【ロボジー】

Pocket

弱小家電メーカー、木村電器に勤務する小林、太田、長井の3人は間近に迫るロボット博での企業広告を目的に、二足歩行のロボット開発に奔走していた。しかし、発表直前の1週間前にロボットが大破してしまう。慌てた3人はとっさの判断で、一人暮らしの頑固老人・鈴木(五十嵐信次郎)をロボットの中に入れて出場したところ、鈴木の奇妙な動きが絶賛され……。

シネマトゥデイより。

いわゆるギャグで笑わす作品ではなく、シュールな現実に笑わされる作品。

ただ、問題は登場人物たちに

魅力がまるでない。

吉高は可愛いと思うし、濱田も真面目に演技をしてるし、他にもベテラン勢が頑張ってます。さすがに1シーンのために竹中直人はビビりましたが。

でも、魅力を感じない。五十嵐信次郎ことミッキー・カーチス演じる鈴木重光はいい味でしたが、変に掘り下げが浅いし。

川合正悟の俳優名で出ているチャン川合が役の上ですが、あまりにも不快なのも必要な演出だったのか疑問だったし。

つまらないわけではなく、実際に人に勧められる程度には面白いです。単に記憶に残らない使い捨て映画というだけで。

矢口史靖監督の作品って面白いんだけど、なにかが物足りないんですよね。

オススメ度(10段階)……★★★
(和久井映見が島崎和歌子みたいになってて悲しくなりました)

blogramのブログランキング

《関連リンク》
おすすめコメディ映画リンク集
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


ロボジー<Blu-ray>スペシャル・エディション(特典Blu-ray付2枚組)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です