【ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1】

Pocket

17歳に成長し、ホグワーツ魔法魔術学校の最終学年7年生となったハリー(ダニエル・ラドクリフ)。親友のロン(ルパート・グリント)とハーマイオニー(エマ・ワトソン)と共に、宿敵ヴォルデモート卿の魂が宿った分霊箱捜しの旅に出るが、すぐには見つからず、困難な旅の中で仲間割れが起きてしまう。

シネマトゥデイより。

【ハリー・ポッター】シリーズの完結編の前編。ダーク・ファンタジーという以前に、もはや完全に大人向けの作品です。

児童文学ものだと、そうそう登場人物が死ぬことはありませんが、完結だからか、レギュラーキャラクターすら、あっさり死にます。下手すれば、

「死んだ」というセリフで終わり

なんて悲惨さ。可哀想で溜りません。

ヴォルデモート率いるデスイーターはすでに魔法省を掌握していて、純血の魔法使い以外を迫害し始めており、勢力を増していった。

一方、ハリーたちの仲間は減っていき、手に入れた『分霊箱』の破壊すらままならない。

精神的にも、肉体的にも追い込まれてきたハリーたちは、『分霊箱』の影響もあり、やがて仲間割れを起こしてしまいます。

その後は淡々と話が続き、あからさまに後編へのつなぎという印象のまま、クライマックスへ。

多少の見どころはありますが、素材を加工するための時間を稼ぐため、前後編に分けたといわれてもしょうがない印象。

もっとも、それだけの映像に仕上がってはいますけどね。

オススメ度(10段階)……★★★★★★
(ストーリー重視の人にとってはダルいかも)

blogramのブログランキング

《関連リンク》
魔法学園が舞台のファンタジー映画
おすすめファンタジー映画リンク集
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 1 [Blu-ray]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です