【笑う大天使(ミカエル)】

Pocket

少女漫画家の川原泉は知っています。【笑う大天使(ミカエル)】も読んだことはないですが、知っています。で、観た感想……あれ? こんな話だったっけ?

そんな作品【笑う大天使(ミカエル)】のあらすじ。

母親が亡くなり、突然多分兄だと名乗る貴族が現れたためにお嬢様学校に入ることになった根っからの庶民の司城史緒。ひょんなことから同じく猫を被っている斎木和音、更科柚子と仲良くなる。

その頃、巷では巷では名門女子高校生連続誘拐事件が発生していた。史緒たち3人は偶然にも誘拐犯の正体を知ってしまい、身についた不思議な力で戦いを挑む……。

いや、確かに原作も誘拐話だった。うん、確かに誘拐だった。でも、怪力だったけど、○○になったり、××を巻き起こしたり、△△を発したりはしなかったと思う。

そして、相変わらず上野樹里は奇麗に見えたり、不細工に見えたり、画像映りが安定しない女優さんでした。

感想としては、原作ファンには観れない。しかし、原作を全然知らないで観れば、コメディあり、ちょっとした恋愛っぽいものあり、派手なアクションありなので、普通に楽しめます。というか、むしろ原作知らない方が面白い。

オススメ度(10段階)……★★★★★★
(原作なしと考えればこれくらいのレベルでオススメは出来る)


↑予告編

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←頑張る度合いが上がります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です