推理映画」カテゴリーアーカイブ

【セブン・シスターズ】


セブン・シスターズ [Blu-ray]

近未来。人口の増加と飢饉によって深刻な食糧難となり、世界の国々は厳格な一人っ子政策を行っていた。

そんな状況下で、セットマン家の七つ子姉妹(ノオミ・ラパス)は、祖父によって各曜日の名前を付けられ、それぞれ週に1日ずつ外出し、共通の人格を演じることで当局の監視の目を逃れてきた。

ある日マンデーが帰宅しなかったことから、姉妹の日常は狂い始める。

シネマトゥデイより。

レンタルショップでジャケットを見た時は、てっきり7人の女スパイが特技を活かして活躍する映画かなと思い込んでました。

実際は、異常気象と人口爆発により食料不足になった世界で、遺伝子技術により食料不足は解消したものの、その副産物として多生児が生まれるという本末転倒な状況に。

結果、新たな人口抑制手段が必要になり、分配局という組織が生まれます。

分配局という名前から、てっきり多く生まれた子供を強制的に子供のいない家庭に振り分けるのかと思ったら、まったく違う方法でした。

それは、ふたり以上の子供が産まれた場合、ひとりを残して後はコールドスリープをして、未来に託すという先送りなシステム。

映画を観ていて違和感を感じるのが、多生児が生まれた段階でわかるはずなのに、何故かある程度の年齢になってからコールドスリープさせてるんですよね。

中国の一人っ子政策で生まれた黒孩子みたいな状況ではあるので、隠れ続けた結果かもしれませんが、赤ん坊の段階が多くなりそうなものですが。

また、作中の分配局は割と厳しく、リストバンドで住民を管理していたり、多生児は見つけ次第拘束して、コールドスリープしていってる様子。

主人公であるセットマン家の7姉妹も、多生児として生まれたものの、ひとりの人間として生活することで分配局の目を逃れています。

姉妹は月曜日から日曜日という名前をつけられていて、それぞれがつけられた名前の曜日だけ家を出て、情報を共有するという方法で生活するんですが、ひとりが行方不明になったことから崩壊していくという展開。

この作品の最大の売りが、ひとりの女優が7人の姉妹を演じていることなんですが、見分けがつくようになのか、

個性を出し過ぎていて、完全に別人。

女優の演技の幅という意味ではすごいと思うんですが、これ周囲は同一人物と思ってんのかというくらい別人。

自分がジャケットで勘違いした通り、得意なことも違うようです。

もっとも、運動能力が得意なひとりを除いて、基本的に特性というほどの能力はないただの人間なんですけどね。

そんな姉妹たちが知らない間に分配局の秘密に関わってしまい、追い詰められていくという展開は意外と面白かったです。

オススメ度(10段階)……★★★★★★
(さすがに7人姉妹は多過ぎるかも。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめSF映画
おすすめ推理映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


セブン・シスターズ [Blu-ray]

【不能犯】


「不能犯」BD豪華版 [Blu-ray]

大都会を舞台に立て続けに変死事件が起こり、その現場には決まっていつも黒のスーツを着た男の姿があった。

その男は宇相吹正(松坂桃李)で、“電話ボックスの男”とSNSで話題になっており、とある電話ボックスに殺人の依頼を貼るだけで必ず遂行されるとささやかれていた。

実際に標的は100パーセントの確率で、事故や自殺や病気によって命を落としており……。

シネマトゥデイより。

同名のコミックを白石晃士が監督したサスペンス。

とある電話ボックスに恨みを持った相手への殺人依頼をすると、謎の男が遂行してくれるというもの。

話だけ聞くと、【必殺仕事人】のようなものを想像しますが、そんな正義の味方ではありません。

相手が善人だろうと悪人だろうと、怨みを持たれていれば殺します。

また、場合によっては自分の都合で殺したりも。

もっとも、殺すと言っても、宇相吹正自身は物理的には手を下さず、言葉だけで相手を操り、自分で死なせるという手口。

いわゆる暗示や催眠といったマインドコントロールの類で殺しているので、現実には実行不可能なはずの犯罪のため、不能犯というわけですね。

ストーリーは殺人を続ける宇相吹と、それを止めようとする百々瀬麻子を軸に、いくつかの事件を描いていきます。

隣人と乱暴された妻の話は面白かったですが、あとは正直微妙でした。

つまらないというより、

なんか薄っぺらい。

原作のコミックスをほとんど読んでいないのでなんとも言えませんが、必要なことを詰め込むのに尺が足りないため、全体的に薄く感じるのかも。

ドラマ版もあるので、ある程度はそちらで描いて、映画ではストーリーに必要な展開だけ描いた方が逆にわかりやすかった気がします。

丁寧な作りだとは思うんですけどね。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★
(トータルすると面白いとは思うんですけどね。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめ推理映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


「不能犯」BD豪華版 [Blu-ray]

【オーシャンズ8】


オーシャンズ8 ブルーレイ&DVDセット (初回仕様/2枚組/ポストカード付) [Blu-ray]

仮出所したデビー・オーシャン(サンドラ・ブロック)は、服役中に考えていた犯罪計画を実行しようとする。

それは、ニューヨークで開催される世界最大規模のファッションの祭典メットガラに出席する女優ダフネ・クルーガー(アン・ハサウェイ)が身に着ける1億5,000万ドルの宝石を盗み出すというものだった。

デビーは旧知の仲のルー・ミラー(ケイト・ブランシェット)を相棒に、ハッカー、スリ、盗品ディーラーらを集めてチームを結成する。

シネマトゥデイより。

【オーシャンズ11】の主人公だったダニー・オーシャンの妹が仲間を集めて、女優が身に着けている宝石を盗むという作品。

本当に淡々と話が進んでいき、驚くようなトラブルも起きないので、毒にも薬にもならなかった印象。

女優陣も超豪華なようでいて、同じレベルの女優が集まってしまったせいで、平均化されてしまい、印象に残らない。

新しい技術と言っても、そんなに最新技術ではなかったし。

基本的にハラハラドキドキを楽しむ作品ではなく、

いかに計画的に盗むか

を楽しむ映画なんでしょうね。

ただ、リメイクとうたいながらも、過去のシリーズからの登場人物もいて、シリーズが好きだった人はニヤリとするかも。

特に新生『オーシャンズ』のひとりとして、イエンが登場するのは良かったですね。

カメオ出演の多さも話題だったので、探しながら観るのも楽しいかもしれません。

オススメ度(10段階)……★★★★★★
(淡々とし過ぎてて、派手さもないので勧めづらい。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめ推理映画
おすすめアクション映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


オーシャンズ8 ブルーレイ&DVDセット (初回仕様/2枚組/ポストカード付) [Blu-ray]

【サラリーマン・バトルロイヤル】


サラリーマン・バトル・ロワイアル (吹替版)

コロンビアにあるベルコ・インダストリーズ社。突如、閉じ込められた80人の従業員が、殺し合いを命じられる。

シネマトゥデイより。

amazonプライムで視聴した作品。

どうやら割と条件のいいらしい会社で働く80人もの従業員たち。

突然、シャッターが閉まり、扉が施錠され、屋上には出られるものの、実質巨大な密室に。

そして、謎の放送で最後のひとりになるまで殺し合いを命じられるんですが、事情が誰にもわかりません。

元軍人や犯罪者たちを集めたわけではなく、ごく普通のサラリーマン同士なので、普通なら殺しあう展開になるはずもなし。

ただ、事前に爆弾を仕込まれていて、制限時間以内にひとりになっていなかったり、ルールや警告に従わないと爆発させられるらしい。

もちろん、見せしめに数人死んでいるので、ブラフではありません。

それでも、指示通り殺しあう派と、助けを求める派等に分かれていき、

戦闘による殺し合いというよりは選別

という展開に。

まあ、元々一般人同士なので、無意味な残虐な殺し方や、バリエーションの多い殺し方はほとんどありません。

ほとんどの死因は運営による爆死、射殺、好戦的なグループによる射殺です。

それすら警備の名目なのか、運営が準備したとしか思えない大量の銃器が保管してあったからなので、それもなかったらもっと地味になっていたことでしょう。

ネットのレビューでは、映画の【バトル・ロワイヤル】の劣化版みたいな感想が少なくないですが、個人的には山田悠介の作品の方が近いかなという印象でした。

また、学生同士や見知らぬ相手同志だと単純に生き残り合戦になりますが、会社員同志だと直前までの上下関係や、相手への印象が影響するのが面白いですね。

正直、買ってまで見るかと言われたら迷いますが、動画配信や、テレビで観る分には満足できるんじゃないかと思います。

オススメ度(10段階)……★★★★
(ハードルは上げない方がいい。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめアクション映画
おすすめ推理映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


サラリーマン・バトル・ロワイアル (吹替版)

【祈りの幕が下りる時】


祈りの幕が下りる時 Blu-ray通常版

滋賀県に住む女性が東京都葛飾区で殺され、松宮(溝端淳平)ら警視庁捜査一課の刑事たちが担当するが、捜査は難航する。

やがて捜査線上に女性演出家・浅居博美(松嶋菜々子)の存在が浮かび上がり、近くで発見された焼死体との関連を疑う松宮は、その遺品に日本橋を囲む12の橋の名が記されていることを発見する。

そのことを知った加賀恭一郎(阿部寛)は心を乱し……。

シネマトゥデイより。

東野圭吾の【新参者】シリーズの完結作。

なぜ加賀恭一郎がキャリアを捨ててまで日本橋にこだわるのか、なぜ恭一郎の母が蒸発したのか等が明かされます。

今回の事件自体は、滋賀県に住む女性が東京で腐乱死体として発見され、腐乱死体があった部屋の住人越川睦夫は行方知れず。

同じ時期に起こった河川敷でのホームレス放火事件の被害者が越川ではないかと考えた松宮がDNA鑑定を依頼すると、結果は一致。

腐乱死体となっていた被害者押谷道子と越川の関係や、滋賀県に住む女性が何故東京にいたのかを調べると、演出家の浅居博美の存在が浮かび上がる。

松宮が聞き込みに訪れると、博美の部屋で見知った人物が映った写真が。

写真に映っていた加賀恭一郎は、博美の依頼で子供たちに剣道を教えたことがあり、面識があったらしい。

事件に興味を持った恭一郎は松宮に事件の詳細を聞いていて、越川の部屋にあったカレンダーの謎の単語の話を聞き、激しく動揺する。

月ごとに書かれたカレンダーの単語は日本橋にある橋の名前であり、蒸発して仙台で亡くなった恭一郎の母の部屋に残されていたメモ書きとまったく一緒だったからだ。

亡くなった母は綿部という原発作業員とつきあっていたはずであり、筆跡も同じ越川とは何者だったのか、何もかもが謎に包まれている。

恭一郎は本格的に捜査に参加し、事件を調べていくうちに、奇しくも父のこと、母のことを知っていくことになった。

そして、事件に隠された真実に気づくことになるという展開。

いままでのシリーズでは、凄まじい洞察力で真相を解き明かし、証拠を集めていくという展開が多いこのシリーズ。

本作では自身に関することなせいか、精彩を欠く印象。

普通の推理作品のように、証拠を集めてから推理をしていた気がします。

事件の真相自体もなかなか複雑で、ちゃんと理解しながら観ないと、誰が何をして、どういう事だったのかよくわからないということになりそうです。

肝となるネタバレになってしまうので書けませんが、家族の想いというか、絆について考えさせられる作品でした。

逆に言えば、

家族の想いや絆のようなものに希薄な人には理解ができない

作品かもしれません。

ラストは過去の作品に登場した人たちが出てきたりと、いかにもフィナーレにふさわしい作品でした。

オススメ度(10段階)……★
()

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめ推理映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


祈りの幕が下りる時 Blu-ray通常版