【フィースト 3 -最終決戦-】

Pocket

謎のモンスターの襲撃は依然として続き、テキサスの小さな街は壊滅状態に陥っていた。生存者たちはこの地獄から脱出しようとさまざまなことを試みるも、ついに怪物たちに取り囲まれてしまう。そんな絶体絶命の中に現れた救世主と思われる人物の導きで、生存者たちは地下の安全地帯へと向かうが、怪物とは異なる新たな脅威と絶望が待ち受けていた……。

シネマトゥデイより。

文字通り、2の続きです。2のラストの屋上で襲われたシーンからちょっと巻き戻った感じで始まります。

今回、新しく、カウボーイ、預言者、カラテキッドなどのキャラクターが出てきますが、このシリーズ、助けに来た強い人って大抵が元からいた人たちのせいで死ぬんですよね。それか、強いように見えて、ただのアホかのどっちか。

2ではグレッグ・スワンクのせいで色んな人が酷い目に遭いましたが、今回はスラッシャーとバーテンのせいで、酷い目に遭う人だらけです。特にバーテンは頭がおかしいです。

まあ、登場シーンで

紹介が入った時に死ぬのわかる人もいます

けどね。

しかも、原題が【HAPPY FINISH】のくせに全然完結してない上、ハッピーですらありません。おかげでエンディングの説明で激しくツッコミをいれたくなるというか、エンディングだけ聴けば話がすべてわかるという中身のなさ。

シュールでエロいホラーコメディーという見事なB級と化しているんですが、よく考えると昔のバイオレンスアクションってこんな雰囲気のもの多かったかも。

【エル・マリアッチ】とかも、意外にこんな感じだったよなあとか思い出しました。

オススメ度(10段階)……★★
(さすがにあのラストはない)



↑オープニングはこんな感じ

blogram投票ボタンにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←頑張る度合いが上がります

《関連リンク》

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です