推理映画」カテゴリーアーカイブ

【ダーク・スクール】


ダーク・スクール(字幕版)

実の父が他界した後に義父、母と暮らしているキットは、素行不良で高校を追われ、森の奥にある名門寄宿学校に入ることになる。

そこには彼女と似たような境遇の生徒たちが集まっており、皆学長に携帯電話を没収されて外部との連絡ができなかった。

キットは学校生活を送るうちに、奇妙な出来事に遭遇する。

シネマトゥデイより。

ゴシックホラー、サスペンス、ファンタジーと色々なジャンルにカテゴライズされてしまうくらい、

見た人の印象でカテゴライズされてしまう

作品。

個人的にはファンタジーホラーかなと思います。

素行不良で転校を余儀なくされたキットの転入先は、問題児でも才能を発揮できるようになるという寄宿学校『ダークウッド』。

学校の名前にダークをつけるとか、軽くイカレてます。

キティが到着すると、同じく転校してきた4人の女生徒と説明を受けるんですが、その学園長がユマ・サーマン。

いつものような危険な雰囲気ではなく、古い洋画に出てきそうな教育係の老婆みたいな雰囲気。

生徒は転校してきた5人だけで、校舎もただの洋館なので、学校というより、日本でいうフリースクールのような印象。

ちなみに国によってフリースクールの意味がまるで違っていて、無料とか、自由とかの意味合いが多いようです。

携帯電話は取り上げられ、外部との通信は月1回の電話だけですが、断崖絶壁に囲まれたりといった隔離された施設ではなく、いざとなったら町まですぐに行けるっぽい。

やがて、完全に反抗的なヴェロニカ以外は、才能を発揮し始めるんですが、様子がおかしい。

得意分野や、隠れた特技が引き上げられるならともかく、なんの脈絡もない才能を発揮。

キティにいたっては、知らない曲を演奏してしまい、困惑する始末。

異常な状況について、調べ始めたキティは学園の秘密を知るという展開。

起きていること自体は間違いなくホラーなんですが、映像や演出的にはまったく怖くない。

むしろ、誰も得をしない悲劇のような気がします。

システム的にありえませんが、被害者となる人物がいなければ、ファンタジーとか、【世にも奇妙な物語】系でもよかったかもしれません。

黒幕についても、偏執敵ではありますが、自分の野心とか利益のために行ってることではないですし。

ある意味、オーソドックスなゴシックホラーなんですが、多分昨今のホラーに慣れていると、記憶にも残らないかも。

クライマックスはちゃんと見せ場にはなっているんですが、そこすらもハラハラしないまま、淡々と進むので物足りないんじゃないでしょうか。

オススメ度(10段階)……★★★★★
(もしかしたら、レンタル&配信のみで、セル版ないかもしれません。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめホラー映画
おすすめ推理映画
おすすめファンタジー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


ダーク・スクール(字幕版)

【累 -かさね-】


累‐かさね‐ 通常版 DVD

伝説の女優の娘・淵累は卓越した演技力を持ちながら、自分の醜い外見にコンプレックスを抱いて生きてきた。

彼女の母親は、キスした相手と顔を取り替えることが可能な謎めいた口紅を娘にのこす。

一方、舞台女優の丹沢ニナは、容姿に恵まれながら芽が出ずにいた。

やがて二人は出会い反発し合いながらも、互いの短所を補うために口紅の力を使うことにする。

シネマトゥデイより。

松浦だるまの同名コミックを実写映画化した作品。

伝説の女優の娘でありながら、醜い容姿へのコンプレックスから深い演技力を秘めている累(かさね)。

それとは対照的に、美しい容姿を持ちながら、演技力皆無の丹沢ニナ。

ある目的のため、羽生田に引き合わされるふたり。

累は女優であった母親から特殊な口べきを贈られており、その口紅をしてキスをすることで、相手と顔を交換出来るというものだった。

ニナの顔で鬼気迫る演技をする累。

ふたりでひとりの丹沢ニナを演じることになるという展開。

口からこめかみへの醜い傷痕がなくなり、美しい顔を得た累は演技にのめり込んでいく。

しかし、その効力は12時間で切れてしまうため、それまでにリセットしなければならないという制約が。

ニナは名前と顔が売れていく反面、それは自分のものではなく、累に存在を奪われていくように感じ始める。

それは憧れていたひとりの男性演出家との出来事で爆発するのだが、ニナは隠していた病に倒れてしまうのだった。

伝説の女優だった母親同様、

演技に対する狂気的な執着

を見せていく累。

正直、見ていて感じるのが【ルームメイト】みたいという印象。

パクリとか、真似をしているという意味ではなく、恐怖の質として一緒という感じ。

特に周囲がだんだん累をニナ、ニナを累だと疑うことがないため、存在を奪われていく流れは、あっさりと描かれているものの、本当に怖いと思います。

ちょっと変わっているなと思ったのが、キスをして入れ代わるのが、あくまで顔だけであり、精神が入れ代わるわけじゃないという部分。

漫画としては面白いと思いますが、実写だと使いづらい表現があるので、ちょっともったいない気がします。

それぞれの思惑や、伝説の女優の秘密を絡めた狂気を描いた作品として、結構面白かったですね。

土屋太鳳の演技力は評価が二極化していますが、個人的には存在感は強かったと思います。

ちなみに原作とはクライマックスの流れが変わっていて、原作組の人たちは疑問に思うかもしれません。

ストーリーも映画では構成が変わっている為、展開がまるで違いますが、話が続いていて、14巻で衝撃の結末を迎えますので、気になる方はどうぞ。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★
(色々と説明不足だし、疑問も残りますが、映画単品で観たら充分に面白いと思います。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめ推理映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


累‐かさね‐ 通常版 DVD

【セブン・シスターズ】


セブン・シスターズ [Blu-ray]

近未来。人口の増加と飢饉によって深刻な食糧難となり、世界の国々は厳格な一人っ子政策を行っていた。

そんな状況下で、セットマン家の七つ子姉妹(ノオミ・ラパス)は、祖父によって各曜日の名前を付けられ、それぞれ週に1日ずつ外出し、共通の人格を演じることで当局の監視の目を逃れてきた。

ある日マンデーが帰宅しなかったことから、姉妹の日常は狂い始める。

シネマトゥデイより。

レンタルショップでジャケットを見た時は、てっきり7人の女スパイが特技を活かして活躍する映画かなと思い込んでました。

実際は、異常気象と人口爆発により食料不足になった世界で、遺伝子技術により食料不足は解消したものの、その副産物として多生児が生まれるという本末転倒な状況に。

結果、新たな人口抑制手段が必要になり、分配局という組織が生まれます。

分配局という名前から、てっきり多く生まれた子供を強制的に子供のいない家庭に振り分けるのかと思ったら、まったく違う方法でした。

それは、ふたり以上の子供が産まれた場合、ひとりを残して後はコールドスリープをして、未来に託すという先送りなシステム。

映画を観ていて違和感を感じるのが、多生児が生まれた段階でわかるはずなのに、何故かある程度の年齢になってからコールドスリープさせてるんですよね。

中国の一人っ子政策で生まれた黒孩子みたいな状況ではあるので、隠れ続けた結果かもしれませんが、赤ん坊の段階が多くなりそうなものですが。

また、作中の分配局は割と厳しく、リストバンドで住民を管理していたり、多生児は見つけ次第拘束して、コールドスリープしていってる様子。

主人公であるセットマン家の7姉妹も、多生児として生まれたものの、ひとりの人間として生活することで分配局の目を逃れています。

姉妹は月曜日から日曜日という名前をつけられていて、それぞれがつけられた名前の曜日だけ家を出て、情報を共有するという方法で生活するんですが、ひとりが行方不明になったことから崩壊していくという展開。

この作品の最大の売りが、ひとりの女優が7人の姉妹を演じていることなんですが、見分けがつくようになのか、

個性を出し過ぎていて、完全に別人。

女優の演技の幅という意味ではすごいと思うんですが、これ周囲は同一人物と思ってんのかというくらい別人。

自分がジャケットで勘違いした通り、得意なことも違うようです。

もっとも、運動能力が得意なひとりを除いて、基本的に特性というほどの能力はないただの人間なんですけどね。

そんな姉妹たちが知らない間に分配局の秘密に関わってしまい、追い詰められていくという展開は意外と面白かったです。

オススメ度(10段階)……★★★★★★
(さすがに7人姉妹は多過ぎるかも。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめSF映画
おすすめ推理映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


セブン・シスターズ [Blu-ray]

【不能犯】


「不能犯」BD豪華版 [Blu-ray]

大都会を舞台に立て続けに変死事件が起こり、その現場には決まっていつも黒のスーツを着た男の姿があった。

その男は宇相吹正(松坂桃李)で、“電話ボックスの男”とSNSで話題になっており、とある電話ボックスに殺人の依頼を貼るだけで必ず遂行されるとささやかれていた。

実際に標的は100パーセントの確率で、事故や自殺や病気によって命を落としており……。

シネマトゥデイより。

同名のコミックを白石晃士が監督したサスペンス。

とある電話ボックスに恨みを持った相手への殺人依頼をすると、謎の男が遂行してくれるというもの。

話だけ聞くと、【必殺仕事人】のようなものを想像しますが、そんな正義の味方ではありません。

相手が善人だろうと悪人だろうと、怨みを持たれていれば殺します。

また、場合によっては自分の都合で殺したりも。

もっとも、殺すと言っても、宇相吹正自身は物理的には手を下さず、言葉だけで相手を操り、自分で死なせるという手口。

いわゆる暗示や催眠といったマインドコントロールの類で殺しているので、現実には実行不可能なはずの犯罪のため、不能犯というわけですね。

ストーリーは殺人を続ける宇相吹と、それを止めようとする百々瀬麻子を軸に、いくつかの事件を描いていきます。

隣人と乱暴された妻の話は面白かったですが、あとは正直微妙でした。

つまらないというより、

なんか薄っぺらい。

原作のコミックスをほとんど読んでいないのでなんとも言えませんが、必要なことを詰め込むのに尺が足りないため、全体的に薄く感じるのかも。

ドラマ版もあるので、ある程度はそちらで描いて、映画ではストーリーに必要な展開だけ描いた方が逆にわかりやすかった気がします。

丁寧な作りだとは思うんですけどね。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★
(トータルすると面白いとは思うんですけどね。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめ推理映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


「不能犯」BD豪華版 [Blu-ray]

【オーシャンズ8】


オーシャンズ8 ブルーレイ&DVDセット (初回仕様/2枚組/ポストカード付) [Blu-ray]

仮出所したデビー・オーシャン(サンドラ・ブロック)は、服役中に考えていた犯罪計画を実行しようとする。

それは、ニューヨークで開催される世界最大規模のファッションの祭典メットガラに出席する女優ダフネ・クルーガー(アン・ハサウェイ)が身に着ける1億5,000万ドルの宝石を盗み出すというものだった。

デビーは旧知の仲のルー・ミラー(ケイト・ブランシェット)を相棒に、ハッカー、スリ、盗品ディーラーらを集めてチームを結成する。

シネマトゥデイより。

【オーシャンズ11】の主人公だったダニー・オーシャンの妹が仲間を集めて、女優が身に着けている宝石を盗むという作品。

本当に淡々と話が進んでいき、驚くようなトラブルも起きないので、毒にも薬にもならなかった印象。

女優陣も超豪華なようでいて、同じレベルの女優が集まってしまったせいで、平均化されてしまい、印象に残らない。

新しい技術と言っても、そんなに最新技術ではなかったし。

基本的にハラハラドキドキを楽しむ作品ではなく、

いかに計画的に盗むか

を楽しむ映画なんでしょうね。

ただ、リメイクとうたいながらも、過去のシリーズからの登場人物もいて、シリーズが好きだった人はニヤリとするかも。

特に新生『オーシャンズ』のひとりとして、イエンが登場するのは良かったですね。

カメオ出演の多さも話題だったので、探しながら観るのも楽しいかもしれません。

オススメ度(10段階)……★★★★★★
(淡々とし過ぎてて、派手さもないので勧めづらい。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめ推理映画
おすすめアクション映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


オーシャンズ8 ブルーレイ&DVDセット (初回仕様/2枚組/ポストカード付) [Blu-ray]