推理映画」カテゴリーアーカイブ

【ゲット・アウト】

ニューヨークで写真家として活動している黒人のクリス(ダニエル・カルーヤ)は、週末に恋人の白人女性ローズ(アリソン・ウィリアムズ)の実家に招かれる。

歓待を受けるが、黒人の使用人がいることに違和感を覚え、さらに庭を走り去る管理人や窓に映った自分を凝視する家政婦に驚かされる。

翌日、パーティーに出席した彼は白人ばかりの中で一人の黒人を見つける。

古風な格好をした彼を撮影すると、相手は鼻血を出しながら、すさまじい勢いでクリスに詰め寄り……。

シネマトゥデイより。

なかなか風刺の利いたホラーサスペンス。

黒人のクリスが白人の恋人ローズの家に招かれ、実家に挨拶に。この辺り、欧米って勝手に結婚するイメージですが、案外ちゃんとしてるんですね。

日本の方が昔はちゃんと挨拶してたけど、最近は挨拶すらまともにしない感じになってるようですが。

夫の親の面倒見ないのが当たり前、妻の親の面倒は見ろって家庭が増えてるらしく、ちょっとビビります。

そんなわけで挨拶にいくクリスでしたが、嫌悪される雰囲気ではなく、どちらかというと近所を挙げての歓待ムード。

ですが、安心というよりも、変な違和感を感じます。観ている方も違和感は感じるんですが、それがなんなのかはよくわかりません。

とにかく

何か気持ち悪い。

数少ない黒人を見つけたものの、やたら古いファッションで、フラッシュをたいて撮影をしたら鼻血を流して襲ってくる始末。

ジャケットの画像と序盤の展開で、ある登場人物がしてくるであろうことは想像つくんですが、その目的があんまりにもトンデモ思想なので意表をつかれました。

ただ、実際にクリスが真実に近づき、行動に移そうとするまでずっと不穏な空気が流れているだけなので、モヤモヤする人も少なくないと思います。

事態が動き始めたら一気なので面白いんですけどね。

もっとも、映画としては面白いんですが、人間不信になりそうです。

タイトルもよく考えられてますね。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★★
(後々他の映画と比較して再評価をしたら、上方修正するかも。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

blogramのブログランキング

《関連リンク》
おすすめ推理映画
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


ゲット・アウト ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]

【スリー・ビルボード】

ミズーリ州の田舎町。

7か月ほど前に娘を殺されたミルドレッド(フランシス・マクドーマンド)は、犯人を逮捕できない警察に苛立ち、警察を批判する3枚の広告看板を設置する。

彼女は、警察署長(ウディ・ハレルソン)を尊敬する彼の部下や町の人々に脅されても、決して屈しなかった。

やがて事態は思わぬ方へ動き始め……。

シネマトゥデイより。

クライムサスペンスっていう触れ込みだったけど、社会派サスペンスなのかなと思いながら視聴。

とにかく重い。

軽くネタバレになってしまいますが、ミルドレッドの娘はレイプされた上、焼き殺されるという残忍な方法で殺されています。

しかし、ほとんど人通りのない地域で、証拠も少なく、捜査は難航。

警察も署長は人格者で部下や住民に慕われているものの、部下は正義漢の集団というより、邦画に出てくる事件の起きない田舎の駐在を集めた感じ。

署長を慕っていて、やたらと攻撃的な警官ディクソンは、仕事よりも差別に励んでいる様子。

ミルドレッドの看板広告を請け負ったレッドにも脅したりします。

ミルドレッドの家庭も割とメチャクチャで、元刑事の夫は家では暴力を振るっていて、娘が殺される前に若い女と出ていったらしい。

その夫もミルドレッドが看板を出したことで、様子を見に来るようになるんですが、若い女を連れてきたり、暴れたり、嫌味を言ったりで。ただの嫌がらせです。

息子は息子で看板を立てたことでいじめを受けたり、姉の死の状況を知らなかったことでショックを受けたりしています。

実はミルドレッド自身、警察を責めて犯人を早く捕まえさせたいのには理由があったという状況。

警察VSミルドレッドというより、多少の味方はいますが、住民VSミルドレッドという感じでストーリーは進んでいきます。

そして、ほとんどの出来事がボタンの掛け違いで起こっていき、ひたすら登場人物が不幸になっていく始末。

本来なら蚊帳の外だったはずの広告会社のレッドが本当の意味の良心で、作品中の数少ない癒しだと思います。

サスペンス要素がないわけではないですが、かなり社会派ドラマよりですし、ラストは好みが分かれるところなので、推理系や犯罪ものが好きな人だとつまらないかもしれません。

映画としては、次々いろんなことが起こるので、面白いですけどね。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★
(演技は素晴らしいし、映画としては面白いですが、好みが分かれる作品。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

blogramのブログランキング

《関連リンク》
おすすめドラマ映画
おすすめ推理映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


スリー・ビルボード 2枚組ブルーレイ&DVD [Blu-ray]

【ジグソウ:ソウ・レガシー】

ある街で、おぞましい死体が次々と発見される。

その常軌を逸した状態から、かつてジグソウという名で多くの人間を死に追いやったジョン・クレイマーの存在が警察の捜査で浮かび上がる。

しかし、彼は十数年前にこの世を去っていた。

ジグソウに後継者がいたのか、彼に心酔する者による犯行なのかと、さまざまな推測が飛び交うが……。

シネマトゥデイより。

ソリッド・シチュエーションの名作【SAW ソウ】シリーズの最新作。

新章ということで、仕切り直した雰囲気です。まあ、基本やってることは一緒なんですけどね。

追い詰められた男が何かの装置を片手に刑事を呼び出して、装置のボタンを押したため、撃たれてしまうんですが、ゲームの始まりを示唆するところから始まります。

そして、場面が変わり、5人のバケツみたいな装置を被せられた男女。

基本的に全員まとめてのゲームで、なんか雑。

過去のシリーズは、ある例外を除き、ゲームの条件が何かを失うことで生命は助かるのが前提。

ただ、今回の作品は、ゲームに成功したのに死ぬケースがあるんですよね。

そこに違和感を感じるんですが、どことなく過去のシリーズ全部のエッセンスを抽出して、再構成したせいなのかとあんまり気にしないようにしました。

ところどころ雑に感じるところや、狙い過ぎて、過去作とネタ被りをしているせいである事実に気づいてしまう部分もありますが、よく練りこまれたシナリオになっていたと思います。

特に1作目同様、誰がジグソウの模倣犯、または後継者なのかがわからない展開が面白い。

10年前に死んだはずのジョン・クレイマーも登場するので、混乱する人が多いかもしれません。

登場人物の数人がジョンと関係のある人物なのもよかったですね。

地味にジョン本人や奥さん含め、血縁者も不幸な気がしますが。

もっとも、本作に限って言えば、5人のゲームはどうでもよく、ゲームを行っているジグソウの正体を探る推理ものとして楽しむことをオススメします。

R-15なので割とグロいため、グロ映像苦手な人は見ない方がいいと思います。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★★
(真相とラストのオチに気づいてしまうかどうかで面白さが激変する作品。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

blogramのブログランキング

《関連リンク》
おすすめ推理映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


ジグソウ:ソウ・レガシー Blu-ray

【エスケープ・ルーム】

タイラーの誕生日を祝うためレストランに集まった彼と友人たち。

タイラーの彼女クリステン、友人ナターシャとアンダーソン夫婦、妹タビーとその恋人コンラッドの6人に、招待状が手渡される。

そこには「ESCAPE ROOM」の文字が。それは自分の知性だけで謎を解き、密室から脱出するというゲームだった。

6人は目隠しをされてある部屋に閉じ込められる。

最初は楽しみながら謎を解いていく6人だったが、いつしかそれは、≪間違えると殺される≫命をかけた“脱出ゲーム”へと変貌していくが–!?

公式より。

オーソドックスなデスペナルティつきの脱出もの。

【SAW】と【CUBE】をミックスしたという感想が多いですが、個人的には【ホステル】と【ファイナル・デスティネーション】の方が近い気がします。

オープニングから、いきなり不条理な状況で死亡する青年と、難易度の高いナゾナゾで殺される人物からスタート。

ナゾナゾの方は、難易度が高いと言っても内容ではなく、制限が厳しいんですけどね。

本編に入り、タイラーの誕生パーティーを祝いにいくんですが、彼女のクリステンのプレゼントは『ESCAPE ROOM』のチケット。

ただ、パーティーに参加していたのは7人で、予約は6人だったため、ひとりは不参加で帰ります。

ネタバレしてしまいますが、伏線かと思ったら、本当に帰っただけでした。本当にズコーです。

結局、タイラー、クリステン、タイラーの妹タビーと、その恋人のコンラッド、ナターシャとアンダーソン夫婦が参加。

クリステン以外は目隠しで車移動。

現地に着くと、タビーとコンラッド、ナターシャとアンダーソン、タイラーの3組で別々の部屋に入れられてます。

何故かクリステンはいません。

コンラッドには貞操帯のようなもの、ナターシャとアンダーソンは手錠のようなものがつけられていて、それを外すところから始めないといけない様子。

コンラッドはお調子者のような印象ですが、意外と勘が良く、困る前に外すんですが、ナターシャとアンダーソンは無駄に険悪。

アンダーソンがいわゆる陰キャで頼りにならないので、この後もちょくちょく喧嘩しています。

前半は割と簡単というか、あっけないくらいにヒントをみつけ、次々とゲームを進めていき、5人が合流するに成功。

タビーとコンラッドは何も考えてないのか、ひたすらイチャイチャしているんですが、アンダーソン夫妻はずっと険悪。

どうやらナターシャはタイラーと不倫していたようで、合流したタイラーにやたらとちょっかいをかけてます。

ただ、タイラーはクリステンに結婚の意志を告げたせいもあるのか、それを拒絶。むしろ不快に思ってる様子。

ちなみにクリステンは裸で檻に閉じ込められていることがわかるんですが、タイラーはそれも演出だと思っています。

しかし、ヒントが途絶えたところで、殺人トラップが発動。

ただの脱出ゲームのはずが、突然、死のゲームへと変貌するという展開。

オープニングは無茶振りだけど、可能性が0ではないのでハラハラ感を楽しめるんですが、

成功しても死んでしまう

ため、意味がわかりません。

それぞれに秘密があってとか、得意分野で見せ場があるとかならもうちょっと印象が違ったのかもしれませんが、そういう感じでもないし。

唯一、ポンコツかと思われたアンダーソンだけが特別な知識を見せる場面があるくらい。

主催の主張は一応提示されますが、意味不明と感じた人が多いようです。

PCのブラウザでプレイできる密室からの脱出ゲームに慣れた人なら楽しめると思いますが、そうでないとよくわからないという感想の方が強いかも。

オススメ度(10段階)……★★★★★★
(コンラッドは本当にただのいい奴だったから、かわいそう過ぎる。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

blogramのブログランキング

《関連リンク》
おすすめ推理映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


エスケープ・ルーム(字幕版)

【氷菓】

神山高校に入学した折木奉太郎(山崎賢人)は、姉の指示で渋々廃部の危機にある古典部に入部する。

もともと必要最低限のことしかやらない“省エネ主義”の彼は、ここで誰よりも好奇心旺盛な千反田える(広瀬アリス)と知り合う。

さらに折木と中学校時代から付き合いがある福部里志と伊原摩耶花も入部してきて……。

シネマトゥデイより。

米澤穂信の【古典部】シリーズのうち、1作目である【氷菓】を実写化。

【古典部】シリーズは推理小説と言っても、学園群像劇でもあるので、殺人事件とかは一切起こりません。

どんだけ危険な学校なんだと言いたくなるような作品と違って、リアルな印象。

逆に言えば、殺人ミステリーに慣れた人だと物足りないかも。

とりあえず、主人公というか、推理を展開する折木奉太郎が高校生離れした思考力の持ち主なだけで、他の3人は正直何もしていません。

凄まじい好奇心の持ち主である千反田えるは、「わたし気になります」って言うだけだし、自分をデータベースという福部里志も見せ場ないし、伊原摩耶花は素人代表みたいな感じ。

奉太郎に関しては、現実だとこんな感じかもなと思うので、そんなに違和感ありません。

ただ、千反田は豪農で知られる名家の娘で、知性が高く、清楚で礼節をわきまえているけど、好奇心が高まると暴走するキャラクター。

でも、映画版ではかわいいけど、残念な子。知性を高く感じるシーンがないため、ただのトラブルメイカー。

福部にしても、必要な情報を提示するのがデータベースの役割だと思うんですが、それがないので特に知性を感じない。

そのくせ、「データベースは結論を出せないんだ」という自虐的ともとれるセリフが削られ、「奉太郎わかったね」というセリフをドヤ顔で言うため、印象が悪い。

また、福部を演じている岡山天音には申し訳ないですが、外見的にインテリっぽくないし、とても摩耶花が振られながらも好意を寄せ続けるような容姿に思えません。

その摩耶花自身は目立つエピソードまで届いてないので、比較のしようもないんですけどね。

自分は原作至上主義ではないですが、この実写版の映画は構成や演出がメチャクチャで、元々の作品の良さが何も伝わってきません。

多分、作品自体の良さを知るだけなら、京都アニメーション製作のTVアニメ版を見た方がいいでしょう。

実写版では削られたエピソードを含め、1話から5話で描かれているので、そちらの方がおすすめです。

OP、EDがあることを考えたら時間的にほとんど変わらないし。

というか、映画を楽しみたいなら、

先にアニメ版を見るのはオススメしません。

ネタバレ以前に、相対的に実写版が酷い出来に感じてしまうので。

逆に本作を観た後にアニメ版を見たら、全然違う印象を受けると思います。

監督、脚本の安里麻里の作品を何本か観てますが、決して酷い監督ではなく、どちらかというと無難なイメージ。

料理で例えると、普通の材料で普通の家庭料理を作ってみせるタイプ。

まずくはないけど、本当に普通で記憶に残らないんですよね。

オススメ度(10段階)……★★★★★
(過去の真相を変えたのはさすがにどうかと思ったけど、原作通りなんですかね。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

blogramのブログランキング

《関連リンク》
おすすめ推理映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


氷菓 DVD 通常版 [DVD]