【婚前特急】

Pocket

24歳のOLチエ(吉高由里子)は今を楽しく生きるべく、時間を有効利用して5人の彼氏と付き合っていた。結婚する気などさらさらないチエだったが、親友の結婚を機にたった一人の本当の相手を選ぶため、彼氏5人の査定を始める。こうしてチエの本当の相手探しが始まったが……。

シネマトゥデイより。

友人が結婚すると、やっぱりちょっと結婚を意識しちゃいますよね。この作品は5股をかけているOLチエが友人の結婚を機に、男たちを査定してみるところから始まります。

メンツはいい男4人にろくでなしのブサイクなので、ラストは予想出来てしまうのが難点。そんなわけで今回の感想はネタバレが普通にあります。

もっとも、それ以前にその中にろくでなしのブサイクがいる時点でおかしいわけですが。いや、ブサイクがダメなわけじゃないですよ。ブサイクな上に

ろくでなしということがダメ

なだけで。盗癖あったり、人の話を聞かなかったり、何故か上から目線な感じだったり。

その上、シーンはないですが、吉高演じるチエがそのブサイクとも寝ているという事実が微妙。メリット、デメリットを書き出すんですが、そのブサイクに関しては、メリットが楽だけで、あとは多大な文句。

書き出しの段階では年下の大学生は将来的に歳を感じさせるだけなので、逆に気にならないだろうと思うんですが、正直ないキャラクターでした。

不倫のおっさんは元々例外でしょうから、選択肢が時間が自由な出口道雄とバツイチの西尾みのるしかないのと一緒です。

結局、一番初めに切りに行ったブサイクに、つきあってないただのセフレ扱いにキレ、惚れさせてから振ってやる作戦を開始。

しかし、そのブサイクは石橋杏奈演じるミカを好きになっていて、告白してしまうほど。

世の男性に問いたいのですが、これってどう考えても、チエじゃなく、ミカを選ぶのが当たり前だと思うんですが、どうでしょう?

外見もスタイルも別にチエに負けていないし、料理も出来る。どちらかというと尽くしてくれて、我儘じゃない。ちょっと芯が強いところがあるかもしれませんが。

もう途中からチエは明らかにブサイクが好きなのが見え見え過ぎて、オチがわかってしまう以上、その予定調和を楽しむしかない作品だと思います。

逆に言えば、その予定調和のおかげで安心して勇気がもらえる映画とも言えるかもしれません。

ちなみにずっとブサイク呼ばわりしていますが、SAKEROCKの浜野謙太が演じてます。

オススメ度(10段階)……★★★★★
(ブサイクの言動に対する不快感はストレスが溜まるレベル。)

blogramのブログランキング

《関連リンク》
婚活映画
おすすめコメディ映画リンク集
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


婚前特急 [Blu-ray]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です