【お前ら全員めんどくさい!】

Pocket


お前ら全員めんどくさい! Blu-ray

高校の国語教師・國立国彦(小野賢章)は、クラスで孤立している女子生徒・一宮数美(小宮有紗)に新しい友達ができるまで、彼女の友達になることにする。

四六時中ついて回る一宮に友達作りを促す國立だったが、一宮は全く友達を持とうとしない。

そんな國立の前にツンデレや肉食女子、女王様キャラといった個性豊かな生徒たちが次々と現れる。

シネマトゥデイより。

TOBIによるコミックを原作にした実写映画。

性格に難のある女生徒たちと、彼女たちに好かれる国語教師の國立国彦を描いたラブコメディ。

メインヒロインは、【ラブライブ!サンシャイン!!】の黒澤ダイヤ役で知られる小宮有紗演じる一宮数美。

【ラブライブ!】の声優として有名なんですが、アニメ声優としては、【ラブライブ!】しか出ていないんですけどね。

どちらかというと、声優よりも女優業の実績の方がはるかに多かったりします。

彼女が演じる一宮数美はいつも白衣を着ていて、コミュ障な割には意外と感情豊かな女の子。

他に、教師が好きな恋多き栗原理穂、まじめな委員長の榎本英子、その英子を愛し過ぎる姉の史織が登場します。

一応、国彦が好意を抱いている同僚の古峰小雪も出てきますが、ほとんど出番がありません。

原作だと他にも元教え子の本田保乃香や、古峰小雪の姪の久川響というキャラクターも出てきますが、本作はそこまで進みません。

原作では割といろんな出来事があり、そこからお互いの心を理解していく感じのストーリーが展開されます。

特に一宮はかなりかまってちゃんだし、英子も邦彦が好きなくせに真面目さが邪魔をして、かなりめんどくさい。

しかし、この実写版の場合、

日常に毛が生えた程度の映像ばかり

が続きます。

一宮が軽くかまってちゃんなのと、栗原がひとりだけ芝居がかったビッチなのがめんどくさいですが、原作ほど面倒ではないんですよね。

そのため、毒にも薬にもならない映像が流れ、たまにその演出必要? ってシーンがあるくらい。

多分、作者は嬉しいでしょうし、小宮有紗は色っぽさを感じましたが、原作ファンだとなんだこれ感が強いと思います。

オススメ度(10段階)……★★★
(制服が原作と同じデザインでしたが、驚くほどカラーリングがダサかった)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめドラマ映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


お前ら全員めんどくさい! Blu-ray

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください