【ふたりのジュリエット】

Pocket

演劇の名門私立宝ヶ丘女学校で繰り広げられる長編恋愛ドラマ映画。

五年前、ロミオ役のスター女優・土井忍とジュリエット役の真幌潤は愛し合っていた。 愛を誓うため舞台上で心中することを約束するが、潤は一人で死んでしまう。 土井は、一人学園に取り残されることになる。

そして今、学園の再建のため天才演出家・金田一が入学する。 そして、土井は恋人であった真幌潤と容姿がそっくりな新入生•南九院えりいの存在に心が揺れ動き始める。 今再び、舞台の幕があがる。

告知文より。

続いても同じく名古屋の同朋大学の学生作品。こちらは打って変わって、青春ラブストーリー。

卒業公演で心中をしようとした学園のスター女優と、その相手役。

閉鎖された女子校という空間での恋ということらしい。

結局、ロミオ役のスターだった忍だけ生き残り、5年経ち、演劇の指導をしている様子。

そこへ天才演出家の金田一が赴任してくるんですが、自分を天才という割にチャラい。【のだめカンタービレ】の大河内のように認められない実力者を演じたかったのかもしれないけど、単に作品から浮いています。

また、赴任の挨拶に稽古場に行くと、亡くなったジュリエット役そっくりの南九院えりいがいて、忍は驚きの表情を見せます。

なんで卒業公演の責任者の忍が新入生が入部しているのを知らないのかは謎です。

その後、えりいの正体が判明するんですが、惹かれあったふたりは再び舞台に立つことにという展開。

学生作品なので、ところどころに疑問な設定や、不自然な展開があるんですが、一昔前のテレビ東京の深夜ドラマには同じくらいのレベルのものがありました。

そう考えると、学生作品としてはかなり良い出来なんじゃないかと思います。

もうちょっと脚本を練り込んで、都合の方に脚本を合わせなければ、もっと面白くなると思うので、その辺は他の作品を観て勉強するか、経験を積むしかないんでしょうね。

主演のふたりも学生なのか、華はありませんが頑張っていたと思います。ただ、金田一役の青年は演技は学生だとしたら演技は上手いと思うんですが、ドタバタコメディか、舞台のような演技なので、作品に合ってない印象を受けました。

後半を観る限り、普通の演技も出来るようなので、変に笑いを入れようとする必要はなかったと思うんですよね。俺様キャラでいくか、軽い男でいくか、ブレてるようにしか感じてもらえないでしょうし。

ただ、役者に関しては社会に出て撮影することになれば、資金は必要になりますが、ある程度はこだわれるので、なんとでもなりそうですけどね。

全体的に見て、1000円の価値があるかは難しいところですが、前述の通り、一昔前の深夜ドラマならあるレベルなので、学生作品としては良く出来た作品だと思います。

現時点では荒いし、多分自分はわかっている他人には謎な演出も多いですが、変な妥協に逃げず、経験を積んでいけば、もっと可能性があるんじゃないでしょうか。

オススメ度(10段階)……☆☆☆☆☆☆☆(学生作品として)
(そういえば、学長がゲスト出演してました。)

ふたりのジュリエット
Facebook
Twitter(同朋大学映像文化コース)
上映場所/名古屋ピカデリー
上映時間/2015年3月10日18:00~
チケット:当日券1500円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください