【デッドコースター ファイナル・デスティネーション2】


キンバリーはこの日、友人たちとドライブ旅行に出掛けた。しかし、キンバリーの運転する車がハイウェイに差し掛かった時、彼女は突然恐ろしい予知夢を見る。それは、ハイウェイ上を疾走する大型トラックの荷台から落ちた巨大な丸太が後続車に激突したのを皮切りに、周囲の車が次々と衝突、炎上、最後にはキンバリーたちもその犠牲に遭うという凄惨な連鎖事故だった。そして、我に返ったキンバリーは事故を未然に防ぐため、周りを顧みずに突然自分の車でハイウェイの入り口を封鎖するのだが…。

allcinema ONLINEより。

【ファイナル・デスティネーション】の続編。個人的な感覚で言えば、シリーズ中一番バランスのとれた作品だと思います。

公開当時、衝撃的だったハイウェイでの事故シーンに始まり、そこからピタゴラスイッチのように連鎖して起こる死。

その事故を回避して、助かった後に襲い掛かる死もフェイントを織り交ぜて、緊張感にドキドキさせられます。

また、そういう死だけでなく、ストーリー的にもうまく作り込まれていて、ストーリーとしても1作目とつながりを持った作品。

以前の登場人物が主人公たちに絡む形で登場するのもこの作品だけで、他の作品では名前や数字だけか、直接は絡まない形での登場になります。

ただし、他の部分についても例外があり、

唯一の例外が起こる

のもこの作品だけ。

死に様も派手ではないものの、じわじわ来るものが多く、起こらないとも言い切れない。日常的とは言いませんけどね。

助かりそうと思った瞬間、横っ面をいきなり殴られるようなパターンも。

死神のルールがある程度確定するのもこの作品ですが、この作品の肝となるので書けませんが、そのルールのせいで死ぬべきじゃない人が大量に死ぬか、死ぬべき人がネズミ算的に増えてしまうというものが。

特に後のシリーズに適用されると、とんでもないことになりそうなルールが本作の肝であり、もっとも良作たらしめているという両刃の剣だったりします。

状況的ミスリードはなるほどと思わされました。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★★★
(これだけ頭がファイナルじゃないという可哀想なことになってます。)

【デッドコースター ファイナル・デスティネーション2】詳細

blogram投票ボタンにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←頑張る度合いが上がります

《関連リンク》

デッドコースター/ファイナル・デスティネーション2 ブルーレイ [Blu-ray]/A・J・クック,アリ・ラーター,トニー・トッド

¥2,940
Amazon.co.jp
デッドコースター/ファイナル・デスティネーション2 [DVD]/A・J・クック,アリ・ラーター,トニー・トッド

¥4,179
Amazon.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です