【ゾンビスクール!】

小説家になるべくニューヨークに行ったものの、夢に破れて母校の小学校で臨時職員となったクリント(イライジャ・ウッド)。

勤務初日に子供たちから見くびられ、クセモノぞろいの同僚教師に面食らい、クリントは早くも自信を失いそうに。

そんな中、給食で出されたチキンナゲットを食べた女生徒がゾンビと化してしまう。

彼女に襲われたほかの生徒もゾンビとなり、校内は一気に阿鼻(あび)叫喚の地獄と化す。

クリントらは学校を閉鎖して激闘を繰り広げるが……。

シネマトゥデイより。

【ロード・オブ・ザ・リング】のイライジャ・ウッド主演のゾンビホラーと言うべきなのか、ホラーコメディと言うべきなのか迷う作品。

色々とコメディを突っ込んであるんですが、正直笑えない。よくある下品とか、不快とかいうわけじゃなく、感性が違う気がするという印象。

クリントの同級生だった女教師ルーシーの恋人で、体育教師のウェイドがダブルをうまく言えないのは何が面白いのかよくわかりません。

吹き替えだと声優が若本規夫なのと、元々ウェイドを演じているレイン・ウィルソンが怪男優なので、なんとなくは面白いんですけどね。

ゾンビから逃げる際、どさくさに子供へ渾身のラリアットをかましたりとかはわかりやすい笑いだったかも。

まあ、一緒に立てこもる他の教師陣も特殊なキャラクター性を持たされてはいるので、そこそこは楽しめる気がしますが。

どんなメンバーかというと、作家志望だけど代理教師としてやってきたクリント、その同級生だったルーシー。前述のウェイド。

その他に、男性不信っぽいヒステリックな社会科教師レベッカ、ゲイの臭いしかしない美術教師トレイシー、コミュ障だけど変な知識だけドはすごい理科教師ダグという面々。

他にも子供や、ずっと車に閉じこもってる薬中なんかもいます。あ、ハタチっていうカンフーが得意な東洋人の守衛もいました。

ハタチに関しては、エンドクレジット後にも登場します。

それぞれ面白い個性ではあるんですが、小ネタ程度でしかないので、ダグ以外はキャラクターをストーリー展開には生かされません。

ダグが目立つのは、演じているリー・ワネルが共同脚本、制作総指揮なおかげでしょう。

また、ゾンビになるのは子供たちだけらしく、教師や親は食べられるだけなんですが、

子供がメインで登場する割に結構グロい

です。

アメリカ映画ってレイティングには厳しいのに、こういうところのゆるさが理解できません。

ストーリーもクリント、ルーシー、ウェイドの三角関係を描きつつ、学校から脱出しようとする姿を描いているものの、結局のところ、原因というか、目的は不明だし、何も解決しないまま終わります。

イライジャ・ウッド主演の【パラサイト】と同じくらいのレベルという印象なので、【パラサイト】が好きな人なら楽しめると思います。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★
(好き嫌いが分かれるタイプの映画。)

《関連リンク》
おすすめホラー映画
おすすめコメディ映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


ゾンビスクール! [Blu-ray]

コメント

タイトルとURLをコピーしました