【ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える】


フィル(ブラッドリー・クーパー)、ステュ(エド・ヘルムズ)、アラン(ザック・ガリフィナーキス)、ダグ(ジャスティン・バーサ)の4人はステュの結婚式に出席するため、一路タイへ。ラスベガスでのバチェラー・パーティーの二の舞を避けようと、ステュはつつましいブランチを計画していた。しかし、翌朝二日酔いで目覚めると部屋はメチャクチャ、新郎の顔には入れ墨が刻まれ、花嫁の弟は行方不明、代わりに1匹のサルがいて……。

シネマトゥデイより。

最悪な二日酔いを迎えた男たちを描く第2弾。今回のパーティーは結婚するステュのためなんですが、ここからもういただけない。

前作で離婚したステュは、寄っていたとはいえ、ラスベガスで結婚してしまった子持ちのストリッパーといい感じだったはず。それがヘザー・グラハムが続投しないとはいえ、まるで違うタイプと結婚では、前作はなんだったのかと思います。

例えると、【余命1ヶ月の花嫁】の花婿が続編で、いきなり見合い結婚するくらいにガッカリです。とはいえ、恋愛観、結婚観は本当に人それぞれなので、それほど気にするところではないんでしょう。

それはともかく、前作に比べて、今回は本当に最悪です。花婿の両親がタイにいるため、タイで結婚式をあげることになり、一路タイへ。

ラスベガスでの一件に懲りて、アランに念を押し、フィル、ステュ、アランの3人と、年齢的に飲んではいけないはずの花嫁の弟ダグはビーチでビールを飲み始めると、次の記憶は見知らぬホテル。

今回は虎や赤ん坊はいないものの、猿がいたり、猿は人間の指を舐めていたりします。頭を丸めたアランと、顔にタイソンの刺青を掘ったステュは見つけたが、ダグの姿が見当たらない。

どうやら猿が舐めている指はダグのものらしい。

さすがに2度目なので切り替えが早かったが、こうなるともう

脱出ゲームみたい。

部屋の中を探索して、出てきたアイテムを駆使して部屋から出る感じ。

と思ったら、今回はお助けキャラ登場。前作でトランクに押し込められていて、主人公たちから8万ドルを回収した男『チョウ』が登場。どうやらタイから彼がバンコクに連れてきたらしい。

彼だけは記憶が残っているらしく、状況を説明をしようとするが、その直後にアクシデントにより即退場。

その後、どうやら4人は町全体で問題を起こしてしまった上、チョウもあちこちに恨みを買っているらしく、全然話が進まない。

進んだかと思えば、捻りが利いていて、裏目に出ていたりと逆境だらけ。

笑えるシーンもたくさんあるんですが、今回は大人向けの笑いが多く、ちょっと全年齢向けではありません。もっとも、子供だと序盤の『指』でちょっと引く気がします。

それでも前作には劣るものの、一般的な作品よりも笑えるドタバタコメディなので、大人なら楽しめると思います。

ただ、今回は監督が認めている通り、前作を越えるのではなく、前作のレベルを落とさない作品を目指したからいいですが、さらにシリーズを重ねてしまうと厳しそう。

個人的には嫌いじゃないけど、いくらバンコクとはいえ、ニューハーフのくだりはなかった方が良かったと思う。

オススメ度(10段階)……★★★★★★
(パターンギャグなので安定した笑いはあるけど、ちょっと暗過ぎる感は否めません)

blogramのブログランキング

《関連リンク》
トラブル・ウェディングムービー
おすすめコメディ映画リンク集
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える [Blu-ray]

2件のコメント

  1. こうじぃ. より:

    SECRET: 0
    PASS:
    実は続編は観てないんですよ‥
    続編を期待しない、
    一話完結の作品だと解釈して
    そこそこ前作を楽しみましたから‥
    まぁ、アメリカ国内では
    まずまず好評価だったみたいで
    続編の声もあったのでしょうね~♪
    ただ、監督が本当に
    前作のクオリティキープだけしか
    頭になかったら、悲しい話ですよね‥
    観客をより一層笑わすつもりがなかったら
    作品を発表する意義が無いと思うんですけど‥

  2. enta_mattari より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >こうじぃ.さん
    多分、1作目が快心過ぎて、1作目を越えるのは
    難しいところから来たセリフなんでしょうね。
    期間が妙に短いですし。
    本人よりも周囲が続編にこだわっちゃったのかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です