【デスゲーム】


ゲーム内で死ぬと現実でも同じ死に方をしてしまうというゲームを題材にした作品。

ハッチのゲーム仲間ルーミスが謎の死を遂げる。彼は死の直前まで『Stay Alive』というゲームをプレイしていたらしく、とても自殺するような様子はなかったらしい。

友人の不可解な死にハッチは『Stay Alive』に興味を抱き、ゲームを起動してしまう。ゲームは17世紀に実在した殺人鬼『血の伯爵夫人』をモデルに、その屋敷で殺人鬼を追うという内容であった。

やがて、ゲームをプレイした仲間たちがやはり不可解な死を遂げ始める。その死に様はゲーム内での死に方とそっくりで、まるでキャラクターが死ぬと、現実化するかのようであった。

ハッチたちはその呪われたゲームの呪縛から逃れ、生き残ることが出来るのか?

SHOWBIZで紹介された時は面白そうだと思ったんですが、実際に観てみると、ちょっと消化不良気味。ゲームと現実のリンクという設定は面白いものの、不条理ホラーにしては呪怨やリングのような不条理感がなく、かといって説明不足のため、観ている側が自分を納得させるしかないのが気になります。

たとえばゲームの中である相手を倒すのにあるアイテムを使うとして、事前にそういうシーンがなく使うので、どうして消えたの? ってなったり。

他にもいま何があったの? というシーンが多く、観終わった感想として、『血の伯爵夫人』が殺す理由はわかったけど、どうやって力を手に入れたかとか、17世紀にはゲームがないのにゲームを媒介にするまでの過程とか一切説明なし。

つまらないとは言わないまでも、観る人を選ぶ映画だと思います。題材は面白いんですけどね。

オススメ度(10段階)……★★★
(都市伝説的な面白さはあります)


ポルタス
↑同じような内容のマンガ。絵が独特で気持ち悪いですが、恐いです。

blogram投票ボタンにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←頑張る度合いが上がります

《関連リンク》

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です