【屍病汚染 DEAD RISING】


全世界を恐怖に落とし込んだ、あの“ウィラメッテ事件”後、ゾンビ化=屍病汚染は世界各地へと飛び火した。

アウトブレイクが起こった地域に対し、各国政府は厳しい対応を実施。該当エリアの住民を隔離する策を取る。

閉じ込められた人々は、脱出を図ろうとする者、建物に閉じ籠もる者、いずれも自分の存在をかけて戦うことになる。

そう、ここ日本でも…

シンとジョージの兄弟は、不幸にも隔離された地域に取り残された住民であった。

物語は、二人がこの閉鎖されたエリアから脱出を試みるところから始まる。

限りなく不可能に近い脱出行。ゾンビがさまよう街から、二人が身を守る為に逃げ込んだのは、とある倉庫街だった…。

公式より。

ゾンビゲームの【デッドライジング2】の発売に合わせてプロモーションとして作られた動画。

8話構成として無料でWEB公開されてましたが、メディア版では追加映像があるようです。

監督はゲームの総合プロデューサーなんですが、本当に出来が悪い。これ、なんでこれ、メディア化したのかというレベル。

無料公開だけで良かったんじゃないかと思います。

そういうレベルの映画というか、動画なので、今回はネタバレ有りです。

展開を簡単に説明すると、車椅子の少年シンが主人公で、ゾンビウイルスのパンデミックが起きた地域に住んでいたため、隔離されてしまう。

シンは兄のジョージと脱出を図るんですが、失敗して近くの倉庫に隠れるんですが、そこはいわゆるDQNのアジトだった。

結局、ジョージは死んで、やってきた看護婦と一緒にDQNと戦うというもの。

ただ、文章で書くと主人公が可哀想な子に見えますが、実際はかなり不快な印象を受けるので、危ない目から助かっても良かったと感じないんですよね。

まあ、どちらにせよ、主人公も看護婦もゾンビに噛まれているので、いずれはゾンビになるんですが。

WEBで描かれたラストでは、ゾンビ化の進行を抑える薬『ゾンブレックス』を大量に見つけて笑顔で終わるんですが、1日に1本打たないといけないので、どう考えても長くない。

メディア版ではその後が描かれているんですが、そうなるだろうなっていうオチ。

しかも、シンは車椅子のはずなのに、なぜか立って歩くという意味の分からない演出まで。歩けたんだったら、いままでの話はなんだったのかという話だし。

無料の動画を見た人が金返せと言いたい

と書いてましたが、本当に良いところを見つけるのが難しい作品でした。

この作品を見ていたので、洋画で製作された【デッドライジング ウォッチタワー】も疑心暗鬼になり観るのを躊躇したんですが、そちらは面白かったです。

オススメ度(10段階)……★★
(やっぱり邦画はゾンビ映画に向かない気がします)

blogramのブログランキング

《関連リンク》
ホラーゲームが原作のホラー映画
ゲームが原作の映画
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


屍病汚染 DEAD RISING [DVD]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です