【封印映像6 呪いのパワースポット】

Pocket

『悪魔祓い』

新興宗教団体に潜入取材を行った際にメガネに内臓された小型カメラが捉えた映像。そこでは信じがたい行為が繰り広げられていた…。

公式より。

昔の狐憑きへの扱いを彷彿とさせる作品で、こいつ悪魔だから、こいつを痛めつけられなければお前も悪魔という感じの理屈の教義。

潜入取材中の男は短時間で洗脳されていく恐怖にさらされていると思ったら、実は衝撃の状況が待っていたという体。

教団幹部のハゲた幹部が身体のことを『ボディ』って連呼するため、無意味に笑いが込み上げてきますが、やってることはメチャクチャです。

オチはモンスターエンジンの『ゴッドハンド洋一』。

意図してない演出という設定なのか、説明がない不可解な現象が映っています。

『海辺の女』

海辺で水着姿の女の子たちを隠し撮りした男子学生たちに異変が起こる。そして、その隠し撮り映像には不可解なものが映っていた。

公式より。

よくある画面から外れて、戻るとさらに近付いている系。というか、2回目がなければ、1回目に気づかなかったと思う。

1回目は本当にただの黒い人影。ただ、アップは案外気持ち悪い。

『浮気調査』

興信所に寄せられた夫の浮気調査依頼。調査員は夫があるアパートに出入りしているところを突き止め、その部屋へ侵入を試みたが…。

公式より。

浮気と思ったら、『とんでもないもの』と浮気してたという話。まあ、浮気じゃないんですけども。

その『とんでもないもの』の造詣がなかなかカオスで良い感じな上、下手な解説をいれないでくれた辺りが余計に

理解不能で面白い。

ただ、調査をしていて、ミスを犯した後のくだりは映してくれた方がより怖かったかも。

『先導者』

男子が大勢で「首切り」という心霊スポットを巡る肝試しをした時の映像。突如「帰る」と言い出した2人は、帰路でバイクの事故で死んでしまい…。

公式より。

若者たちが心霊スポットで肝試しをしようとしたところ、突然帰ると言い出したふたりの近くに白い影がいるというもの。

先に帰ったふたりの若者は不幸に遭ってしまうんですが、首の骨と背骨を折って死んだという情報のみ。それなら、『首折り』って名前の心霊スポットにしておけばいいのに。

しかも、この話、後々のシリーズで続くかもしれないという。

『呪いのパワースポット』

パワースポットを紹介するDVDの撮影にて。ナビゲーターを務める女優が洞窟の中で木箱に入った”奇妙な骨”を発見する。

公式より。

首のない人影を何故か女優が追いかけていくと、謎の洞窟があり、女優の様子がおかしくなる。

驚いて逃げてしまったプロデューサーたちは、女優がいないことに気づき、洞窟内に戻ると、女優は得体のしれない箱を持っていて、開けると頭蓋骨が。

ただ、その頭蓋骨は人のものとは明らかに異なる部分があり……というもの。

有名な『件(くだん)』をネタにしてるんですが、何かピンと来ない。箱を開けるまでの展開はなかなか恐怖心を煽る展開だと思うので、いきなり『件』と言い出したのがネタありきな印象を受けるのかも。

オススメ度(10段階)……★★★★★
(『浮気調査』は調査員に感情移入出来るとかなり怖い)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

blogramのブログランキング

《関連リンク》
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


封印映像6 呪いのパワースポット [DVD]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です