SF映画」カテゴリーアーカイブ

【テラフォーマーズ】

21世紀、地球では猛烈な人口増加が起き、人類は火星への移住を計画する。

まずはコケと古来から地球に生息するある生物を火星へと送り込み、地球化への道を探る。

500年後、移住計画の最終段階としてその生物の駆除のため火星に15人の隊員が派遣されるが、小町小吉(伊藤英明)以外は高額の報酬が目当てで……。

シネマトゥデイより。

【このマンガがすごい!】の男性部門1位に輝いたこともある青年コミックを実写映画化した作品。

公開当時、【超映画批評】で100点中5点を叩き出し、【超映画批評】の著者である前田有一のツイートも話題になりました。

観てない人たちにまでゴミ映画呼ばわりされた作品なんですが、ある条件下のもとならそこまで酷くないかなと思います。

その条件は『原作を読んでいるけど、こだわりはない』、『子供向け特撮が好き』。

この2つに当てはまらないと、楽しめないと思います。

『子供向け特撮が好き』というのは言うまでもなく、最近のMARVEL作品に慣れていると、苦笑いするレベルの映像。

原作通りに映像化するのが難しいのか、豪華なキャストに資金を使い過ぎて、そちらに資金が回らなかったのか、別の理由なのかはわかりません。

ただ、映像化するのが難しいという点については、雨宮慶太作品はすごいことを考えると技術的な問題ではない気がします。

キャラクターデザインがかなりダサく改悪されていて、特に変態は原作からかけ離れていて、何これレベル。。

とはいえ、

子供向け特撮だったらこれくらいがちょうどいいんじゃないか

とも思います。

ですが、致命的なのは『原作を読んでいるけど、こだわりはない』という部分。

原作では乗組員がいろんな国から派遣されていて、それがストーリー展開に影響を与えます。

原作では次のグループが再来するんですが、そこでは完全に代理戦争化するほどなんですけどね。

また、原作では活躍するか、死ぬかする前にキャラクターの掘り下げが描かれるんですが、その辺りもかなり適当な感じ。

小栗旬演じる本田博士のキャラクターがすごく寒くなっているあたりも、三池崇史の悪い部分が出ていました。

三池崇史って原作を改変すると、変なパロディみたいになるので向いてないような気がします。

他にもわけのわからない改変や省略を行っているため、原作を読んでいないと意味がわかりません。

かと言って、原作を読んで面白いと思った場合、映画がかなり酷い出来に感じると思うので、こだわりがあると耐えられないでしょう。

キャストに関しても、伊藤英明と小池栄子のファンくらいしか満足できないかも。

そう考えると、SFアクションファンより、子供向け特撮好き向けの作品ですね。

オススメ度(10段階)……★★★
(ターゲットにする層と、実際の作品のミスマッチが爆死の原因。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

blogramのブログランキング

《関連リンク》
おすすめアクション映画
おすすめSF映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


テラフォーマーズ(初回仕様) [Blu-ray]

【エイリアン:コヴェナント】

宇宙移住計画を遂行するため、コールドスリープ中の男女2,000人を乗せた宇宙船コヴェナント号は、植民地の惑星に向かって宇宙を航行する。

最新型アンドロイドのウォルター(マイケル・ファスベンダー)が船の管理を任されていたが、途中で事故が発生。

乗組員たちは必死で修復作業に取り組み……。

シネマトゥデイより。

この記事は一部、ネタバレを含みます。

【エイリアン】シリーズの元凶を描いた【プロメテウス】の続編。3部作の2作目にあたります。

【プロメテウス】の時代から15年後、宇宙への移住計画のため、航行していた『コヴェナント号』のストーリー。

アクシデントによる事故で船長を失い、新しい船長のもと、謎の通信の発信源である星に移住先を変更する『コヴェナント号』。

ちなみにこの死ぬだけの船長は、クレジットないみたいですが、ジェームズ・フランコだったりします。

その調査のため、降り立った乗組員たちは朽ち果てた宇宙船と、『プロメテウス号』の生き残りだったエリザベス・ショウの痕跡を見つけます。

その過程で、二手に分かれた調査隊それぞれのメンバーのひとりに黒い胞子がとりつき、寄生する。

体調を崩したレドワードとともにカリンは着陸船に戻るが、明らかに様子のおかしいレドワードを見て、ファリスは未知の感染症を疑って隔離するが、結果的に船もろとも爆死。

もう一方の新船長オラムたちの方でもハレットから怪物が現われ、乗組員たちに襲いかかります。

ダニエルズをかばったアンドロイドのウォルターの腕を破壊した怪物を相手に、犠牲を出しながらも戦っているところへ閃光弾が打ち上げられ、怪物は逃亡。

現われたのはウォルターと瓜二つのアンドロイドで、エリザベス・ショウ同様『プロメテウス号』の生き残りだったという展開。

もうしょっぱなからデヴィッドにきな臭い感じしかしないのと、ウォルターと同じ顔というのが厳しい。

特に同じ俳優なのでしょうがないんですが、デヴィッドとウォルターが区別がつかないため、よく見えないシーンだとどっちの言動かわかりづらいんですよね。

それと登場人物たちの夫婦を含めたカップリングの多さ。宇宙飛行士は生存本能を高めるため、夫婦で同一ミッションには参加させないという話を聞いたことがあるため、違和感を感じたんですが、移住だから問題ないんでしょうね。

でも、そのカップリングが別々に行動するため、相関図が把握しづらくなってます。○○で死んだのが誰々の夫で、地上で××してるのが誰々の奥さんだったのかみたいな。

先にそういう描写がないので死んだ後に、そうだったのかと理解する感じです。

ただ、そういった部分を除けば比較的面白い。比較的というのは【プロメテウス】ですらあったエイリアンたちの数の暴力がないのと、【プロメテウス】を観ていないと意味がわからないため。

実際に登場したエイリアンは5体程度で、シリーズ中でも最少の部類。少ないとダメということはないですが、やはり派手さに欠けました。

また、【プロメテウス】を観ていないと、エリザベス・ショウとデヴィッドの関係がわからず、アンドロイドですが、デヴィッドの人となりが理解できないでしょう。

特にデヴィッドの人となりは本作の彼の行動に大きな影響を与えているので、そこを踏まえないとわけがわからない駄作にしか感じないかもしれません。

本作を見ただけでも、彼のこだわりは理解できなくもないですが。

個人的な推測ですが、

【プロメテウス】から始まった3部作のテーマは、『創造』

なんだと思います。人間やエイリアンを作ったエンジニアをはじめ、創造主になりたいという願望を描いている気がします。

すでにタイトルも仮ではありますが決まっている【アウェイクン】では、【プロメテウス】と【エイリアン コヴェナント】の間の出来事が描かれるそうなので、その辺りの経過が描かれるのかも。

個人的に理解できなかったのが、黒い胞子によってエンジニアたちが滅びるんですが、何故か黒い死体というか、像みたいになってます。

【プロメテウス】を見た限りでは、エンジニアからは成長できないとは考えづらいので、大都市レベルの施設にいたエンジニアが滅んだら、大量のエイリアンがいるはずなんですけどね。

乗組員から産まれたの以外いない理由がわかりませんでした。

そういえば、ネットでは黒い胞子が生物を感知してとりつけるのがわからないという意見が散見するみたいですが、個人的には黒い胞子はナノマシンだという印象。

よくエイリアンの成体は機械っぽいと言われるのと合わせて、元々生物兵器として作られたことを考えると、ナノマシンだというのがしっくりくるかなと。

相手の細胞を解析して、変異することも機械だから出来るのかなと思うんですよね。

兵器だから植物には寄生しないという風にもとれるし。

作品自体はオーソドックスな展開なので驚きの展開というほどのことはありませんが、【プロメテウス】を観た上で、映画館で観た方が面白い映画でした。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★
(登場人物の把握が苦手な人には合わないかも。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

blogramのブログランキング

《関連リンク》
おすすめSF映画
おすすめホラー映画
おすすめアクション映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


『エイリアン:コヴェナント』映画前売券(一般券)(ムビチケEメール送付タイプ)

【スーサイド・スクワッド】

世界崩壊の危機が到来。

政府は、最強のスナイパーであるデッドショット(ウィル・スミス)や、ジョーカー(ジャレッド・レトー)に夢中のハーレイ・クイン(マーゴット・ロビー)ら、服役中の悪党たちによる特殊部隊“スーサイド・スクワッド”を結成する。

命令に背いた者、任務に失敗した者には、自爆装置が作動するという状況で、寄せ集めの悪党たちが戦いに挑む。

シネマトゥデイより。

アメコミのDCコミックの悪役(ヴィラン)たちを主役に据えた映画。

すごく単純に書くと、毒をもって毒を制すで、メタヒューマン対策に犯罪者を使えばいいというバカ理論で作られた特殊部隊。

それを考案した政府の高官が魔女の女神の制御に失敗。

人質になっちゃったから助けに来いという見事なまでのマッチポンプ展開。

ぶっちゃけた話、見せ場と見せ場をつなぐためにストーリーがあるようなものなので、ストーリー主体な作品が好きな人には超駄作。

逆にヴィランたちのアクションシーンが見られればいい人にはおすすめな作品。

海外ではかなり否定的な意見が多かったようですが、この辺り、日本のマンガ原作の実写映画に対する反応に近いような気がします。

あと、日本だと戦隊ものとか、魔法少女もので小さい頃に触れているので受け入れやすいというのがあるのかも。

子供の頃にそういう作品に触れてこなかった大人が見たら、陳腐に見えるのかもしれません。

また、この作品に登場するハーレイ・クイーンというキャラは、本当に良いキャラをしています。

【バットマン】に出てくるヴィランのジョーカーの恋人で、元々穏やかな女医だったのが、完全にサイコパスです。

20代半ばから後半くらいだと思うんですが、ツインテールに派手なTシャツ、木製バットというイカレた恰好なのに、すごくかわいい。

公開前、着替えるシーンがエロティックだと騒がれてましたが、実はこのハーレイ・クイーンを演じたマーゴット・ロビー、別の作品で脱いでます。

【ウルフ・オブ・ウォ-ルストリート】でおしげもなく、オッパイをさらけ出してるんですよね。

さすがに本作ではさらけ出してないですが、それでも主役のはずのデッドショットや、フラッグ大佐よりも存在感を示しています。

というより、見終わってよく考えると、ヴィラによるアクション映画ではなく、フラッグ大佐の恋人を救う話でもなく、

ハーレイ・クイーンとジョーカーのラブストーリー

だった気がします。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★
(すべてはハーレイ・クイーンにつきます)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

blogramのブログランキング

《関連リンク》
おすすめアクション映画
おすすめSF映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


スーサイド・スクワッド エクステンデッド・エディション ブルーレイセット(初回仕様/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]

【バイオハザード ザ・ファイナル】

アリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)は、レッドクイーンから48時間後に人類が滅びると告げられる。

そして、宿敵アンブレラ社が放った膨大な数のアンデッドが地上を占領。

アリスはラクーンシティに戻って、生還したクレアやコバルトらと合流し、アンブレラ社の心臓部であるハイブを潰そうとするが……。

シネマトゥデイより。

【バイオハザード】シリーズ完結となる本作。

アリスやレッド・クイーンの正体や、アンブレラ社の目的が明かされます。

前作のラストでファンタジー世界みたいになってしまいましたが、世界は完全にゾンビやクリーチャーが支配している状態。

アリスも脱出した仲間たちと一緒にいるかと思ったら、また一人旅をしていました。

怪物に襲われ、建物に入ったアリスの前にレッドクイーンが出現。

現在、人類は4000人程度になっていて、48時間後にはゾンビたちがシェルターを襲い、人類は絶滅すると告げてきます。

そこまで減ったら文明の維持なんて出来なさそうなものですが、散布用ワクチンを使えば、T-ウイルスに感染した生物は死亡するため、人類を救えるらしい。

ワクチンはハイブにあり、原点回帰とばかりに1作目の舞台となったハイブへと向かいます。

アンブレラに追われながらも、ハイブに近づいたアリスは砦のようになっている高層ビル群でクレアと再会。

アンブレラとゾンビ群と戦った後、そのグループを仕切っていたドクたちとハイブに向かうことに。

このグループの中にローラがいるんですが、必要なキャラだったかは微妙な感じ。あっさり死んじゃうし。

日本製のゲームが原作なので、サービスみたいなものかなという印象でした。

ローラの方もいつものおバカキャラではなく、普通に演技していたので、全然気にならなかったです。

クリーチャーやトラップで仲間たちを失いながらもハイブを進むアリスたち。

1作目の大変さはなんだったんだろうという感じであっさりたどり着きます。

いつものビームによる防衛システムも健在ですが、建物自体はわりとボロくなってました。

ウェスカーや、すべての元凶であるアイザックス博士との決着というか、落としどころは不満な人も多いようですが、案外納得できるんじゃないかと思います。

【バイオハザード3】に登場したアイザックスがクローンだったとかいうのは、後付けにしか思えませんけどね。

自分はシリーズを通して観ているので、

シリーズを補完しつつ、結末を見る

という楽しさがありますが、この作品だけを初見で見たらわけがわからないし、つまらないかもしれません。まともなバトルアクション少ないし。

観るならシリーズを観てからをおすすめします。

オススメ度(10段階)……★★★★★
(シリーズの結末としては面白いけど、この作品だけ観ると、最終回だけ見るようなもの。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

blogramのブログランキング

《関連リンク》
おすすめSF映画
おすすめホラー映画
おすすめアクション映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


バイオハザード:ザ・ファイナル (初回生産限定) [Blu-ray]

【ハンガー・ゲーム FINAL: レボリューション】

独裁国家パネムを統治しているスノー大統領(ドナルド・サザーランド)との最終決戦に臨むカットニス(ジェニファー・ローレンス)をはじめとする第13地区の反乱軍。

ついにスノー大統領暗殺作戦が発動され、カットニスは、ゲイル(リアム・ヘムズワース)、フィニック(サム・クラフリン)、ピータ(ジョシュ・ハッチャーソン)と実行に乗り出す。

だが、スノー大統領は彼らの動きを察知しており、迎撃を展開していく。

彼らは、無数の敵からの攻撃や死のトラップにさらされ……。

シネマトゥデイより。

独裁国家によるサバイバルゲームの生き残りが革命の象徴として扱われ、反旗を翻した人々とともに戦うシリーズの完結作となる4作目というか、3作目の後編。

続編がつまらなくなるという作品はよくありますが、飽きられたわけではないのに最終作だけ尻すぼみになるというのも珍しい。

というのも、このファイナルは【ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス】と、本作【ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション】での実質前後編。

一般的な作品で

クライマックスの戦いの部分だけが描かれている

ような状況。

前編となる前作はターニングポイントになっているので、内容が割と詰まっていました。

ただ、本作はキャピトルに潜入して暗殺をしようとするだけなので、さすがに冗長。

しかも、洗脳されたピータを連れての行動な上、表向きは違う作戦なので、仲間も精鋭ではありません。

これが精鋭とか、独特なキャラクターだったり、カットニスと苦楽を共にしてきた仲間たちで、傷つきながらの総力戦とかだったら印象も変わっていたかもしれないですけどね。

基本的にカットニス含め、いろんな人がいろんな人に振り回されているだけで、結局戦いはキャピトルVS第13地区みたいな展開。

これなら前後編みたいな分割にしないで、無理やり詰め込むか、多少上映時間を伸ばした方がましだった気がします。

真相が語られた時点で最後の展開は読めるんですが、事情を知らない群衆がその出来事をおかしいと思わないのかも理解不能。

新しい要素であるミュットという怪物たち含め、説明不足過ぎて、映画しか見ていない人たちに楽しめるんですかね。

とりあえず、きれいにまとまっていることは否定しない。

オススメ度(10段階)……★★★★★
(結局、カットニスとはなんだったのか)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

blogramのブログランキング

《関連リンク》
おすすめアクション映画
おすすめSF映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション [SPE BEST] [Blu-ray]