【ショコラ】


古いしきたりに縛られている閉鎖的な村に、ヴィアンヌと、その幼い娘がチョコレートショップを開く。しきたりによって禁欲を強いられている村人たちは、母娘となるべく関わらないようにしていたが、彼らもそれぞれ悩みや問題を抱えていた。

ヴィアンヌの真摯な態度や、チョコレートのほろ苦さや甘さに村人たちは少しずつ心を開き始めるのだが、そこへヒッピーの集団が流れ着き、新たな問題が発生してしまう。

そんな時代を感じさせる作品。ヒッピーとか、ファッションのスタイルでしか認識されない気がしまが、日本のヒッピーとはちょっと違うので、違和感を感じるかもしれません。日本だとレゲエみたいな格好で、ビートルズ聴きながらドラッグをやるみたいなイメージ持たれがちなので。

ただ、この映画、一部ではかなり酷評されています。ハリウッド映画がハッピーエンドやサクセスストーリーに固執するように、フランス映画はストーリーの起伏より、一貫性にこだわる感があるので、まったりしがち。その上、カバージャケットに主役クラスで出ているように見えるジョニー・ディップの登場シーンは、思ったよりも少ないです。出てくるのが中盤から後半にかけてなので。酷評の大きな原因はジョニー・ディップの登場シーンの少なさみたいですけどねw

しかも、この映画のパッケージ、ジョニーディップの扱いが大きいこともそうですが、説明文(裏のあらすじ)にも騙されます。裏のあらすじを読むと、ミステリアスな感じの母娘がチョコレートを使って、みんなに幸せの魔法をかけるという感じのファンタジックな作品に思えます。

でも、パッケージのジョニー・ディップ同様、チョコレートショップを営んでいる母親が、自分の経験や知識、思想を駆使して問題解決の手助けをする話なので、ファンタジーは欠片ほどもありません。

ただ、昨今の派手なだけで中身のない作品(別に派手さが売りなので、けなしているわけではないです)や、単に話がまとめられなくて前後編(【デスノート】実写とか、テレビドラマかと。他にも【パイレーツ・オブ・カリビアン2】のように実は続きとかもあり)に比べれば、充分楽しめる映画なんじゃないかと思います。

ここまでの文章読むと、それってつまらないんじゃないの?と思われそうですが、ラブコメや、昼メロのような激しい紆余曲折がないとという人や、恋愛映画が苦手という人でなければ、楽しめる映画です。

チョコがイメージされて、『観れる』映画ということで2位にしてみました。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★
(バレンタインに観る映画としての評価)

blogramのブログランキング

《関連リンク》
バレンタインにおすすめなドラマ映画
おすすめドラマ映画リンク集
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


ショコラ [DVD]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です