【キャリー】


部屋の掃除をしつつ、宅配レンタル分は返却待ちのため、GYAOにて視聴。無料なので、途中に広告が入るんですが、映画の区切りごとのため、間隔が長かったり、短かったりがちょっと気になりました。まあ、でも無料だしね。

さて、そんなGYAOで観たキャリー。実は初見だったりします。どうせいじめられっ子がいじめの最中にキレて、処刑教室みたいなことになるんだろうなって思ってたので。まあ、当たらずとも遠からずな感じではありましたが。ちなみにスティーブン・キング作品の映画化。

ざっとあらすじ。

狂信的な母親に育てられたキャリーは、その言動から高校の同級生たちのいじめの的になっていた。そんなある日、『女』になることは罪だと責め立てる母のせいで、生理を知らなかったキャリーはシャワー中にパニックを起こし、クリスたちにはやし立てられる。

その場は体育教師のデジャルダンが収めるが、後日、デシャルダンが罰としてクリスをパーティーへの参加を禁じたため、キャリーが逆恨みを受けてしまう。

一方、一緒にはやし立てていたスーザンは、罪滅ぼしに自分の恋人にキャリーをパーティーに誘わせ、キャリーに良い思い出を与えようとしていた。

キャリーも初めはからかわれているだけだと思ったが、やはり普通になりたいと望んでいたため、母親にも反抗し、パーティーへの同伴を決意する。しかし、その裏では逆恨みしたクリスがキャリーを笑いものにする計画を進行させていた。

実際に観てみると、いまどきのこういったホラーは主人公の容姿が可愛いケースが多いのですが、普通に不細工。なんとなく、ハリセンボンの痩せた方を彷彿とさせます。

しかも、ホラーがメインというより、セクシーシーンがメインな感じがして、まるでグラビアアイドルのB級ホラーの元祖という感じがします。

また、てっきり【スキャナーズ】みたいにボーンボーン爆発したり、【炎の少女チャーリー】(これもスティーブンキング)みたいに燃やしまくると思ってたら、そういったシーンはクライマックスのみ。特にスプラッタなこともないので、ある意味安心して観れます。

ただ、ちょっとこの作品変な部分があって、何故か周囲がキャリーに超能力があることを認識してる感があり、にもかかわらず、余裕でからかうというヤブヘビさ。

もしかしたら、本当にグラドルホラーの走りなのかもしれません。

オススメ度(10段階)……★★★★★
(グロいのは苦手という人にも観れるホラー)


キャリー 特別編
↑【スタンド・バイ・ミー】以前、スティーブン・キングはこれが最高傑作だと自己評価。

blogram投票ボタンにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←頑張る度合いが上がります

《関連リンク》

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です