推理映画」カテゴリーアーカイブ

【KRISTY クリスティ】


KRISTY クリスティ(字幕版)

感謝祭シーズン。

友人たちが続々と実家へ帰省する中、帰るお金がなく大学の学生寮に残ると決めたジャスティン。

彼氏のアーロンも帰省し、一緒に過ごすはずだったルームメイトも急用で実家に帰ってしまったため、彼女は寮内にたった1人で生活することに。

ある日、夜中にスーパーへ向かう…

シネマトゥデイより。

あらすじとジャケットで、スーパーで何か起きるのかと思ったら、普通に学生寮で殺人グループに襲われる話。

オープニングは女性が追いかけられて、殺されたと思ったら、行方不明のニュース。

友人たちが帰っていく中、恋人のアーロンも帰省。

アーロンに家に誘われたものの、彼の母親に嫌われているとわかっているため、辞退。

残るはずだったルームメイトも帰省してしまい、代わりに高級車を貸してくれます。

大学には門番と警備員、メンテナンス係の3人とジャスティンだけとなり、彼女は借りた高級車でスーパーに。

そこでサングラスを値切っている女と遭遇し、自分が払うと言うと、施しは受けないと断られる。

そして、クリスティを見つけたと謎の言葉を残し、去っていくんですが、それが恐怖の始まりという展開。

その後、その女を含めた仮面の男たちがジャスティンを狙って大学の寮に来るんですが、警備員はあっさり殺されるは、門番も死んでるはで役に立ってません。

プロの殺し屋でもないたった4人組にあっさりやられるくらいなので、元々セキュリティなんてないようなものなんでしょう。

メンテナンス係のスコットに至ってはクスリでハイになってる始末。

ショットガンで威嚇をするも、犬ともどもやられます。

まあ、ジャスティンの連れてきた連中のせいで殺されているので、巻き添えで死んだ3人と犬はちょっとかわいそうですね。

結局、助けがいなくなったところでショッキングな出来事があり、ジャスティン一念発起の反撃に出ます。

4人のカルトグループより

ジャスティンの方がサイコパス

としか思えない勢い。

むしろ、手慣れ過ぎてて怖いです。

そんな襲われてからの反撃というオーソドックスな展開なんですが、画面が暗過ぎて2/3くらい何をしているのかよくわかりませんでした。

夜の出来事なので、確かに暗い方がリアルなんですけど、何が起こっているかわからない洋画って意外と多い気がします。

オチ含め、ちょっとモヤモヤする作品でした。

オススメ度(10段階)……★★★
(さすがに色々と、もうちょっとなんとかなったんじゃないかと思う。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめホラー映画
おすすめ推理映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


KRISTY クリスティ(字幕版)

【ファイト・クラブ】


ファイト・クラブ [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

空虚な生活を送るヤング・エグゼクティブのジャックは、謎の男テイラーに導かれるまま、謎の秘密組織「ファイト・クラブ」のメンバーになる。

そこは鍛え抜かれた男達が己の拳のみを武器に闘いを繰り広げる、壮絶で危険な空間だった。

allcinema ONLINEより。

キモの部分と、ファイト・クラブと、なんか石鹸出てきたなあということだけ覚えていて、後のことをすっかり忘れていたので久々に視聴。

ビックリするほど、内容忘れてました。

上のあらすじも微妙に違います。

不自由のない生活空間に住みながらも、満たされない生活を送っているジャック。

不眠症になったジャックは、精神科医に勧められ、睾丸ガン患者の集いで患者の告白を聞き、涙を流すことで自らの不眠症が改善する。

そこで他の互助グループに偽の患者として参加するようになるんですが、互助会にはマーラという女性がいました。

彼女はジャック同様偽の患者で、女性なのに睾丸ガン患者の集いにまで参加している始末。

彼女がいることで不眠症が再発したジャックは、交渉して参加する会や曜日を分けるよう提案する。、

そんなある日、出張から帰ると自宅が爆発しており、何故か出張の機内で会ったタイラーという男に助けを求めていた。

タイラーは石鹸の行商人で、キレ者だが、ちょっと変わった感じの男という印象。

タイラーは、バーで飲んだ後、泊めてやるから自分を殴れと言い出し、結局ふたりは殴り合うことに。

ジャックはボロボロになりながらも、いままでには感じたことのない満ち足りた気分を味わいます。

そんなことを続けていると、見ていた酔っ払いたちも殴らいを始め、参加者が増えていった。

やがて、場所を地下室に移した喧嘩を介した秘密の集まりは、ファイト・クラブと呼ばれるようになり、巨大化していく。

ジャックはタイラーと廃屋に住むようになり、そこへ薬の飲み過ぎで死にそうになったマーラが転がり込んできた。

その頃からタイラーはファイト・クラブのメンバーと何かを計画していたが、ジャックは何も教えてもらえない。

その計画は、ジャックの予想を超えるとんでもないものだったという展開。

ビックリするほど忘れてました。

キモの部分は覚えていたものの、喧嘩屋たちの話だったかなあと思いながら見ていたら、完全にサスペンス。

カルトとか、テロ組織とか、規模は違うけど現実的にこんな風に染まっていく人たちはいるんだろうなって感じました。

実際、一体感の強いコンサートやスポーツ観戦なんかや、同調圧力の強い環境だと、通常ならあり得ない言動とったりしますもんね。

一般の人の目には触れないだけで、

こういう世界があるかもしれませんし。

キモの部分は知らずに見た方が面白いと思います。

ちゃんと作品のあちこちに伏線は張ってあるので、割と気づきやすいんじゃないでしょうか。

オススメ度(10段階)……★★★★★★
(いまの時代にこのラストだと、厳しいかもしれない。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめ推理映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


ファイト・クラブ [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

【ジオストーム】


ジオストーム [Blu-ray]

天候を意のままにできる宇宙ステーションが開発された近未来、

地球は未曾有の自然災害に襲われることがなくなる。

ところが運用開始から2年後、宇宙ステーションがウイルス感染して暴走し各地で異常気象を引き起こしてしまう。巨大災害が同時多発的に起きる地球壊滅災害“ジオストーム”の発生を防ぐため、宇宙ステーションの開発者ジェイク(ジェラルド・バトラー)と彼の弟マックス(ジム・スタージェス)が立ち上がる。

シネマトゥデイより。

ビーチから逃げようとする人々が凍り付く予告編が印象的だった作品。

てっきり、無理やり機構操作してきたツケを払わされるSFパニックものとか、機械が反逆したSFなのかと思っていたら、

予想外のSFサスペンス

でした。

環境破壊が進み、宇宙ステーションICSSを中心とした気象をコントロールする衛星群で、ダッチボーイと名付けられたネットワークによって難を逃れた世界。

現在はアメリカが主導権を握っているが、2年の期限が来るため。管理を国連に移すことになっていた。

そのタイミングでアフガニスタンが村民ごと凍結し、その原因として衛星の不具合が疑われる。

責任を逃れたいアメリカは隠ぺいしようとするが、システムの総責任者のマックスの抗議により、調査のため、ICSSにひとり送ることに。

そして、国務長官のデッカムの提案でマックスの兄であるジェイクがステーションに向かう任務を与えられる。

しかし、ジェイクは3年前、上司の承認なしに災害を防いだ件で査問会にかけられた際、議長を罵倒してシステム総責任者の座を更迭されたマックスの兄。

ジェラルド・バトラー演じるジェイクが宇宙ステーションに着き、調査を始めるんですが、アフガニスタンを管轄する衛星のハードディスクをコピーしたエンジニアが死亡。

香港でも起きた異常気象のデータを調べようとするも、事故が起きてデータが失われていた。

別ルートからアフガニスタンのデータを入手しようとして、事故によって死にかけるジェイク。

スパイがいることを疑い、データを入手したことを隠してデータを調べると、ウイルスが発見される。

しかし、システムからウイルスを除去するにはシステムの再起動が必要で、その再起動にはアメリカ大統領の生体認証が必要だった。

ジェイクは無事システムを復旧し、地球を襲う大災害ジオストームを防ぐことが出来るのかという展開。

基本的にジェイクが宇宙ステーションで調査、マックスが地球でサポートという感じで話が進みます。

サスペンスとしては適当に済ませるのかなと思いましたが、意外と黒幕がわかりません。

宣伝は頑張ってましたが、メジャー大作ではないので、誰でも選択肢に入ります。

さすがにいきなり出てきて、私が黒幕だなんてパターンではないですが。

見どころとしては、予告でも前面に出していた世界各地で起こる災害シーン。

ビーチが凍ったり、大地が割れ、ビルが倒壊する香港を車で逃げるシーンとか、ドバイを襲う津波とか、本当に面白いです。

ちなみに日本には巨大なヒョウが降り注ぐ事態に。

CG丸出しという感想もあるかもしれませんが、災害に襲われるパニックアクションを現実に撮れるはずないので、言ってもしょうがありません。

映像美として楽しみましょう。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★
(理屈にこだわる人には合わないかもしれない。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめSF映画
おすすめ推理映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


ジオストーム [Blu-ray]

【教授のおかしな妄想殺人】


教授のおかしな妄想殺人(字幕版)

アメリカ東部の大学。孤独で気力のない哲学科の教授エイブ(ホアキン・フェニックス)は、ある日不快な判事についての話を聞く。

自分がその判事を殺害するという完全犯罪を妄想した途端、よどんでいた彼の人生は鮮やかに色づき始める。

一方、エイブのことが好きな教え子ジル(エマ・ストーン)は、教授が奇妙な殺人妄想に夢中になっているとは知らず、恋心を募らせていくが……。

シネマトゥデイより。

仕事をこなしてはいるものの、無気力な人生を送っている教授のエイブ。

同級生の恋人がいるものの、エイブに憧れを抱く女子大生のジル。

ジルの憧れは尊敬から恋心に変わっていき、エイブに猛烈なアピールを重ねていく。

しかし、無気力な上に、自分の立場を考えて、エイブはジルと一線を引こうとしていた。

そんなある日、ジルと入ったダイナーで悪徳判事の噂を耳にしたエイブは殺人計画を立てる。

それまで無気力だったエイブは、殺人計画を妄想し始めたことで生きがいを感じ始めるように。

まさか殺人計画を考えることで生き生きとしているとは思いもしないジルは、エイブへの想いを強めていく。

しかし、妄想だったはずの殺人計画が実行できてしまったことが、すべてをおかしくしていくという展開。、

コメディと言っても、

ブラックなコメディなので笑いどころはありません。

ウディ・アレンらしいシニカルな笑いという印象。

殺人計画も雑だし、普通に考えたら成功するはずもないんですが、その辺にリアルさは必要ないので仕方ありません。

長々と教授と女子大生の関係を描いた後、殺人が成功した結果、どうなっていくかを描いているだけなので。

設定にしろ、ストーリーにしろ、本当に平凡なので、ウディ・アレンか、ホアキン・フェニックス、エマ・ストーンが好きな人たち以外にはウケなさそう。

個人的にはエイブって元々人間性に問題あるというか、短絡的で頭が悪い気がします。

ジルもジルでメンヘラっぽい。

オススメ度(10段階)……★★★★
(ラブストーリーとしても微妙。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめコメディ映画
おすすめ推理映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


教授のおかしな妄想殺人(字幕版)

【パージ:エクスペリメント】


パージ:エクスペリメント ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]

21世紀、アメリカは経済が崩壊し、「アメリカ建国の父(NFFA)」という新しい政党が政権を担っていた。

NFFAは犯罪率を1パーセント以下に抑えるため、1年に1晩だけ殺人を含むいかなる犯罪も合法となる「パージ法」の施行をニューヨークのスタテン島で実験する。

島のギャングのボスであるディミトリー(イラン・ノエル)は、愛する人のために島に残る。

シネマトゥデイより。

1年に一晩だけ殺人を含む犯罪が合法になるという制度パージを描いた作品の4作目。

3作目の時点でひとまずの結末を迎えているので、何を描くのかと思ったら、ビギニングでした。

まだ、パージが制度として導入されておらず、新しい政党が政権を担い始めた頃。

実験的な形でパージが試行されます。

ニューヨークのスタテン島であれば、隔離することが出来るため、その中でだけ行われることに。

当然、襲われるとわかっていて島に残る人間がいるはずもなく、それではパージになりません。

そのため、政府は島に残った住民に、生き残れば5000ドルを渡すという方法にでます。

ただ、シリーズを通して見た人ならわかると思いますが、パージには裏の目的があり、やっぱり暗殺部隊が投入されます。

まだパージがどんなものなのかわからない住民たちは、犯罪が合法化されるだけだと思っているので、過去作のような対抗手段なんて用意していません。

そこへプロと雇われたならず者たちが虐殺に来るのだからたまりません。

身を守るために教会や施設に避難しているところを強襲し、次々住民たちを殺していきます。

政府にしてみれば、

殺せば殺すほど5000ドルを払う相手が減るんです

から、そりゃ殺しますよね。

島のギャングたちを率いるリーダーのドミトリは、謎の集団に襲われますが、これを撃退。

調べてみると傭兵だとわかり、政府が住民たちに殺し合いをさせようとしていると、コミュニティを守ることを決意します。

暗殺部隊がドミトリの恋人たちのいる建物に向っているのを知り、ドミトリは単身向かうことになるという展開。

プロの傭兵が充実した装備や攻撃ドローンまで使ってくるのでやられたりしますが、ギャングたちが無駄に強い。

特にドミトリに至っては、暗殺部隊の傭兵たちを独りずつ暗殺していくというのは、もはやなんなんだか。

後半のドミトリが単身行く辺りからは、パージでもなんでもないし、シリーズの補完として見る分には面白いかもしれませんが、単作だとパージの怖さは伝わらない気がします。

ここまで極端ではないにしても、似たような状況は起こり得る未来ではある作品でした。

オススメ度(10段階)……★★★★★★
(シリーズの補完としてのオススメ度。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめアクション映画
おすすめ推理映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


パージ:エクスペリメント ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]