【あのこがほしい】

Pocket

【魔法先生ネギま!】実写版のキャストつながりで観ていた頃のレビュー。他の作品も観ていたんですが、ちゃんと書くのに調べないといけないのが多いので、あっさり書けるものから書いてました。

この作品には先日、舞台【東京】に出演していた松永裕子さんが出ています。ただ、この子、写真映りにムラがあり、生だと可愛いみたいですが、映像だとアングルによってはバナナマンの日村に見えてしまうという可哀想な女優さんです。ちょっと最近太ってきたような気もするのですが、とても他所では書けません。

さて、そんな【魔法先生ネギま!】つながりで観てみた作品ですが、主演は葵ちゃんで、最近では【ガリレオ】とか、【4姉妹探偵団】とか、映画だと【笑う大天使(ミカエル)】とか出てたらしい。

あらすじ書くと、ネタバレしそうなんですが、ざっくりと。金持ちでエゴの塊のような英美(これが松永)のグループ、杏奈(葵)、有里、静香、理沙たちは転校生の洋子を廃病院でいじめていて、アクシデントで洋子に火をつけてしまった。火は消したものの、洋子の意識はなく、バレるのを怖れた4人はその場から逃げてしまう。

翌日、杏奈の携帯に「心配しないで」というメールが届いたため、英美と有里は洋子の友人だった真紀に様子を見に行かせると、入院してはいるが、元気そうということだった。

その晩、杏奈におかしなメールが届く。「おめでとうございます。あなたは○○○○○番目の受信者です。サキちゃんがあなたを待っています。サキちゃんは寂しがりやなので、必ずあってあげてください。会ったら次の人にメールを送信してください。出会う前に送信すると不幸になります。また、会っても絶対にサキちゃんと目を合わせないでください。合わせると……。あなたの幸運を祈ります。」という感じの内容のチェーンメールだった。

その頃、デートを終えた英美が何者かに襲われ、死んでしまう。英美を殺したのは洋子だと考えた有里は、杏奈、真紀とともに洋子が入院しているはずの病院に行くが、そこには誰もおらず、数日前に死んだ患者も男性ということだった。

やがて、杏奈たちを襲う恐怖。犯人は洋子なのか?

そんなお話。で、怖さとしては微妙。ただ、1シーンだけネタバレしますが、意味がわからないシーンが。

松永演じる英美がデートとしてカフェか何かで彼氏と会話をしているシーンがあるんですが、実は相手がおらず、1人で喋っているというシーンがあるんですが、それがどういう意味なのか、全然わかりませんでした。確かによく幻覚とかで幸せに見せかけて、落とすというホラー独特の場面というのはありますが、そのシーンで偽りの彼氏が必要とは思えないため、どういうことなのかが良くわかりませんでした。

最終的なオチもあるにはあるんですが、どうも作り手側の迷走振りが悪い方向に出てしまったのか、どことなく複数のオチを用意して探りながら提示してきているという印象になっています。

まあ、こんなものかなという感じの作品でした。

オススメ度(10段階)……★★
(途中でオチが読めるので、赤点レベル)

blogram投票ボタンにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←頑張る度合いが上がります

《関連リンク》

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です