【いま、会いにゆきます】


中村獅童、竹内結子主演の劇場版。現実ではすっかり冷めてしまった二人ですが、出会いはこの作品でしたね。いま観ると、劇中の『たったひとりの人』とか、物悲しく感じます。

そんな物悲しい現実を見せ付けられる【いま、会いにゆきます】ですが、作品そのものもせつないストーリーだったりします。

ざっとあらすじ。

ある梅雨の一日、秋穂巧が息子の佑司と一緒に行った森に死んだはずの妻、澪が現れる。だが、澪は一切の記憶を失っていた。そんな澪を巧と佑司は受け入れるのだが、澪の記憶は戻る様子もない。

そんな不思議な共同生活を続ける中、巧と澪は『2度目の恋』に落ちていき、巧は二人の歴史を語り始めた。

しかし、そんな幸せな時間もそう長くは続かなかった。澪は梅雨の終わりとともに、二人のもとを去る運命だったのである。

市川拓司作品は、基本的に

悲しい恋が多い

のと、男性が何らかのコンプレックスを抱えていて、女性は精神的に強い傾向が強いと思います。そういう作品が好きな方にオススメです。

ただ、気になるのが中村獅童がいまいちキャラ的に合ってない(むしろストーカーに見える)のと、何故梅雨が終わるといなくなるのを悟っているのか? 映画だけだとわからないんですよね。劇中の絵本に書いてあるのかもしれないんだけど。まあ、観るならテレビドラマ版の方がオススメかも。

オススメ度(10段階)……★★★★★
(ちょっと物足りないかも)

blogram投票ボタンにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←頑張る度合いが上がります

《関連リンク》

いま、会いにゆきます DVD-BOX 〈初回限定生産〉/竹内結子

¥8,400
Amazon.co.jp
「いま、会いにゆきます」 あの六週間の奇蹟 [DVD]/竹内結子

¥2,500
Amazon.co.jp

2件のコメント

  1. メリケン より:

    SECRET: 0
    PASS:
    私も大好きな映画です。竹内結子のファンだけど、この映画だけは何回観ても泣けます。

  2. enta_mattari より:

    SECRET: 0
    PASS:
    演技って地味に好きなんですよね。
    劇場版のチーム・バチスタとか、笑顔の法則というドラマとか。本当は弱いのに去勢を張る感じとか。
    映画自体も市川作品が原作なので、哀しいですが、本当に良い映画です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です