【おっぱいバレー】


赴任早々、廃部寸前の弱小男子バレーボール部の顧問になった女性教師・寺嶋美香子(綾瀬はるか)。ある日彼女は、やる気のない部員たちに、「試合に勝ったら、おっぱいを見せる」という、とんでもない約束をさせられてしまう。おっぱいを見るという目標に向かって、思春期真っ盛りの部員たちは、別人のように練習に打ち込んでいく。

シネマトゥデイより。

劇場公開当初、「『おっぱい』なんて恥ずかしくて言えない」とか、逆に変態かと言わんばかりに連呼すると言ったタイトルだけが問題になった映画。一応、対策として『OPV』と略称でどうぞという話もあったものの、誰もそんな呼び方しなかったというオチつきw

さて、そんな映画の内容はというと、オープニングこそ【ぼくたちと駐在さんの700日戦争】のオマージュ? と思わせるようなシーンから始まりますが、いたって普通な青春ドラマ。思ったほどコメディではないです。

性に興味深々な中学生たちが若い先生のおっぱい見たさに頑張るわけ実話を元にしたストーリーなわけですが、元の先生がどんな人かはともかく、

綾瀬はるかのおっぱいが見れるなら男なら頑張るだろう

とか思ってみたり。

また、この弱小バレー部。元々部員が5人しかいないのですが、バレー経験があった城が入部したものの、5人のレベルの低さに退部。ある出来事がきっかけに再入部するんですが、豹変振りが酷い。

退部する際の城はストイックな感じで、バレーに懸けてる好青年だったと思うんですが、先輩たちと交わって『おっぱいの約束』を知ったことでそっちの世界へ。いかにも中学生らしいですね。

他に語るべきは綾瀬はるか。正直、綾瀬はるかは黒木瞳と一緒で機械というか、人形っぽい無機質な表情しか出来ないというイメージだったんですが、結構血の通った表情をしています。

本当はそういうキャラクターなはずのTVドラマ【ホタルノヒカリ】の雨宮蛍ですら、どこか人間の真似をしている人形っぽかったので、演技の幅が広がった気がします。

TVドラマ【Mr.BRAIN】やTVドラマ【仁-JIN-】でも人間らしい表情を見せているので、元から好きですが、更に好きになりました。

あとは劇中で使われている音楽が渋い。70’s(80’s?)の青春ソングが何曲も使われているので、アラサー、アラフォー世代もノスタルジックな気分にさせられます。

個人的には『オリビアを聴きながら』のメロディが流れた時に、ちょっとウルッときちゃいました。

オススメ度(10段階)……★★★★★★
(まあ、でも傑作とまではいかないので平均レベルの点数で)

blogramのブログランキング

《関連リンク》
おすすめドラマ映画リンク集
おすすめコメディ映画リンク集
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


おっぱいバレー [Blu-ray]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です