【ロンドンゾンビ紀行】

Pocket

不況のあおりを受けて、祖父のレイ(アラン・フォード)が入居する老人ホーム「ボウ・ベル」が閉鎖されるのを知ったテリー(ラスムス・ハーディカー)とアンディ(ハリー・トレッダウェイ)の兄弟。ホームと祖父たちを救う資金を稼ごうと銀行強盗をもくろむが、なぜかゾンビが大量に出現してロンドンは大パニックに。祖父の身を心配するテリーたちだが、その予感は的中。ボウ・ベルにもおびただしい数のゾンビが押し寄せており、レイやほかの入居者たちが壮絶なサバイバルを繰り広げようとしていた。

シネマトゥデイより。

心根が優しいため、悪党になりきれない感じの兄弟が、脳まで筋肉で出来てそうな暴力男と、錠前外しが得意な従妹とともに銀行強盗を計画。

誤解のおかげですんなり成功したかと思いきや、警察に囲まれてしまい、銀行内に戻ります。

意を決して人質ふたりを連れて外に出ると、何が起きたのかわからないくらい酷い状況に。この間、ほんの数分です。銃声も聞こえた覚えもないので、抵抗する余地もなかったのかと謎な状況です。

パトカー周辺の警官たちも食われているので、銀行強盗と人質で脱出します。その後、銀行がどうなったのかはわかりません。

一方の老人ホームでもゾンビが発生し、数人の老人を残してやられてしまうんですが、残った老人が地味に強い。

特に銀行強盗をしている兄弟の祖父レイは、豪快なフックでゾンビを殴り倒す勢いです。

ひとり外で昼寝をしていた老人は、ゾンビに囲まれているにも関わらず、寝ているために気づかれていない様子。避難中の老人たちが叫ぶものの、耳が遠いので聞こえず、何を言っているのか聞くために移動開始。

これが予告編のシーンなんですが、歩行器の老人とゾンビの追いかけっこスタート。両者ほとんど同じスピードなので、やられることはないんですが、引き離しも出来ない。

その際に老人が

弱気なセリフを放ちながら逃げる

姿がちょっとかわいいです。

筋肉バカと人質なのにむかつく発言をする男のせいで仲間を減らしながらも、なんとか老人ホームにたどりついて、老人たちと逃げるという流れなんですが、想像していたよりは普通。

【ショーン・オブ・ザ・デッド】もそうですが、ゾンビコメディって基本的に話は定型のような作品の方が面白い気がします。

【ゾンビランド】のように斬新な感じもいいですが、爆笑を誘うより、クスクス笑える方が良く出来ていると思えるから不思議です。

ちょくちょく大味なシーンもありますが、全体の緩さがそれを許容させられる作品でした。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★
(2階建てバスを使うとかイギリスらしさを出すのも忘れてません)

blogramのブログランキング

《関連リンク》
おすすめホラー映画リンク集
おすすめコメディ映画リンク集
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


ロンドンゾンビ紀行 [Blu-ray]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です