【ナナとカオル】

Pocket

美形でグラマー、生徒会の副会長を務める優等生のナナ(永瀬麻帆)と、Hなことばかり考えている童貞男のカオル(栩原楽人)は、お隣さんの幼なじみ。少しずつオトナの女性へと成長を遂げていくナナへの想いを抱くカオルの夢は、ナナにボンデージの衣装を着てもらうこと。そんな叶うはずのない妄想に明け暮れるカオルだったが、運命のイタズラなのか、なんと目の前に突如としてボンデージを着たナナが…。でもどうして? ふつふつと湧き上がるカオルの「S」魂。そして意外にもその世界に今にも堕ちてしまいそうなナナの「M」気質…。そして、誰にも言えない二人だけの秘密の時間が始まる。

公式より。

『ヤングアニマル』、『ヤングアニマル嵐』で連載中のSM恋愛コミックが原作の作品。

原作は元々作者が好きで読んでいますが、SMをテーマにしているものの、普通の恋愛モノを読んでいるような気にさせられます。

もっとも、SMを通してお互いを理解していくような展開なので、一般的にはエロマンガなんでしょうけどね。

実写化にあたり、またAV嬢を使っただけの作品なのかなと思いつつ、借りてはみたものの、なんか微妙。

ヒロインのナナを演じているのがグラビアアイドルの永瀬麻帆だったので、原作中の表現は使えないものが少なくないのはわかってました。

また、原作至上主義ではないので、原作通りじゃなかったとしても、さほど気になりません。

ただ、どうしても心が通ってる感じがしないんですよね。高校生がエッチに興味があって、ソフトSMの真似事してるだけ。

この作品自体はそういう思春期の性を描いた映画としては悪くはないと思う。でも、【ナナとカオル】という作品とは違う印象の方が強かったです。

それに映画だから仕方ない部分もあるのかもしれませんが、カオルの方がちょっとかっこ良過ぎるんですよね。

そのせいで原作のような劣等感の強い男が、優れているはずの相手を征服していくことで、対等な関係を保とうとする感じもない。

もちろん、征服とはいっても暴力によって屈服させるとかではなく、実は愛情や優しさを一生懸命隠して強がっているという微笑ましいもの。

なんかそういった内面は無視して、ストーリーを追っただけに見えるので、【ナナとカオル】の原作ファンには勧めづらい作品でした。

ちなみに原作も映画もヒロインの生のオッパイとか出ないんですが、何故か生身の人間よりも、

原作の絵の方が艶かしい

ような気がします。

オススメ度(10段階)……★★★
(普通の映画としたらつまらない。青春のある1ページと思えば、それなりに。)

blogram投票ボタンにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←頑張る度合いが上がります

《関連リンク》

ナナとカオル [Blu-ray]/栩原楽人,永瀬麻帆,染谷俊之

¥6,090
Amazon.co.jp
ナナとカオル [DVD]/栩原楽人,永瀬麻帆,染谷俊之

¥3,990
Amazon.co.jp
ナナとカオル Black Label 初回限定プレミアム同人誌つき豪華版/甘詰留太

¥980
Amazon.co.jp
↑同人誌のメンバーが豪華で、場合によってはプレミアつきそうだったので、思わず2冊予約しちゃいましたw
普段、エロマンガなんて買わないんですけどね。羽海野チカとかイラストだとしても、何描くのか凄く気になる。

2件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    まず配役がなぁなんとも
    原作至上主義者の私には色々きついだろう
    OVAもなんかアレダッタガ
    やっぱりこれは原作のなんとも言えない空気感を味わう作品だと思う

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >ジョージさん
    コメントありがとうございます。
    原作史上主義だとかなり厳しいです。
    配役はしょうがないのかとも思いますが、
    似てる似てないは置いておいても、
    別のキャラクターになってます。
    ただ、別の作品として観たら、まあ、
    こんなのもアリかもねと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です