【ドリームガールズ】

Pocket

1960年代のデトロイト。ディーナ、エフィ、ローレルの三人は『ドリーメッツ』というグループ名で、ライブハウスの出演が賭かったオーディションを受けていた。ジミーのプロデューサーをしていたカーティスは、ジミーの女癖の悪さからバックコーラスを失っており、3人に声をかける。

エフィの兄であるC.Cの作曲した歌をを聴き、カーティスは、レーベル『Rainbow Records』を立ち上げた。当時、アメリカは白人社会であり、白人のメディアでは黒人の歌が流れることはなかったが、その曲は黒人局のみで流されたにも関わらず、R&Bランクで一ケタ台の順位をたたき出すと、今度は白人によって曲を盗まれてしまう。

カーティスはこの経験から「金を使って白人局にも流してもらおう」と、ディーラーとして所有していた中古車をすべて売り払い、その跡地を本格的なスタジオに改造、『Steppin’ To The Bad Side』を発売する。

だが、成功していくにつれ、『ファミリー』だったはずの3人と関係者たちの間にはすれ違いや亀裂が生まれていく……。

よくある栄光と挫折モノなわけですが、この作品、元々はスプリームスのメアリー・ウィルソンが書いた自伝で、同様にメンバーだったダイアナ・ロス、フローレンス・バラードのことも描かれたベストセラー。

それをブロードウェイでミュージカル化する際に、スプリームスをドリームガールズに、メアリー、ロス、フローレンスをそれぞれディーナ、エフィ、ローレルに置き換えられました。もっとも正確には完全な置き換えではなく、他の人たちも混ざっています。

また、劇中のエフィと違い、フローレンスは音楽業界に復帰を果たすものの、アルコール依存のため、32歳で寂しく人生を終えています。

観てみた印象として、音楽業界の話を観ているはずなんですが、ふと話の流れが何かに似てるって思い始め、終盤に「あ、これマフィア映画の流れっぽいんだ」って気付きます。ファミリーと呼んでる辺りもそれを助長してますが、チンピラが仲間たちとのし上がっていく過程で、仲間だったはずの相手を切り捨てていき、気付くと自分ひとり。よくバンドがメジャーデビューする際に売れない要素を切ったりというのは聞きますが、そんな表と裏が垣間見れる映画でした。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★
(自分はスプリームスともビヨンセとも世代が違うので、単純に音楽業界のミュージカルでした)


《送料無料》ダイアナ・ロス&ザ・シュープリームス/ダイアナ・ロス & スプリームス・アンソ…
↑昔のLPってほとんどこんなデザインですよねw

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←頑張る度合いが上がります

2件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    ショービジネスと言うと、アナログな展開をイメージしちゃいますね。日本だとテレビのような映像媒体を想像するのに。なんでだろう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です