【清州会議】

Pocket

本能寺の変によって織田信長が亡くなり、筆頭家老の柴田勝家(役所広司)と羽柴秀吉(大泉洋)が後見に名乗りを上げた。勝家は三男の信孝(坂東巳之助)、秀吉は次男の信雄(妻夫木聡)を信長亡き後の後継者として指名し、勝家は信長の妹・お市(鈴木京香)、秀吉は信長の弟・三十郎信包(伊勢谷友介)を味方にする。そして跡継ぎを決めるための清須会議が開催されることになり、両派の複雑な思惑が交錯していく。

シネマトゥデイより。

織田信長が本能寺で亡くなり、信長を裏切った明智も殺され、織田家の後継者争いが始まります。

大きく分けると、織田家の重臣である柴田勝家と丹羽長秀が推す織田信孝派と、羽柴秀吉が推す織田信雄派に別れます。

信長の妹のお市の方は夫であった浅井長政と息子の満福丸を殺した秀吉を恨んでいるため、勝家に肩入れをしています。

しかし、ややこしい事に勝家と秀吉は、絶世の美女と言われたお市の方に好意を抱いているんですが、秀吉は前述の通り、恨んでいるので問題外。

勝家のことも空気の読めなさや生理的に不快で受け入れられず、むしろ嫌悪感を募らせています。

後継者たちにしても、資質としては高く見える信孝についている勝家と丹羽は信長たちが殺された際に何も出来ず、明智を討伐した功績のある秀吉が推す信雄は果てしなく馬鹿。

トータルすると、フィフティフィフティです。

そこで重臣たちで会議を開き、後継者を決めることになるんですが、その参加者として勝家、丹羽、秀吉、池田恒興の4人が選ばれることに。

恒興は到着していない滝川一益の代わりです。史実では一益は関東地方への出陣、または神流川の戦いに敗戦したため、参加を拒まれたということですが、この作品では【走れメロス】のようにずっと走ってます。

道中出会う西田敏行演じる武者は、【ステキな金縛り】のあの人です。

他にも本当に豪華キャストが参加してるんですが、メイクで原型を留めてないので、キャストの名前を見て、どこにいたっけという人も少なくありません。

しかも、その豪華な人たちが

普段あまり見られないコメディ性の強い演技

を見せてくれています。

最近でこそ、コメディ路線が印象づいてきた役所広司や、恒興役の佐藤浩一ですが、なかなか酷いです。特に役所広司の演じる勝家の空気の読めなさ、色ボケ振りは大和ハウスのCMくらいのコメディ路線です。

また、秀吉の正妻である寧を中谷美紀が演じているんですが、宴会シーンの演技は完全にコメディアンヌで、過去の作品でもちょくちょく笑いをとるシーンはあるとはいえ、なんか吹っ切れた感がありました。

まあ、主演の秀吉役が大泉洋だし、三谷幸喜作品だから、合わせていかないと負けた感じになっちゃうのかもしれませんけどね。

逆に終始シリアスな丹羽役の小日向文世が際立ってて面白くなるくらいでした。

史実を知っていると、どうなるかわかってしまうため、茶化した感じが嫌いな人にはつまらないでしょうけど、あんまり史実とか知らない人でも笑いながら覚えられるので、時代劇を見るとっかかりとしては良い作品だと思います。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★★
(自分より大御所の人たちへの態度が凄い大泉洋って、役の上とはいえ、勇気あるなあって思いました)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です