……★★★★★★
(オリジナルとの比較でハードルが上がってますが、普通レベル以上なことは確か)

blogramのブログランキング

《関連リンク》
おすすめホラー映画リンク集
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


ハロウィンII アンレイテッド・コレクターズ・エディション(2枚組) [Blu-ray]

2件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    マルコムマクダウェル あくの強い役をこなされてきた 英国の俳優さん 年とりましたよね
    「時計じかけのオレンジ」懐かしいです
    かなりいやみな感じがしますよね
    マイケルが単なる殺人鬼になってしまった感じがします

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >カズさん
    コメントありがとうございます。
    マルコムマクダウェル……あのおっさん、
    どこかで観たと思ってたら、【時計仕掛けの
    オレンジ】のアレックスだったんですね。
    名前見るまで気づきませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です