【0:34 レイジ34フン】


ロンドンの地下鉄チャリング・クロス駅で、途方にくれるケイト(フランカ・ポテンテ)。0:34の最終電車に乗り遅れてしまったのだ。ところがそこに無人の電車が到着する。ケイトはその電車に乗り込んでしまうが……。

シネマトゥデイより。

微妙? シチュエーション的には現実にありえる状況からスタートするだけに、日常の狭間にある悪夢という感じ。

実際、まだ電車があると思ったら実は終電出た後だったとか、ふと気づいたら店舗の営業が終わっていて、照明が消えているとかはなくはないですし。特に誰もいない階段とか地味に怖いですよね。

そこから少しずつ普通ではないことが起こり、徐々に日常からズレていき、気づけば異常な状況にというのは面白い。

ただ、もう少し設定に対する伏線があった方がわかりやすかったと思う。

例えば、都市伝説で駅の地下に住んでいる人間がいるとか、終電後に何故か無人の電車がやってくるとか。

もしくは逆に追ってくるモノが本当に何だかわからないままで、とにかく逃げるしかないような展開の方が怖かった。

普通に面白いとは思うけど、詰めが甘いなあっていう残念な作品でした。

オススメ度(10段階)……★★★★
(ホラーに関しては、襲撃側に変な過去はない方がいいと思う)



↑予告編

blogram投票ボタンにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←頑張る度合いが上がります

《関連リンク》

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です