【ベガスの恋に勝つルール】

Pocket

フィアンセにフラれたキャリアウーマン、ジョイ(キャメロン・ディアス)は親友とともにラスベガスへ。そこで意気投合したジャック(アシュトン・カッチャー)と、いつの間にか結婚してしまう。正気に戻った2人は結婚を無効にしようとするが、そんな中カジノで300万ドルを稼ぎ、互いに大金の所有権を主張することに……。

シネマトゥデイより。

酔っ払ってした結婚も解消出来ず、カジノで当たった大金も結婚が解消されるまでお預け。その結婚を解消する条件も、結婚生活を成立させるように努力して、本当にダメだったらというメチャクチャなもの。

お互い相手が自分から結婚を解消するようにし向け、相手に嫌がらせをしていくが、そんな生活を続けていくうち、相手のことがわかり始める。

やがて、お互い相手を必要としていることに気づくのだが……。

ラブコメの女王と化しているキャメロン・ディアスがアシュトン・キャッチャーと見せる掛け合いは、さすがにベテランとしての域に達しています。

でも、個人的にツボにはまったのは、軽く下ネタになるのかもしれませんが、ジョイが勤める事務所のボスのパーティのシーン。

持ち前の人当たりの良さで、ボスにまで無礼講な態度をとるジャック。それにやり返すボス。その掛け合いがいかにもアメリカっぽい感じで面白い。

多分、日本だと無礼講と言いつつも、結局は気を使う羽目になりますからね。

元気がない時に見ると良い映画です。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★
(エンディングもちゃんと観ましょう)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←頑張る度合いが上がります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です