【ブラッド・オブ・ヴァンパイア】

Pocket

現代に生き残ったヴァンパイアと、それらを倒すべく立ちあがったヴァンパイアハンターとの戦いが始まろうとしていた―。

数百年前、脅威と恐れられた伝説のヴァンパイア、ヴラド・コサイが復活を果たそうとしていたのだ。3週間前、写真家のトムは弟クリスと一緒にルーマニアの古い教会を訪れ、謎の死骸を発見していた。クリスはその後、ヴァンパイアへと体が変異しはじめ、トムの前から姿を消してしまった。

ヴァンパイアハンターのキャリーは、ヴラド・コサイがクリスの体を使って、復活を果たしているのではないかと考え、クリスを探していた。キャリーは、凶悪ヴァンパイアの復活を阻止するため、銃を手に、立ち上がる―。

公式より。

雰囲気はいいのに、なんかつまらないヴァンパイアもの。まあ、所詮は【アローン・ザ・ダーク】の監督かという感じ。

ケン・フォリーやシド・ヘイグが出てはいますが、変なまったり具合であんまり効果が感じられない。

ヴァンパイアものなのに血を吸うシーンは捕獲されて、拘束された状態で垂らしたのを飲まされるくらい。

派手なアクションもなく、伝説のヴァンパイア『ヴラド・コサイ』の襲撃は、まるで【ジョジョの奇妙な冒険】の『ザ・ワールド』みたいにいきなり結果みたいな状況。

オチも疑問に感じてたことそのままで、よく出来てはいるんでしょうが、あんまりおもしろく感じません。

血を吸うシーンもなければ、派手なアクションもない。ホラー的な怖さもなければ、サスペンスのように唸るような謎もない。かと言って、つまらないと斬って捨てるほど酷くもない。

個人的なイメージで言えば、3DSに移り変わろうとしている時期に、

ゲームボーイでゲームウォッチの
ゲームをそのまま作った

ような印象。最新ではない技術を使って、わざわざ古いものを作ってどうするんだかという。

伝説のヴァンパイアが日中、普通に外を歩いてしまうのは流石にどうかと思う。

オススメ度(10段階)……★★★
(なぜ3日前から始めたのかが理解不能でした)

blogram投票ボタンにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←頑張る度合いが上がります

《関連リンク》

ブラッド・オブ・ヴァンパイア [DVD]/ヴィクトリア・プラット,シド・ヘイグ,ケン・フォリー

¥3,990
Amazon.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です