【ぼくたちと駐在さんの700日戦争】

Pocket

自分の2008年上半期の邦画おすすめ1位の作品。原作であるブログも有名なので、知ってる方も多いかもしれません。

移転しても相変わらず、ざっとしたあらすじ。

1979年、とある田舎町に新しい駐在さんがやってきた。

イタズラ(※)を仕掛けることに生きがいを感じる7人、イタズラの天才『ママチャリ』、喧嘩の強いエロガッパ『西条』、偏差値0?の男『孝昭』、恋する星の王子様『グレート井上』、一食2000kcalの食いしん坊『千葉くん』、女装もキュートな後輩『ジェミー』、ダブり2年目の留年大王『辻村さん』は、『駐在さん』との戦いに明け暮れていた。

元はと言えば、西条の敵討ちで『駐在さん』にイタズラをしていたのだが、なんとこの『駐在さん』、やられたらやり返す大人気ない性格だった。

しかも、憧れのマドンナと思っていた加奈子さんが『駐在さん』の奥さんだと知り、一度は鼻息を荒げながらも逆に家に入り浸るように。その上、加奈子の妹、美奈子も現われ、さらにヒートアップ!

そんなある日、『西条』がくだらない理由でバイクで事故って入院すると、そこに7人と仲良しな女の子『ミカちゃん』も入院していた。『西条』は手術を怖がる『ミカちゃん』とある約束をする。

ぼくたち7人は、『約束』を守ることが出来るのか?

※ぼくちゅう『悪戯の定義』

  1. 相手に怪我を負わせてはならない
  2. しかけられた相手も笑えなくてはならない
  3. 相手が弱者であってはならない
  4. 償いができなないものは悪戯ではない

主演はドラマ【Rookies】の安仁屋役の市原隼人で、『駐在さん』は佐々木蔵之介。

いや、めちゃくちゃ笑いました。ところどころ場面展開時のCMもどきや、古きなつかしきといった感じのネタやら。イタズラも定義通りなので、嫌な感じがありません。むしろ、『駐在さん』の仕返しの方がエグいかも。

元々事実を脚色した話なので、そのどこまでが実際あったネタなのかを想像しながら観ると、ありそうでなさそうなことや、なさそうでありそうなことの線引きが難しくなってきます。そんなことありえないと思いつつ、いや、あるかもとか。

ともかく観てください。


↑本家ブログ

オススメ度(10段階)……★★★★★★★★★
(結局2やるのかな?)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←頑張る度合いが上がります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です