【イン・ザ・ヒーロー】

Pocket


イン・ザ・ヒーロー [Blu-ray]

下落合ヒーローアクションクラブの社長にして、その道25年のスーツアクターである本城渉(唐沢寿明)。

数年ぶりにヒーロー番組の劇場版作品に出演した彼は、一ノ瀬リョウ(福士蒼汰)という人気若手俳優と出会う。

ヒーロー番組に敬意を払わないリョウと対立するも、ある出来事を契機に本城は彼と絆を育むように。

そんな中、日本で撮影中のハリウッド大作で、落下して炎にまみれながらノーカットで殺陣を繰り出すクライマックスに出演する予定だった俳優が、恐れをなして降板。

慌てたスタッフは、本城の評判を聞き付けて出演をオファーする。

シネマトゥデイより。

スーツアクターたちの姿を描いた作品。

ジャンルとしてはコメディになってることが多いと思いますが、やや喜劇的ではありますが、ジャンル的にはヒューマンドラマ。

というか、俳優や、特撮アクションの知識がないと、笑うところがなく、ただのヒューマンドラマにしか見えないと思います。

スーツアクターというのは、わかりやすく説明すると、よく【仮面ライダー】や【ウルトラマン】、戦隊もの等で本人に代わってスーツを着てアクションをする役者のこと。

ちなみに本作品でスーツアクターを演じる唐沢は、東映アクションクラブに在籍していたので、本当にスーツアクターを経験しています。

スタッフの仕事もしたりしていた意外と苦労人だそう。

本城渉はそんなスーツアクターたちとともに下落合ヒーローアクションクラブという会社の社長なんですが、念願の劇場作品での顔出しでのオファーが来て、喜んだのもつかの間、若手俳優の一ノ瀬リョウに交代させられてしまう。

しかし、当の一ノ瀬はハリウッドにばかり目がいっていて、日本の特撮を軽視。

そのため、本城には盾突かないものの、他の俳優やスタッフには横柄な態度をとってしまう。

そんな折、オーディションを受けたハリウッド映画の感触がよく、スタッフが撮影現場に来るのを知った一ノ瀬は殺陣をやらせて欲しいと申し出る。

その結果、他のスーツアクターに怪我をさせてしまい、ハリウッド映画のスタッフにも批判されることに。

あまりにもハリウッド進出を急ぐ一ノ瀬を本城がたしなめるが、一ノ瀬の事情を知った本城は仲間とともに稽古をするように伝える。

その稽古の間、音楽に合わせて映像流れるだけという時間が続き、一ノ瀬も立派に成長していきます。

この辺、文字だけで数日後とか、数週間後じゃなかったので、変化していく様子が面白い、

一方、本城にも同じ作品のスタントのオファーが。

あらすじだと恐れをなしてとなっていますが、頭がおかしいです。

なにしろ内容が、

2階から落ちて、受け身に失敗した後、途中で火だるまになりながら数十人の敵と戦うシーンをワイヤーなし、CGなし、ワンカット

とか言い出す監督。

自分の映画だと言いますが、おまえやってみろというレベルです。

2階から落ちてまではともかく、ワンカットで受け身に失敗するため、マットとか敷けません。

しかも、そこから敵と戦うので、そんなに長く倒れてもいられないという無茶振り。

本作品にとっても見どころです。

さすがに本作品ではそんな無茶はしないので、殺陣のシーンでは本城はともかく、敵はスタイリッシュな動きをしてますけどね。

いわゆる師弟愛ではなく、夢を持つ者同士の絆を描いた作品でした。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★
(エンドロール中にも本編映像や、唐沢のスーツアクター時代の映像があります。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめドラマ映画
おすすめコメディ映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


イン・ザ・ヒーロー [Blu-ray]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください