【CUB/カブ 戦慄のサマーキャンプ】

Pocket

今回、あらすじがネタバレになっているので、ネタバレが嫌な人はそっと閉じるか、結構下までスクロールしてください。

サム(マウリス・ルイテン)は、「カブスカウト」のチームに所属している少年。

彼は、チームに所属するメンバーたちからいじめを受けており、また、引率役の大人、ピーター(ステフ・アーツ)からも嫌われていた。

一方、ピーターと同じくチームを率いるクリスやジャスミン(エヴェリン・ボスマンス)はサムを守ろうとするも、なかなか上手くいかない。

ある日、彼らは森にキャンプに行くことに。そこは、「カイ」と呼ばれる、人々を襲う悪の子供が住んでいると言われている森だったが、ピーターたちは意にも介していない様子。

そんな中、サムは、謎の仮面を被った少年に森の中でばったり出会う。

この少年こそまさしくカイだと信じるサムはメンバーに伝えるも、誰も信じずにバカにされてしまう。

しかし、実は、その少年こそカイであり、彼は、森中にさまざまな死のトラップを仕掛けては人々を殺し、その死体を保管している謎の殺人鬼の男の手下であった。

そんなカイと次第に奇妙な仲を築き始めるサム。

そんな中、ある事件が起きる。

ある夜、ピーターとジャスミンが森の中でイチャついているのを目撃してしまったサムは、その場にいたピーターの愛犬ゾルタンに手を噛まれて怪我をしてしまう。

同じくそれを木の上から見ていたカイ。

その後テントの中で寝ていたサムだが、突如、カイが現れ彼が行く方向についていってみると、そこには袋の中に縛り上げられたゾルタンが。

そして、カイに勧められるがままに、サムはゾルタンを棍棒で殴り殺しにしてしまう。

そこに駆けつけたピーターたちに何があったか問い詰められるサムだが、彼らを振り切って森の中へと消えてしまう。

彼を探そうとクリスたちは捜索を始めるが、ついに殺人鬼の手が彼らに忍び寄り始める。闇

深い森の中で、一人、また一人と消えていくチームのメンバーたち。

一方、サムは、その殺人鬼が殺した人々の死体を保管している地下への道を発見し、そこでカイと再会するが…。

果たして、カイの正体とは!?この死の森から生き延びられるのは一体誰なのか!?

GEOより。

ボーイスカウトが殺人鬼の噂があるキャンプ場に行ったら、嘘のはずの殺人鬼が本当にいて、キャンプ場にいる人間が殺されていくというストーリー。

こういう作品の主人公が子供の場合、いじめられっ子だったり、不幸な境遇で、同情を誘うのが一般的。

ですが、この作品の場合、いじめられっ子というか、嫌われ者ではあるんですが、トラブルメイカーで、みんなに迷惑をかけるタイプ。

ひとりだけ仲の良い親友がいるようなんですけどね。

キャンプ場に着いてみれば、不良がたったふたりで占拠していて、呼んでみた警察のおっさんも役に立ちそうもない。

普段から人が来ないという状況なんですが、無駄に手の込んだ罠が設置されていて、ひとりひとり死んでいくという流れ。

そういう映画なので気にしたら負けなんですが、スイッチに触れたら即作動ではなく、

ピタゴラスイッチ的な回りくどい殺害方法。

映画だから面白さというか、目新しさを追求した結果、殺す目的が意味不明にしか思えません。

殺されるのがひとりひとりと書いていますが、途中から凄まじく雑になったりもするし。

とはいえ、カイは実在するのか、それともサムの妄想なのかという展開や、前述の意味不明なトラップは面白いので見どころ。

嫌いあってた同士がみんなで力を合わせて対抗するような展開も一切なく、ひたすら訳がわからないまま殺されていくだけなので、ストーリーを求める人にはつまらないと思います。

ゴアシーンもほとんどないし、怖くもないのでおすすめしづらいけど、えげつない残酷さを感じるため、駄作というのはもったいないという評価の難しい映画でした。

オススメ度(10段階)……★★★★
(ケーブルテレビとか動画配信で無料で観る分には全然アリな作品。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

blogramのブログランキング

《関連リンク》
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です