推理映画」カテゴリーアーカイブ

【氷菓】

神山高校に入学した折木奉太郎(山崎賢人)は、姉の指示で渋々廃部の危機にある古典部に入部する。

もともと必要最低限のことしかやらない“省エネ主義”の彼は、ここで誰よりも好奇心旺盛な千反田える(広瀬アリス)と知り合う。

さらに折木と中学校時代から付き合いがある福部里志と伊原摩耶花も入部してきて……。

シネマトゥデイより。

米澤穂信の【古典部】シリーズのうち、1作目である【氷菓】を実写化。

【古典部】シリーズは推理小説と言っても、学園群像劇でもあるので、殺人事件とかは一切起こりません。

どんだけ危険な学校なんだと言いたくなるような作品と違って、リアルな印象。

逆に言えば、殺人ミステリーに慣れた人だと物足りないかも。

とりあえず、主人公というか、推理を展開する折木奉太郎が高校生離れした思考力の持ち主なだけで、他の3人は正直何もしていません。

凄まじい好奇心の持ち主である千反田えるは、「わたし気になります」って言うだけだし、自分をデータベースという福部里志も見せ場ないし、伊原摩耶花は素人代表みたいな感じ。

奉太郎に関しては、現実だとこんな感じかもなと思うので、そんなに違和感ありません。

ただ、千反田は豪農で知られる名家の娘で、知性が高く、清楚で礼節をわきまえているけど、好奇心が高まると暴走するキャラクター。

でも、映画版ではかわいいけど、残念な子。知性を高く感じるシーンがないため、ただのトラブルメイカー。

福部にしても、必要な情報を提示するのがデータベースの役割だと思うんですが、それがないので特に知性を感じない。

そのくせ、「データベースは結論を出せないんだ」という自虐的ともとれるセリフが削られ、「奉太郎わかったね」というセリフをドヤ顔で言うため、印象が悪い。

また、福部を演じている岡山天音には申し訳ないですが、外見的にインテリっぽくないし、とても摩耶花が振られながらも好意を寄せ続けるような容姿に思えません。

その摩耶花自身は目立つエピソードまで届いてないので、比較のしようもないんですけどね。

自分は原作至上主義ではないですが、この実写版の映画は構成や演出がメチャクチャで、元々の作品の良さが何も伝わってきません。

多分、作品自体の良さを知るだけなら、京都アニメーション製作のTVアニメ版を見た方がいいでしょう。

実写版では削られたエピソードを含め、1話から5話で描かれているので、そちらの方がおすすめです。

OP、EDがあることを考えたら時間的にほとんど変わらないし。

というか、映画を楽しみたいなら、

先にアニメ版を見るのはオススメしません。

ネタバレ以前に、相対的に実写版が酷い出来に感じてしまうので。

逆に本作を観た後にアニメ版を見たら、全然違う印象を受けると思います。

監督、脚本の安里麻里の作品を何本か観てますが、決して酷い監督ではなく、どちらかというと無難なイメージ。

料理で例えると、普通の材料で普通の家庭料理を作ってみせるタイプ。

まずくはないけど、本当に普通で記憶に残らないんですよね。

オススメ度(10段階)……★★★★★
(過去の真相を変えたのはさすがにどうかと思ったけど、原作通りなんですかね。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめ推理映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


氷菓 DVD 通常版 [DVD]

【ジェーン・ドウの解剖】

とある一家が無残にも殺害された家の地下で身元不明の女性の変死体が見つかり、検死することになったトミー(ブライアン・コックス)と息子オースティン(エミール・ハーシュ)。

死因を調べるため解剖を進めるにつれ、驚くべき事実が次々と明らかになる。

やがて、親子に不可解な現象が襲い掛かり……。

シネマトゥデイより。

身元不明の女性の死体を解剖することになった親子を襲う怪奇現象を描いた作品。

『ジェーン・ドウ』というのは、日本でいう『名無しの権兵衛』のことで、本作の場合は女性のため、『ジェーン・ドウ』となっています。

男性の場合は『ジョン・ドウ』で、複数の場合はそのまま『ジョン・ドウズ』、『ジェーン・ドウズ』となる辺りは日本とは異なりますね。

本作の『ジェーン・ドウ』は、一家が惨殺された家の地下から発見されたもので、一家とのつながりもわからず、外傷もなく、まるで生きているかのような不思議な状態だった。

そのため、トミーに検死を依頼されるんですが、外傷がないと思われた身体にメスを入れてみると、手足の骨は折れ、舌や歯は抜かれ、肺は内側から焼けています。

どう考えてもおかしな死体の解剖を進めていくんですが、トミーと息子のオースティンを不可解な現象が襲い始めるという展開。

解剖を進めていくことで、少しずつ気づくことがあるという展開がやや推理ものっぽい感じはありますが、結局はオカルトなので純粋な推理ものを求めると、ちょっと違うとなりそう。

また、基本的に解剖していく展開なので、

医療ドラマくらいにはグロい

です。

ゴア系ではないので、そこまで酷くはないですが、ジャケット等のイメージで観ると、耐性がない人にはきついかもしれないので、注意が必要かも。

すごく怖いということはありませんが、想像力というか、妄想力が高い人ほど怖く感じるんじゃないでしょうか。

【バイオハザード】シリーズをプレイしていると、霊安室に閉じ込められている状態で、すでに嫌な予感しかしないんですけどね。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★
(夜中にひとり、静かな空間で観ると怖さが増すかもしれません。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめホラー映画
おすすめ推理映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


ジェーン・ドウの解剖 [Blu-ray]

【ジーサンズ はじめての強盗】

ウィリー(モーガン・フリーマン)、ジョー(マイケル・ケイン)、アルバート(アラン・アーキン)は、平穏な余生を過ごしていた。

ところが長年勤めた会社の合併により年金をカットされてしまい、平均年齢80歳以上の彼らの生活はお先真っ暗の状態に。

追い詰められた彼らは、思いがけない行動に出る。

シネマトゥデイより。

3人のおじいちゃんたちがクライムコメディ。

と思ったら、意外なことに

知的な銀行強盗もの。

住宅ローンの金額が跳ね上がり、このままでは孫を連れた娘ともども家を追い出されることになるウィリー。

銀行に相談に行くと、自分に融資の契約をした男は契約した相手であるウィリーのことを覚えてもおらず、完全に他人ごと。

そこへ銀行強盗がやってきて、誰も傷つけず、警察にも捕まらず、颯爽と去っていきます。

そのことを興奮気味に仲間に話すウィリーに追い打ちが。

働いている会社が合併するため、年金がなくなることになった上、それぞれの事情で金が必要になります。

そこでジョーはウィリーが巻き込まれた銀行強盗をしようということになる流れ。

邦題からイメージするような老人たち特有の言動で、銀行強盗中に計画がどんどん破たんしていって、大ごとになっていく展開かと思ったんですが、そういう感じではありませんでした。

さすがに主演のモーガン・フリーマンをはじめ、マイケル・ケイン、アラン・アーキンといったレジェンドを集めてしまっては無茶もさせられないんでしょうね。

他にもアン・マーグレットやクリストファー・ロイド等も出てますし。

喜劇ではあるけど、弾けたコメディではないので、無難に収まっている印象なので、最近のコメディに慣れていると、物足りないと感じるかもしれません。

ただ、その反面、おじいちゃんたちの計画はアリバイが肝になっていて、どうやってアリバイを作ったのかが秀逸。

素人強盗なんだから、もっとザルな計画と思っていたら、すごい綿密で驚かされます。

いろんなシーンで伏線があるので、映画としても面白い作品でした。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★★
(コメディ好きよりも推理もの好きにおすすめ。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめコメディ映画
おすすめ推理映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


ジーサンズ はじめての強盗 ブルーレイ&DVDセット(2枚組) [Blu-ray]

【暗黒女子】

聖母マリア女子高等学院で、経営者の娘で人気者だった白石いつみ(飯豊まりえ)が校舎の屋上から落下して死亡した。

彼女の手にはすずらんの花が握られており、自殺、事故、他殺と、その死をめぐってさまざまな憶測が飛び交う。

そして、いつみ主宰の文学サークルの誰かによって殺されたといううわさが立つ。

いつみに代わってサークルの会長となった澄川小百合(清水富美加)は、彼女の死をテーマにした自作の朗読会を開催。

メンバー各自が、物語の中でいつみ殺害犯を告発していくが……。

シネマトゥデイより。

女子高で起こった少女の死の真相を文学サークルのメンバーが朗読という形で告発していくという展開。

それぞれのメンバーが死亡したいつみに思うところがあり、前に朗読したメンバーの裏の顔を告発していくというスタイル。

ちなみに最初に朗読する二谷美礼は、最後に朗読する高岡志夜を告発する内容。

ただ、それぞれの視点で相手のことを描いた内容なので、同じことをしているのに、いつみからの情報でまったく別の印象を受けたりしています。

話が進むにつれ、徐々に違和感を感じていくので、おおよその真相は予想できると思います。

結局、いつみを殺したのは誰なのかという疑念を感じ、会長となった澄川小百合を除いて、朗読をしたそれぞれのメンバーに動機があることがわかります。

予告だと教師の北条も容疑者っぽくなってましたが、実際は朗読に参加しているメンバーだけが告発されるだけなので、あんまり登場しません。

なので、北条先生役の千葉雄大ファンは期待しない方がいいでしょう。

告発自体は嘘ではないので、クライマックスの真相の提示は伏線がうまく回収されていて、面白いと思います。

その後の展開が現実的ではないため、そこまでのリアルでもあり得る少女たちの光と闇が台無しになってる感が残念でたまりません。

逆に言えば、真相が語られるまでは本当に良い作品だと思います。多少無理やりという部分もありますが。

また、やや演技に素人っぽさというか、わざとらしさみたいな印象を受ける人物もいないわけではないですが、それを含めての女子高らしさなのかなと。

4人の朗読が終わった段階で、

完全な真相が予測できた人がいたら、その人は異常者

だと思います。

自分は一歩手前が限界でした。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★★★
(正直、よく考えるとラストシーンが一番怖い。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめ推理映画
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


暗黒女子 [Blu-ray]

【人狼ゲーム マッドランド】

気を失った小池萌(浅川梨奈)は、9人の高校生たちと一緒にバンに乗せられ、ある場所に連れて行かれる。

そして、殺し合いの勝者に1億円が与えられる「人狼ゲーム」が始まる。

参加者は、村人が用心棒と予言者の2人、人狼が1人に、狂人が7人という“狂人村”。

狂人の生存条件は人狼の勝利で、村人が生き残るには多数決の投票だけが頼りだった。

シネマトゥデイより。

【人狼ゲーム】の第6作。いつも通り、目が覚めたら謎の施設で強制的にリアルで人狼ゲームをさせられます。

ただ、基本的な役職は出そろっているため、条件を変更する形で新鮮さを演出。

厳密にはハンターの特性がリアルには向いてないので、まだ登場してなかったり、役職には同じ特性の別名があったりするので、まだまだ続くかも。

サービス終了してしまいましたが、【人狼オンライン】のように善人と悪人のようなグループに分かれての戦いや、【人狼パーティー】のように役職が増えていく可能性もありますし。

そんなわけで今回は、【マッドランド】とある通り、狂人村という設定。

9人中、人狼がひとりというのは優しいですが、まともな村人が用心棒と予言者のみ。あとは

全員狂人

です。これにより通常のゲームとは展開が激変。通常は投票で人狼を吊るせばゲーム終了ですが、狂人の勝利条件は人狼の勝利なので、吊るすわけにはいきません。

そのため、通常では正体を隠す人狼が名乗り出ての王様ゲーム化。逆にまともな村人が正体を隠す必要が出てきます。

そうなると、村人2人殺せば人狼が勝つから狂人は楽に見えますが、もうひとつの勝利条件がネックになるんですよね。

狂人の勝利条件は人狼の勝利ですが、人狼の勝利条件は人狼と村人が同数になること。

狂人はあくまでも狂っているだけの人なので、結局生き残れるのはひとりだけ。

そのルールがある以上、狂人同士が完全に結託することがないのがこの映画のネックになっている気がします。

本作を見てもらえればわかりますが、見ている人には

村人が誰なのか見ている人間には序盤で明かされてしまう

ため、そこからはグダグダ。

特にある人物が初日で選択肢をほぼ無くしてしまうというやらかし展開なのがいただけない。

エンドロールまで誰がどの役職だったか考えるのが楽しい映画なのに、推理小説読み始めたら第2章の始めで犯人明かされるようなものです。

設定的には面白いので、シリーズを見続けている人は見てもいいと思いますが、シリーズが気になるからとこの作品から見るのはやめた方がいいでしょうね。

オススメ度(10段階)……★★★★
(どちらかというと、役職が狂人というより、参加者自身の言動が狂ってる)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめ推理映画
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


人狼ゲーム マッドランド [DVD]