【最’恐’絶叫計画】

Pocket

ビデオレンタル店で働くスタン。ハロウィンの夜、友人のテディや元カノのナディーンたちとパーティーに向かう途中、ストーミー・ナイトという街に迷い込む。そこは数十年前の大火災により焼失した、ホラー映画を撮影していたスタジオ跡地だった…。

gooより。

なんで【Scary Movie(スカリームービー)】はこうも出来の差が激しいんだろうと思わせる作品。ちなみにこの作品はハズレの方。

レンタルショップで働いている青年がオーナーにビデオを届けに行こうとして、ホラーの有名な怪人たちに狙われるというストーリー。

行く先々で何故か青年がスタン・ヘルシングではなく、ヴァン・ヘルシングと呼ばれているので、【ヴァン・ヘルシング】がベースなのはわかるのですが、出てくる怪人が『ジェイソン』もどき、『フレディ』もどき、『ピンヘッド』もどき、『マイケル・マイヤーズ』もどき、『チャッキー』もどき。

吸血鬼0かよと。もどきたちはもどきたちで変にもっさりしてるし。

それでもニヤリとさせられるようなパロディや、くだらない下ネタを連発することで吹っ切れればいいんですが、笑いどころもツッコミどころもほとんどなし。

正直、

コスプレイヤーの悪ふざけ

にしか見えません。とりあえず次の【Scary Movie(スカリームービー)】の監督がボー・ゼンガじゃないことを祈るばかりです。

でも、何が悲しいってレスリー・ニールセンが何故か女装して出てるんですが、これが遺作になってしまったこと。

よりによって女装してまで登場したのに、こんな駄作が遺作かと思うと同情します。

オススメ度(10段階)……★★
(単純につまらない)

blogram投票ボタンにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←頑張る度合いが上がります

《関連リンク》

2件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    正直駄目でしたね。
    こういう系統のパロディ映画の中で今作は一番面白くなかったですね。
    元ネタがわかりにくくおっしゃるとおりコスプレイヤーの悪ふざけでしたね。
    同時に見たスペイン映画の最終爆笑計画の方は面白かったんですが。
    それにしてもレスリー・ニールセンさんが86歳でなくなられたようですね。
    コメディ俳優にありがちな鼻につく演技をせずに笑いを引き出す俳優さんだったので凄く好きな俳優でした。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >がいさぶさん
    コメントありがとうございます。
    こういうので一番つまらなかったのは自分の
    中ではアメリをネタにしてたやつですかね。
    SCARYシリーズではないですが。
    最終爆笑計画の方は返却待ち中ですw
    レスリー・ニールセンは何をやっても
    レスリー・ニールセンなことを除けば、
    いい役者さんでした。木村拓也が何を
    やっても木村拓也のような言い回しw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です