推理映画」カテゴリーアーカイブ

【祈りの幕が下りる時】


祈りの幕が下りる時 Blu-ray通常版

滋賀県に住む女性が東京都葛飾区で殺され、松宮(溝端淳平)ら警視庁捜査一課の刑事たちが担当するが、捜査は難航する。

やがて捜査線上に女性演出家・浅居博美(松嶋菜々子)の存在が浮かび上がり、近くで発見された焼死体との関連を疑う松宮は、その遺品に日本橋を囲む12の橋の名が記されていることを発見する。

そのことを知った加賀恭一郎(阿部寛)は心を乱し……。

シネマトゥデイより。

東野圭吾の【新参者】シリーズの完結作。

なぜ加賀恭一郎がキャリアを捨ててまで日本橋にこだわるのか、なぜ恭一郎の母が蒸発したのか等が明かされます。

今回の事件自体は、滋賀県に住む女性が東京で腐乱死体として発見され、腐乱死体があった部屋の住人越川睦夫は行方知れず。

同じ時期に起こった河川敷でのホームレス放火事件の被害者が越川ではないかと考えた松宮がDNA鑑定を依頼すると、結果は一致。

腐乱死体となっていた被害者押谷道子と越川の関係や、滋賀県に住む女性が何故東京にいたのかを調べると、演出家の浅居博美の存在が浮かび上がる。

松宮が聞き込みに訪れると、博美の部屋で見知った人物が映った写真が。

写真に映っていた加賀恭一郎は、博美の依頼で子供たちに剣道を教えたことがあり、面識があったらしい。

事件に興味を持った恭一郎は松宮に事件の詳細を聞いていて、越川の部屋にあったカレンダーの謎の単語の話を聞き、激しく動揺する。

月ごとに書かれたカレンダーの単語は日本橋にある橋の名前であり、蒸発して仙台で亡くなった恭一郎の母の部屋に残されていたメモ書きとまったく一緒だったからだ。

亡くなった母は綿部という原発作業員とつきあっていたはずであり、筆跡も同じ越川とは何者だったのか、何もかもが謎に包まれている。

恭一郎は本格的に捜査に参加し、事件を調べていくうちに、奇しくも父のこと、母のことを知っていくことになった。

そして、事件に隠された真実に気づくことになるという展開。

いままでのシリーズでは、凄まじい洞察力で真相を解き明かし、証拠を集めていくという展開が多いこのシリーズ。

本作では自身に関することなせいか、精彩を欠く印象。

普通の推理作品のように、証拠を集めてから推理をしていた気がします。

事件の真相自体もなかなか複雑で、ちゃんと理解しながら観ないと、誰が何をして、どういう事だったのかよくわからないということになりそうです。

肝となるネタバレになってしまうので書けませんが、家族の想いというか、絆について考えさせられる作品でした。

逆に言えば、

家族の想いや絆のようなものに希薄な人には理解ができない

作品かもしれません。

ラストは過去の作品に登場した人たちが出てきたりと、いかにもフィナーレにふさわしい作品でした。

オススメ度(10段階)……★
()

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめ推理映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


祈りの幕が下りる時 Blu-ray通常版

【ラプラスの魔女】


ラプラスの魔女 DVD 通常版

離れた場所で二つの死亡事件が連続して発生し、両方同じ自然現象の下での硫化水素中毒死だと判明。

さらに死亡した二人は知り合いであることがわかり、警察は地球化学の研究者である大学教授の青江(櫻井翔)に協力を依頼する。

青江は事件性はないと考え調査を進めていると、そこに円華(広瀬すず)という女性が現れ……。

シネマトゥデイより。

嵐の櫻井翔主演で、東野圭吾の小説を映画化したミステリー作品。

屋外の自然環境下で硫化水素中毒による死体が発見されるが、自然環境課ではありえない状況だった。

そのため、刑事の中岡は大学教授の青江に調査を依頼するが、事件性はないという結論に達する。

しかし、納得のいかない中岡が捜査を続けていると、同じような状況で再び硫化水素中毒による死体が発見された。

通常の方法ではありえず、そんな自然環境を利用した殺人など、人間ではあり得ない。

あるとすれば、神みたいなものだと否定しながらも、調査を続けていく青江。

その前に1件目の現場にも現れた女性円華が近づいてきて、行動をともにすることに。

自然環境すら予測しうる『ラプラスの悪魔』は存在するのかという展開。

観ていただけばわかるんですが、未来を見通す『ラプラス』については割と早く判明します。

ただ、犯人の本当の目的がよくわからないのと、人間関係のせいで後半まで悪い意味で展開が読めません。

何がすごいって、俳優の無駄遣いがはんぱない。

あらすじだけ読んだ感じだと玉木宏演じる中岡という刑事が青江と一緒に捜査してそうですが、ほぼ出てきません。

ご都合的に情報を流してくるのと、やけに殺人事件にしたがっていて、ミスリード用の人物かと思わせるレベル。

他にも大学の助手みたいのに志田未来とか、竜巻で飛んでいく檀れいとか。

広瀬すず演じる円華の護衛というかお目付け役にいたっては、高嶋政伸とTAOですよ。

重要な感じで、福士蒼汰、豊川悦司、リリー・フランキーなんて出てくるし。

これらの人たちがちょこっとずつ出てくるので、割と気が散ります。

でも、そんなことよりも何よりも、ずっと登場している

青江は何もしていない

という事実。ずっと考え込んでいるだけの語り部です。

青江を演じている桜井を貶めようとか、そんなことではなく、文字通り、何もしていません。

記憶に残っているのは、現場の確認、否定的に考え込む、ある機関へのツッコミ、車の運転くらい。

探偵役ではないせいもあるのか、積極的な事件の推理はしません。

研究者としての知識欲みたいのはあるようですが。

真相が明かされる推理ものとしてそれなりに楽しめるとは思いますが、事件や謎を推理している感じがしないので、人によっては推理ものと認められないかも。

空想上の犯罪としては面白いかな。

オススメ度(10段階)……★★★★★
(ダメな方の三池崇史作品。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめ推理映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


ラプラスの魔女 DVD 通常版

【SURVIVE/サヴァイブ】

若者たちが訪れた砂漠の街・ビクタービル。

そこでは少し前から不審な連続殺人が起きていた。

それを知らずに思い出を作ろうと、ハメを外して過ごす男女9人だったが…。

「キネマ旬報社」データベースより。

過疎化した砂漠の街ビクタービルに行くことになった若者たちが殺人鬼に襲われるというストーリー。

舞台の街が過疎化している理由が、何もない町だから維持できず、抵当として取り上げられていくからという物悲しい理由。

しかも、そんな地域で何件もの殺人事件が起きているのに、若者のひとりの家になったからと行くのも意味不明。

どうやら人間関係も面倒臭いご様子。

オープニングで、ベテラン刑事ベイリーとその部下が老婆の家に様子を伺いに行くと、老婆が殺されているのを発見。

部下も殺され、ベイリーも重傷を負い、新人のゲイツが殺人事件を捜査することに。

しかし、ベイリーも部下を殺されているため、命令を無視して独自に調べ始めるという展開。

ちなみにその老婆の家が若者のひとりの家です。

ショッキングなのは窓に吊るされたある人物の生首ぐらいで、あとは特に激しいシーンはありません。

というかほとんどの殺害シーンで、

何故か回想シーンに切り替わる

ので、人によっては死んだのかどうか、しばらくわからなかったりします。

たまにアクション映画で見せ場ごとに回想シーンが入る作品がありますが、サスペンスでこういう演出は観た記憶がありません。

ひとりふたりならありますが、ほぼ全員となると珍しい演出でしょう。

ただ、その演出が珍しいというだけで、殺人犯の手際があまりにも悪いのに、若者たちがあまりにも一方的にやられるので、面白さがよくわからない。

ハラハラもドキドキもしなければ、なんか死んだっていうくらいの感覚です。

当然、ジャケットのような緊迫感はありません。

後半になるにつれ、次の回想シーンを待っているだけの気分になっていたような気もしますし。

ちょっと変わった殺人鬼ものとしてはいいですが、普通にサスペンスを観たい人には勧められない作品でした。

オススメ度(10段階)……★★★★★
(つまらないわけではないですが、テンポが悪いのか、回想シーンのせいなのか、長く感じます。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめ推理映画
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


SURVIVE / サヴァイブ [DVD]

【ゲーム・ナイト】

マックスとアニーは週に一度、仲間同士で集まっては様々なゲームに興じている。

この夜はマックスの兄が企画した殺人ミステリーパーティーのはずだったが、待っていたのは予想の斜め上を行く展開だった。

シネマトゥデイより。

マックスとアニーは仲の良い夫婦だったが、子供が出来ないことに悩んでいた。

どうやら原因は兄のブルックスへのコンプレックスに起因するストレスらしい。

そんなブルックスがゲームの日にマックスの憧れである車シボレーで現われる。

隣人の警官ゲイリーは面倒なタイプな上、妻と別れて以来、なるべく関わらないようにしていたのに、ブルックスのせいで集まっていることがバレてしまう。

ゲーム中もマックスの過去を暴露したりして、ブルックスの言動はマックスとアニーをイラつかせるばかり。

来週のゲームでは負かしてやろうと思っていると、ブルックスが来週は自分の家でゲームをしようと提案をしてくる。

そのゲームは誰かが誘拐され、その人物を見つけたプレイヤーにシボレーをあげるというものだった。

参加者はホストのブルックス、マックスとアニー夫妻、ケヴィンとミシェル夫妻、ライアンと同僚のサラの7人。

やがてFBIを名乗る男がやってきて、状況を説明していると、覆面の男たちが乱入してきてFBIの男を倒すと、ブルックスを連れて行ってしまう。

6人はそれもゲームの一環だと思い、お菓子を食べながらのんびりと見送り、ゲームを開始。

どんな方法で探してもいいというルールなんですが、ヒントから正攻法で探しているのはケヴィンとミシェルだけ。

マックスとアニーは身も蓋もない方法で追跡、ライアンたちはそのマックスたちのあとをつけている様子。

実はブルックスを誘拐したのは彼が雇った俳優ではないんですが、そんなこととは知らないマックスたちは監禁場所に突入。

一旦はブルックスを救い出すことに成功するんですが、そこで事態を把握。

他の2組も違う理由で状況を把握します。

再び捕らわれたブルックスを救うため、様々な行動に移るんですが、

真相が二転三転していく

という展開。

印象としては、おとなしめの【ハングオーバー】と言った感じ。

【モンスター上司】に出ていたジェイソン・ベイトマンが主演なので、【モンスター上司】の方が近いかも。

その辺りのややブラックなくだらない感じのコメディが好きな人なら楽しめると思います。

マックスの妻アニーがレイチェル・マクアダムスなんですが、【アバウト・タイム?愛おしい時間について?】のイメージとは大違いでした。

にしても、頑ななまでのデンゼル・ワシントンネタはなんだったんだろう。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★
(エンドロールは最後までちゃんと見るべき。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめコメディ映画
おすすめ推理映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


ゲーム・ナイト(字幕版)

【ゲット・アウト】

ニューヨークで写真家として活動している黒人のクリス(ダニエル・カルーヤ)は、週末に恋人の白人女性ローズ(アリソン・ウィリアムズ)の実家に招かれる。

歓待を受けるが、黒人の使用人がいることに違和感を覚え、さらに庭を走り去る管理人や窓に映った自分を凝視する家政婦に驚かされる。

翌日、パーティーに出席した彼は白人ばかりの中で一人の黒人を見つける。

古風な格好をした彼を撮影すると、相手は鼻血を出しながら、すさまじい勢いでクリスに詰め寄り……。

シネマトゥデイより。

なかなか風刺の利いたホラーサスペンス。

黒人のクリスが白人の恋人ローズの家に招かれ、実家に挨拶に。この辺り、欧米って勝手に結婚するイメージですが、案外ちゃんとしてるんですね。

日本の方が昔はちゃんと挨拶してたけど、最近は挨拶すらまともにしない感じになってるようですが。

夫の親の面倒見ないのが当たり前、妻の親の面倒は見ろって家庭が増えてるらしく、ちょっとビビります。

そんなわけで挨拶にいくクリスでしたが、嫌悪される雰囲気ではなく、どちらかというと近所を挙げての歓待ムード。

ですが、安心というよりも、変な違和感を感じます。観ている方も違和感は感じるんですが、それがなんなのかはよくわかりません。

とにかく

何か気持ち悪い。

数少ない黒人を見つけたものの、やたら古いファッションで、フラッシュをたいて撮影をしたら鼻血を流して襲ってくる始末。

ジャケットの画像と序盤の展開で、ある登場人物がしてくるであろうことは想像つくんですが、その目的があんまりにもトンデモ思想なので意表をつかれました。

ただ、実際にクリスが真実に近づき、行動に移そうとするまでずっと不穏な空気が流れているだけなので、モヤモヤする人も少なくないと思います。

事態が動き始めたら一気なので面白いんですけどね。

もっとも、映画としては面白いんですが、人間不信になりそうです。

タイトルもよく考えられてますね。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★★
(後々他の映画と比較して再評価をしたら、上方修正するかも。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめ推理映画
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


ゲット・アウト ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]