推理映画」カテゴリーアーカイブ

【ブラック・クランズマン】


ブラック・クランズマン [Blu-ray]

アメリカ・コロラド州コロラドスプリングスの警察署に、初の黒人刑事として採用されたロン・ストールワース(ジョン・デヴィッド・ワシントン)は、捜査のために電話で白人至上主義団体KKK(クー・クラックス・クラン)のメンバー募集に応募する。

黒人であることを隠して差別発言をまくし立てた彼は、入会のための面接に進み、彼の代わりに白人の同僚刑事フリップ・ジマーマン(アダム・ドライヴァー)が面接に向かう。

シネマトゥデイより。

いまだ黒人差別が根強く残るアメリカで、黒人が刑事として採用され、偶然から差別団体である白人至上主義団体KKKに潜入する作戦を進めるストーリー。

予告の段階から気になっていたんですが、てっきり【ビバリーヒルズ・コップ】みたいに口先だけでなんとかするコメディなのかと思ってました。

ただ、その時点で外見が黒人なんだから口先だけでどうするにもならないはずだよなという疑問が。

実際に見てみたら、思った以上に真面目な話。

これくらい真面目だと事実を基にと言われても納得しますね。

黒人が権利を求めてブラック・パワーを掲げてる一方、それをよく思わない白人がアメリカファーストやホワイトパワーを提唱し、対立しています。

そんな中、情報課に配属された黒人初の刑事ストールワースは、新聞で見つけたKKKの募集に白人の振りをして応募。

黒人やユダヤ人への差別を熱弁したことでKKKの支部長に気に入られたストールワースはメンバーに会うことに。

ストールワースは潜入を望みますが、当然ながら黒人のストールワースに潜入できるわけがありません。

そのため、ストールワース、フリップ、もうひとり白人のおっさん刑事でチームを組み、ストールワースが電話担当、フリップが潜入担当の

ふたりでひとりの潜入計画

を進めることに。

一見なんとかなりそうな計画ですが、実はフリップもユダヤ系だし、バレたら白人だとしても危険な作戦です。

会うことになっているグループのリーダーは穏健派ですが、実際の実力者はフェリックスという男で、妻のコニーともどもかなりの差別主義者。

何かにつけて、フリップを疑ってくるので、なかなか厄介な人物。

そして、どんどん加熱していく黒人たちの活動と、白人たちの差別意識。

ストールワースは以前潜入しようとした講演会で知り合った黒人学生連合の代表であるパトリスと親密になり、正体を隠したまま危険を伝えようとします。

やがて、フェリックスはある計画を実行に移すことを知り、ストールワースたちが奔走するという展開。

何度もバレそうになり、やられるんじゃないかとハラハラするのがおもしろい。

どうせやられないんでしょと思うかもしれませんが、その状況からどうやって助かるのがが想像できないから結構ドキドキします。

また、ストールワースとKKKの支部長との電話のやりとりは、個人的にはかなり笑えました。

ラストのネタにも使われるくらいなので、作品としても自信がある部分なんでしょうね。

あと、厳しいなと思っていた上司が意外といい人なのも良かったですね。

ちなみにいまさらですが、この黒人刑事のストールワースを演じているジョン・デヴィッド・ワシントン。

名前からも察すると思いますが、デンゼル・ワシントンの長男です。

相棒であるフリップは、【スターウォーズ】でカイロ・レンを演じたアダム・ドライバーでした。

基本一緒に行動はしませんが、バディムービー好きでも楽しめる作品。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★★★

(刑事ものですが、アクションは薄いので、推理系好きにおすすめ。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめ推理映画
おすすめコメディ映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


ブラック・クランズマン [Blu-ray]

【ソウル・コンタクト】

幼いころ両親を亡くした少女”カティア”には「霊」と会話することができる特殊な能力が備わっていた。

霊たちの思いを成就させ、生計を立てていたカティアのもとに、ある日、姉である”ラリッサ”が訪ねてくる。

霊能力を信じていないラリッサはカティアがおかしくなってしまったのではと心配していたのだ。

しかし、とあることから二人は口論となり、ラリッサはカティアの家から出て行ってしまう。

だが家の中からは、出て行ったはずのラリッサの悲鳴が…。

気が付いたときラリッサは消え、とある館の風景がフラッシュバックのようにカティアの頭をよぎる。

刑事「アントン」に容疑者と疑われ追われることになるカティアだが、フラッシュバックで見えた光景を手掛かりに、消えた姉を探すため調査をはじめる。

しかしたどり着いた館にはラリッサではなく別の女性たちの遺体が…。

ラリッサは生きているのか?なぜ不思議なことがカティアの周りで起き続けるのか?

カティアは霊たちと共に姉の生死を確かめるため、再び館へと赴く…

GEOオンラインより。

誰かが良い作品と言っていた気がしたので、借りてみた作品。

結論から言うと、

難解な表現が続いて意味がわからない

作品でした。

ストーリー自体は、霊が見え、会話ができる女性カティアが、突然消えた姉を探すというもの。

オープニングは男が子供の前で自殺し、カティアがそれを覗いているシーンから始まり、これから何が起きるんだろうと期待をそそります。

ただ、そこからは大筋のストーリーはわかるものの、なにがどうなったのかや、演出が難解過ぎてよくわかりません。

カティアの双子の姉であるラリッサが訪れ、亡くなった両親のことで揉めた結果、家を出るんですが、その直後に家の中から悲鳴が。

何故か部屋が血の海で、ラリッサは壁に叩き続けられ、カティアが目を覚ました時には姿がなくなっていた。

警察に通報したものの、オオカミ少年よろしく、わけのわからないことを言ってる薬物中毒者かアル中扱い。

刑事が両親が亡くなっていることを知っていて、むしろ同情されるというオプション付きです。

ただ、そこから先は映像のつながりがよくわからなかったり、情報量が多過ぎて、なんだかよくわからないまま進行。

どうやらオープニングで覗いていた屋敷が関係しているっぽいんですが、色々と起こる割にラリッサは見つかりません。

そして、クライマックスに突然色々な事実が判明するんですが、解決したんだかしてないんだかわからないふんわりした感じで終わります。

その後、カティアと一緒に行動している3人の霊のうち、母親に会いたいと言っていた男が成仏するんですが、なんか突然ファンタジーな雰囲気に。

結局、自分が見ていたのはサスペンスなんだか、ホラーなんだか、ファンタジーなんだかよくわからなくなる作品でした。

オススメ度(10段階)……★★★★
(自分に合わないだけで、人によっては楽しめるかもしれない。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめ推理映画
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ

【KILLERS/キラーズ】


KILLERS/キラーズ(字幕版)

生活感をまったく感じさせない部屋に女を連れ込んでは殺害し、その様子を余すところなく撮影する野村(北村一輝)。

一方、ジャカルタで政治の腐敗や不正を人々に知らしめようと奮闘するフリージャーリストのバユ(オカ・アンタラ)は、動画サイトにアップされていた殺人映像を目にする。

目を覆いたくなるほどむごいものだが、目を向けずにはいられない美しさを誇る、その映像に魅了され、彼は殺人に手を染めるように。東京とジャカルタ、遠く離れた場所に暮らす彼らだったが、次第にその距離を近づけていく。

シネマトゥデイより。

親の遺産を引き継ぎ、日本で女性を撮影しながら殺す野村。

ジャカルタで権力者を追い掛けた結果、罠にはめられ、妻子と別居することになったジャーナリストのバユ。

妻子と別れて暮らすようになってから、怪しい動画サイトで殺人動画を見るのがしゅみになっていたバユ。

ある日、強盗に襲われ、抵抗した結果、強盗たちを殺したバユは、その動画をサイトにアップしてみた。

すると、メッセージが届き、相手の正体もわからないまま、ビデオチャットをするようになる。

バユを同類と思い、殺りくの世界に引きずりこもうと野村。

バユは、権力者の仲間を襲いにいきますが、相手のクズ振りに殺害。

調子に乗って権力者を殺そうとしますが、適当な計画なので、その場にいたのは権力者の息子。

権力者の息子はおいしい汁を吸っているとはいえ、実際に悪事は働いていない様子。

しかし、聞き覚えがある声だと気づかれ殺害します。

それによって罪悪感にさいなまれたバユは、妻とやり直そうと決心。

野村は野村で、女手ひとつで弟を育てる花屋の久恵に興味を持つ。

実は野村はシスコンで、実の姉に好意を抱いていたが、姉はすでに死んでいるという過去を持っています。

しかし、野村はサイコパスなので、いじめられている久恵の弟に対抗手段として、スタンガンを渡す始末。

当然、問題になり、怒り心頭で野村宅を訪れますが、ちょうど売春婦のみどりの撮影をしていたため、トラブルが起こります。

秘密がバレた野村は、ケリをつけるため、ジャカルタへという展開。

正直言って、

北村の狂った演技が最高

というだけの映画でした。

本当にそれ以上の感想は特にありません。

逆にインドネシアまでいく必要あったのかが疑問なくらいです。

制作総指揮が【ザ・レイド】の監督だったギャレス・エヴァンスだから、それでなんでしょうけど。

実際、ストーリーは意味がわからない部分が多いし、殺人動画も魅了されるような美しさなんてかけらもありません。

ひたすら野村の一見普通の人間のようだけど、思考ベクトルが明らかにおかしい言動を楽しむのが正解なんでしょう。

個人的にはみどりを拉致する際に職務質問を受けるシーンは面白かったですが。

劇場公開はR18だったのに、メディアはR15になっているようですが、どこか変わってるんですかね。

オススメ度(10段階)……★★★★
(アクション色強いかと思いましたが、それほどでもなかったです)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめ推理映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


KILLERS/キラーズ(字幕版)

【バイオ・エスケープ‐生存率0.1%‐】

突然“感染者”として封じ込められたマンションの住人の恐怖を描いたスリラー。

ある朝マークは、窓の外に助けを求めるマンションの住人たちの姿を見る。

外へのドアは封鎖され、外には防護服を着た得体のしれない科学者たちが住人達を”感染者”として次々と隔離していた。

何も情報がないまま封鎖は続き、ついにはマークたちの部屋にも科学者たちが迫る。

公式より。

妻との裁判に寝坊したマークが家を出る準備をしようとすると、電機や水が止められている。

団地の別の棟の住人が何かを訴えているが、よくわからない。

しかも、玄関を出ようとしたところ、何かで塞がれて開かないようにされていた。

わけのわからないまま閉じ込められたマークは、壁越しに隣人の老女イーニッドに話しかけてみるが、彼女も同じ状況らしい。

団地の外では防護服を着た集団がテントを張り、住民たちに事態に対応中というアナウンスを流していた。

状況がつかめないでいるマークの部屋の壁が壊され、セルゲイという男と、セルゲイの幼い弟のニク、看護師のサリーと、その夫の英断が現われる。、

マークとセルゲイたちは、さらにイーニッドとも合流し、状況を確認することに。

どうやら外にいる防護服の集団は軍隊で、何らかのウイルスが感染拡大していて、住民は団地の敷地に隔離されているらしいことがわかる。

そして、住民たちをテントに連れていき、検査をしているようだが、逃げようとした住民が狙撃されて殺されるのが見えた。

マークたちは何とか外に出る方法を模索する中、通風孔から下の階に降りたニクが防護服の人間に捕まってしまう。

弟を助けにいったセルゲイが、隊員のひとりを殺し、もうひとりの隊員を捕まえてきたことで事態が悪化するという展開。

軍隊が追い詰めてくるという展開ではないので、緊張感のある雰囲気ではなく、割とのんびりした雰囲気が続きます。

現実として、

軍隊よりも感染した住民たちの方が脅威

で、パニックになっているため、かなり攻撃的。

ちなみにゾンビウイルスにやられたとかではなく、発症すると死ぬというウイルスなので、別にウイルスのせいで攻撃的なわけではありません。

しかも、自分や家族の生命がかかっているので、セルゲイに捕まった隊員のヘーゼルの言葉も、都合が悪いことは信じないという質の悪さ。

敷地から出ようとすれば屋上から狙撃され、籠城しても追い詰められた住民たちに襲われるという完全に前門の虎後門の狼な状況です。

と状況は面白いんですが、緊張感がないので、イベントは起こるものの、面白いと感じません。

決して展開的に酷いということはないんですけどね。

セルゲイのやたらと感情的なキャラクターとか、割といい味出してると思ったし、イーニッドの良いおばあさん振りも良かったし。

実際国によっては本作のような状況になったら、似たような状況になりかねないのは、現実で発生しているウイルスで実感していますしね。

映画なんだし、もうちょっと緊迫感というか、主人公たちに余裕のない展開の方が楽しめた気がする作品でした。

オススメ度(10段階)……★★★★★★
(ウイルス感染ものとしては、そんなに悪くないはず。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめ推理映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ

【KRISTY クリスティ】


KRISTY クリスティ(字幕版)

感謝祭シーズン。

友人たちが続々と実家へ帰省する中、帰るお金がなく大学の学生寮に残ると決めたジャスティン。

彼氏のアーロンも帰省し、一緒に過ごすはずだったルームメイトも急用で実家に帰ってしまったため、彼女は寮内にたった1人で生活することに。

ある日、夜中にスーパーへ向かう…

シネマトゥデイより。

あらすじとジャケットで、スーパーで何か起きるのかと思ったら、普通に学生寮で殺人グループに襲われる話。

オープニングは女性が追いかけられて、殺されたと思ったら、行方不明のニュース。

友人たちが帰っていく中、恋人のアーロンも帰省。

アーロンに家に誘われたものの、彼の母親に嫌われているとわかっているため、辞退。

残るはずだったルームメイトも帰省してしまい、代わりに高級車を貸してくれます。

大学には門番と警備員、メンテナンス係の3人とジャスティンだけとなり、彼女は借りた高級車でスーパーに。

そこでサングラスを値切っている女と遭遇し、自分が払うと言うと、施しは受けないと断られる。

そして、クリスティを見つけたと謎の言葉を残し、去っていくんですが、それが恐怖の始まりという展開。

その後、その女を含めた仮面の男たちがジャスティンを狙って大学の寮に来るんですが、警備員はあっさり殺されるは、門番も死んでるはで役に立ってません。

プロの殺し屋でもないたった4人組にあっさりやられるくらいなので、元々セキュリティなんてないようなものなんでしょう。

メンテナンス係のスコットに至ってはクスリでハイになってる始末。

ショットガンで威嚇をするも、犬ともどもやられます。

まあ、ジャスティンの連れてきた連中のせいで殺されているので、巻き添えで死んだ3人と犬はちょっとかわいそうですね。

結局、助けがいなくなったところでショッキングな出来事があり、ジャスティン一念発起の反撃に出ます。

4人のカルトグループより

ジャスティンの方がサイコパス

としか思えない勢い。

むしろ、手慣れ過ぎてて怖いです。

そんな襲われてからの反撃というオーソドックスな展開なんですが、画面が暗過ぎて2/3くらい何をしているのかよくわかりませんでした。

夜の出来事なので、確かに暗い方がリアルなんですけど、何が起こっているかわからない洋画って意外と多い気がします。

オチ含め、ちょっとモヤモヤする作品でした。

オススメ度(10段階)……★★★
(さすがに色々と、もうちょっとなんとかなったんじゃないかと思う。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめホラー映画
おすすめ推理映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


KRISTY クリスティ(字幕版)