【デビル(2011)】

Pocket

高層ビルで男が墜落死し、現場に急行した刑事ボーデン(クリス・メッシーナ)は、ロザリオを握りしめた死体に違和感を感じつつも、状況から自殺と判断する。ちょうどそのころ、同じビルのエレベーターが突然停止し、閉じ込められた5人の男女が、照明が消えるごとに1人ずつ無残な死を遂げるという奇怪な事態が起きていた。

シネマトゥデイより。

【シックス・センス】や【ハプニング】のナイト・シャマラン監督作。相変わらず難解です。

シャマラン監督の作品って、ストーリー展開や、背景は普通なんですが、どこか哲学じみていて、何が起きてるのかはわかるけど、

何が言いたいのか

がわかりづらい。

この作品も飛び降り自殺が起きた不吉なビルのエレベーターに5人の男女が閉じ込められ、一人ずつ死んでいくというもの。

でも、主人公は飛び降り自殺の調査に来ていた刑事で、エレベーターの様子を見ながら助けようとするポジション。

こういったソリッドシチュエーションでのあるある的に、怪しいと思われたら死んでいくのでオチは読みやすいです。

結局、閉じ込められた人々は何かを抱えていて、悪魔に裁かれているという描かれ方なんですが、以前から疑問で仕方がないんですよね。

普通に考えたら悪魔って、悪いことをさせようとか、堕落させようとするものじゃないかと思うんですが、欧米の作品の悪魔って裁くことも少なくないような気がします。

神が裁くとか、悪魔が悪いことをさせて、魂を穢して地獄に連れて行こうとするならわかるんですけどね。宗教観の違いでもなさそうなんですが、これってなんなんでしょうね?

約80分の作品なので、5人ってことは実質4人なのでダレるかと思ったんですが、サスペンス要素を盛り込んでいるおかげで、それほどダレませんでした。

宗教染みた発言の多い警備員のシーンは本当にダルいですけどね。

もっとも、凄く気になっているは一番最初の飛び降りた被害者と、エレベーター技師には何かの罪があったのかという疑問だったり。

オススメ度(10段階)……★★★★★★
(個人的には★7でもと思う反面、最近あまい気がするので★6で)

blogram投票ボタンにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←頑張る度合いが上がります

《関連リンク》

1件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    クソみたいな自己満批評のブログ、わざわざ公開する気がしれない。
    ただ自分の趣味嗜好のフィーリングで作品に文句垂れてるだけ。
    感性の合わない人は…なんて感性に逃げてるけど感性を語る以前の問題。
    メモリーの無駄だよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です