【英国王のスピーチ】

Pocket

幼いころから、ずっと吃音(きつおん)に悩んできたジョージ6世(コリン・ファース)。そのため内気な性格だったが、厳格な英国王ジョージ5世(マイケル・ガンボン)はそんな息子を許さず、さまざまな式典でスピーチを命じる。ジョージの妻エリザベス(ヘレナ・ボナム=カーター)は、スピーチ矯正の専門家ライオネル(ジェフリー・ラッシュ)のもとへ夫を連れていくが……。

シネマトゥデイより。

実話を元にしたした作品で、吃音のために自信を持つことが出来ないヨーク公が英国王ジョージ6世となっていく姿と、言語聴覚士ライオネルの友情を描いています。

予想以上に面白かった。アカデミー賞で作品賞、主演男優賞、監督賞、脚本賞を受賞しているにもかかわらず、あんまり話題に上がらないので、パッとしないのかと思ったんですが、良いヒューマンドラマでした。

実際、華やかさや派手さは皆無なので、昨今のメリハリの強いストーリーや、ド派手な演出、見た目の良い美男美女に慣れてしまった人たちにはつまらないと思います。

漫画やアニメに対する絵画みたいな印象です。もちろん、漫画やアニメが絵画より芸術性が低いとかいう話ではなく、方向性が違うという意味で。

ストーリー自体もよくあるカウンセラーと患者の絆を描くタイプの王道展開だし、何かの偶然から王子と一般庶民が出会うわけでもありません。もちろん、カウンセラーに特殊な能力があるわけでも、凄い才能があるわけでないです。

まるで

基本に忠実な映画のお手本

のようですが、それだけに役者の演技で評価が分かれるところ。にもかかわらず、全然見劣りしません。むしろ、クラシックの名作と言われて観せられても、普通に信じそうです。

さすがに若い年代には手放しでは勧められませんが、古き良きを好む人には本当にお勧めの作品です。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★★★
(責め合いは絆を深めるための通過儀礼)

blogram投票ボタンにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←頑張る度合いが上がります

《関連リンク》

英国王のスピーチ コレクターズ・エディション [Blu-ray]/コリン・ファース,ジェフリー・ラッシュ,ヘレナ・ボナム=カーター

¥4,935
Amazon.co.jp
英国王のスピーチ コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]/コリン・ファース,ジェフリー・ラッシュ,ヘレナ・ボナム=カーター

¥3,990
Amazon.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です