【少年メリケンサック】

Pocket

レコード会社に勤めるかんな(宮崎あおい)は、動画サイトでイケメン4人組のパンクバンド“少年メリケンサック”のライブ映像を発見。彼らと契約すべく会ってみると、メンバーは50歳過ぎのオヤジで、彼女が見つけた映像は25年前のものだった。予想外の事態に困惑するかんなだったが、バンドの全国ライブツアーに同行するはめになり……。

シネマトゥデイより。

観たくてたまらず、DVDを心待ちにしていた作品。正直、クドカン作品は人によって温度差激しいし、当たり外れが大きいので、人によってはすごくつまらないかもしれない作品でもあります。

いやあ、宮崎あおいはいいですね。容姿の可愛さもですが、その演技力。【ただ、きみを愛してる】の物静かだけど芯がある少女だったり、【篤姫】の凛とした姿とかもこなしつつ、コメディエンヌとしての演技も出来るとは思ってませんでした。

特に木村祐一扮するハルオの説得にいった帰りのポーズは大爆笑でした。とても、美少女がやることではないです。

他にもエロいことで有名なユースケ・サンタマリア扮する事務所の社長が興奮して、宮崎の胸に手を当てるシーンでは、逆に照れてしまったユースケにガッと来ていいです的なことを言ったんだとか。

演技のためなら身体張ってるんだなあとか、尊敬しちゃいました。

肝心のバンドのメンバーもクセモノばかり。【官僚たちの夏】での『Mr.通産省』と呼ばれる熱血官僚など、熱血系の役が多い佐藤浩一のはっちゃけ振りを見ていたら、【デトロイトメタルシティ】ではっちゃけた松雪泰子を思い出しました。

他のメンバーも、木村祐一や田口トモロヲ、三宅弘城などのどちらかと言えば、怪しい人物を演じることの多い人たち。特に田口トモロヲ演じるジミーは、他の俳優が演じる姿が思い浮かびません。それぐらい特異なキャラクターに出来上がっています。

ストーリーの方は魂を感じない現代の音楽業界で、20年以上前の下手糞だけど何故かひきつけられるパンクバンドと、そのマネージャーたちがツアーを続けていくだけの話。

初ステージではボロクソだったのが、ちょっとまともになっただけで、いきなり受け入れられるのはさすがに疑問だったし。

そんなレベルなので、各俳優のファンじゃないとあんまり面白くないかも。

オススメ度(10段階)……★★★★★★
(ちなみにレンタルで借りるならTUTAYAでどうぞ。TUTAYAオリジナルの特典映像が入ってます。)


↑『ニューヨークマラソン』の歌詞の真実はくだらな過ぎて笑える

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←頑張る度合いが上がります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です