【悪の教典】

Pocket

ハスミンというニックネームで呼ばれ、生徒たちから圧倒的な人気と支持を集める高校教師・蓮実聖司(伊藤英明)。生徒だけでなく、ほかの教師や保護者も一目を置く模範的な教師だったが、その正体は他人への共感や良心を持っていない反社会性人格障害者であった。学校と自身に降り掛かったトラブルや障害を取り除くために、平然と殺人を犯しては校内での地位を強固なものにしていく蓮実。しかし、ささいなミスから自身の凶行が知られそうになってしまう。それを隠そうと悩んだ彼が導き出した答えは、クラスの生徒全員を殺すことだった。

シネマトゥデイより。

伊藤英明が爽やかな表面と、サイコパスな裏面を持つ男を演じたサイコホラー。カテゴリー的にはクライムスリラーという方が近いのかもしれません。

【悪の教典 -序章-】の後日にあたるわけですが、監督が違うので、アプローチが全然違います。

【悪の教典 -序章-】では見せないことによる恐怖演出でしたが、三池崇史が監督なせいもあるのか、バンバン殺します。

一般生徒や他の教師の掘り下げがほとんどないので、いわゆるZ区分(18禁)のクライムアクションゲームをやっているようにしか見えません。

公開当時に大島優子がこの映画を嫌いだし、命が簡単に奪われていくたびに、涙が止まりませんでしたと言ったのも分からないではないです。宣伝の一環だったかどうかは別として。

実際、あんまりにも楽しそうで、ブラック・コメディにしか見えないし、

キャラクターの掘り下げが少ない

ので、感情移入もしづらい。

そこへ無感情にバンバン殺すものだから、人によっては拒絶反応を示しても仕方がないでしょう。

もちろん、蓮実だけは【悪の教典 -序章-】を観た際にも感じた異常なまでの情報収集の方法が描かれていたり、何故あんなに完璧な隠ぺいが出来たり、銃の取り扱いが上手いのかが描かれています。

それらを教わった相手が人殺しをしている最中の蓮実に影響を与えているのは間違いないんですが、中学生時代に両親を殺しているので、本質的にサイコパスなのは元からなのかも。

かなりとんでもない実力の持ち主なんですが、予想していなかった女生徒の行動のせいで、葉を隠すなら森の中的理論で生徒全員皆殺しという思考は、実力以上にとんでもない。

よく戦争映画やパニック映画なんかで少人数を救いに行った結果、救いに行った人数以上に死んだりしますが、あれくらい無茶苦茶です。

どうやら原作のかなりの部分をはしょっているようなので、もしかしたら理由づけみたいのがあるのかもしれませんが、ある人物に生徒皆殺しの罪を被せようとしています。

ただ、その人物は蓮実のような実力を持っているわけではないので、あれだけの人数を逃さず殺すなんて出来るとは思われないと思うんですよね。

普通に考えれば、なんで携帯で連絡をしなかったのかという疑問に当たるし。

多分、スピードを優先したんだと思いますが、ちょくちょく行間を読まないといけないと、オカルトのような描写もあるので混乱するかもしれません。

個人的には頭を空っぽにして、サイコパスな蓮実がバンバン人を殺す姿を楽しむ作品なのかなと思います。一般的なホラーのように逃げる側に感情移入出来ない以上、そうするしかないんですけどね。

そういう視点で観る分には良作だと思います。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★
(山田孝之演じるセクハラ体育教師の臭いのわかる男シーンは笑えます。)

blogramのブログランキング

《関連リンク》
おすすめ推理映画リンク集
おすすめホラー映画リンク集
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


悪の教典 Blu-ray スタンダード・エディション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です