SF映画」カテゴリーアーカイブ

【パラサイト・クリーチャーズ】


パラサイト・クリーチャーズ(字幕版)

研究者と共にアルプス山脈で気象調査を行っている観測基地の管理人ヤネク。

ある日、観測機器故障のため山深くに向かった彼らは、氷河の一角が紅く染まっているのを発見する。

しかし変異した氷河の調査を開始した矢先、狂犬病に感染したらしきキツネに愛犬が襲われてしまう。

治療のため基地に戻ったヤネク達だが、突如彼らに未知の生命体が襲いかかる。

何とか生命体を撃退するも、ほどなくして紅く染まった氷河を分析した研究者の口から驚愕の事実が告げられる。

彼らを襲う生命体の正体とは! ?果たしてヤネク達は生き延びることができるのか! ?

公式より。

進化する寄生生物もの。

観測基地の管理人と研究者たちのグループと、視察にくる大臣たちが巻き込まれる展開です。

本来なら気象の調査をする基地なので、大臣たちを普通に歓迎してやり過ごすつもりだった研究者たち。

しかし、ヤネクが発見した赤い氷河の話を聞き、研究者の女性ビルデが大興奮。

すぐサンプルをと言い出しますが、おかしなものがいるのは間違いないから、明日にするようになだめられます。

そもそも、ヤネクは愛犬がやられているので、心配でたまりません。

翌日、赤い氷河は忽然と消えていて、ビルデは文句を垂れますが、とりあえずサンプルを採取。

立ちションをしていたヤコブは毛の生えたダンゴムシのようなものに襲われますが、撃退します。

調べた結果、どうやら寄生した生物が体内でDNAを取り込んでは合成、成長しているらしいことが判明。

毛の生えたダンゴムシは、キツネがダンゴムシを食べたためにできたものってことに。

ヤネクは大臣のガイドをしている元恋人のタニアに理由をごまかして、来ないように忠告。

しかし、狂犬病のキツネがいるなんて理由で大臣たちを返せません。

結局、観測基地に向かうんですが、その途中、女性を追っかけてきた非行型の合成生物に襲われ、護衛が死亡。

他の人の感想を読んでみても、この女性がなぜここにいるのかわかりません。

記者の男性がはぐれますが、迎えにきたヤネクとともに、なんとか観測基地にたどりつきます。

謎の女性は怪我しているし、周囲には怪物のような生物がいるので、助けを呼ぼうにも衛星電話がないと電波が届かない。

大臣に寄生生物のことを隠ぺいしたい研究者たちは衛星電話を隠そうと、ビルデと男性研究者のファルクが山小屋に。

寄生生物に襲われるんですが、バカな理由でビルデが死亡。

ファルクが観測基地に帰ってきますが、肝心の衛星電話を持っているビルデのため、ヤネクとタニア、ファルクが探しに行くという展開。

アイデア自体は面白いし、テンポも溜めがないとも言えますが、次々と展開していくので、飽きるってことはないと思います。

ただ、予算の都合もあるんでしょうけど、キモとなるはずの寄生生物のパターンが少ないのがもったいない。

せめて2桁くらいは出して欲しかったところ。

ただ、後半の虫に襲われるくだりは面白かったと思います。

あとの特筆すべき点としては、リアルなのかもしれませんが、出演陣の年齢の高さ。

主人公のヤネクをはじめ、おっさん、おばさんばっかりです。

若いかなと思ったのは、おばさん大臣に同行してる記録係の女性くらい。

もう少しキャストが若ければ、アクション要素が増えたのかも。

もっとも、もしこの作品がアクション映画だったら、

主役は間違いなくおばさん大臣

ですけどね。

むしろ、見てもらえばわかると思いますが、おばさん大臣が有能過ぎて、ヤネクよりも主人公っぽいというか、ヒーローっぽい言動が多かったりしますし。

いまだかつて、バナナを食べながら泣く女性が出てきたSFを見たことがありませんが、その女性に食べるか泣くかどっちかにするようにキレる人物なんて想像もしませんでした。

ちょっと、【進撃の巨人】の芋女のくだりを彷彿とさせます。

全体的には、現状だとB級にも満たない劣化版と言うしかないですが、雪山版【遊星からの物体X】になれた可能性を感じた作品でした。

オススメ度(10段階)……★★★★★
(B級映画好きにはオススメしたい作品ですが、一般向けとなると難しいので間をとって。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめSF映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


パラサイト・クリーチャーズ(字幕版)

【ラプチャー -破裂-】


ラプチャー -破裂-(字幕版)

クモが嫌いなシングルマザーのレネーは、知らない男たちに拉致され不気味な隔離施設に連れていかれる。

そこで目を覚ました彼女は、被験者が最も嫌う物を与え続けるという異様な人体実験の被験者にされてしまう。

拘束されて体を動かすことができない中で、執拗(しつよう)なクモ責めを受けるレネー。

恐怖と絶望のうちに、彼女の肉体は思わぬ変化を見せ始め……。

シネマトゥデイより。

あらすじが結構ネタバレしてるので、ほとんど書くことがない作品。

言葉通り、蜘蛛が死ぬほど苦手なシングルマザーが拉致され、強制的に蜘蛛への恐怖を与えられる話。

一応、なぜそんなことをされるのかは作品中で語られますが、目的と手段のギャップが激しいです。

実験自体は大規模に行われている割に、施設は何かの廃研究所みたいなところで、セキュリティも雑。

廃工場と書くのが普通なんでしょうが、小さい部屋が多いので、工場っぽくはないんですよね。

拘束されたレネーは、持っていた工具であっさり抜け出し、当たり前のようにダクトへ侵入。

ダクト内を移動しまくると、他の部屋でも実験という名の嫌がらせが行われている様子。

途中で見えた駐車場にはたくさんの車が停まっていて、実験の規模の大きさを示してました。

その割にはスタッフは6人くらいしかいないようですが。

一度屋上には出られたものの、外に逃げることが出来ず、バレそうになって自分が拘束されていた部屋に戻ります。

ただのシングルマザーのくせに、スパイのようにダクトに入ったり、さんざん動き回ったのに、元いた部屋にすぐ戻れるとか芸達者過ぎ。

そして、バレないようになんでしょうけど、再び自分を拘束して情報収集しようとするんですが、女性スタッフの変化に驚くハメに。

なんとか逃げ出すんですが、結局捕まり、彼らの目的を聞かされるという展開。

というか、あらすじ部分を補足する感じで書いたら、あとは身体の変化と後日譚となるラストしかないようなものなんですけどね。

正直な感想としては、

内容に対して、時間が長い。

ただ、冗長という感じではなく、内容が薄い印象。

オススメ度(10段階)……★★★
(ジャンルとしては、SFホラーですが、あんまり恐怖は感じません。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめSF映画
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


ラプチャー -破裂-(字幕版)

【ワールズ・エンド/酔っぱらいが世界を救う!】


ワールズ・エンド/酔っぱらいが世界を救う! [DVD]

ひと晩に5人で12軒のハシゴ酒という学生時代に達成できなかった挑戦にリベンジすべく、故郷であるイギリス郊外の街ニュートン・ヘイヴンに戻ってきた中年男性たち。

終点となる12軒目のパブ、ワールズ・エンドを目指して、ひたすら飲みまくっては大騒ぎする彼らだったが、どこか街の住民たちの様子がおかしいことに気付く。

やがて、住民が何者かによって操られていることが判明。

目を光らせて青い血を流す彼らに追い掛けられながらも、五人はハシゴ酒を成し遂げようと逃げては飲んでを繰り返していく。

シネマトゥデイより。

サイモン・ペグとニック・フロストのいつものやつ

という感じのSFコメディ。

高校卒業時に達成できなかった12軒のパブで1杯ずつ飲んではしごするというチャレンジ。

当時はイケてたゲイリー・キングも、20年経ち、完全に落ちぶれていた。

4人の仲間たちは、それなりの生活を送っていたが、ほぼ無理やりという感じでつきあわされます。

そして、5人で故郷のニュートン・ヘイヴンに着くんですが、20年も経っているので、すっかり街の様子は変わっていました。

それでもパブは残っているようなので、挑戦を強行。

はしご酒からどうやったらSFにシフトするのかと思っていたら、トイレでからんだ青年とトラブルに。

喧嘩をしたら首がもげちゃいました。

もげたと言っても血が噴き出すとかではなく、昔の人形みたいにとれちゃう感じ。

トイレが長いと仲間たちが様子を見に来たため、ゲイリーが説明していると、青年の仲間がやってきて大乱闘。

人形みたいな青年たちが弱いのか、おっさんたちが意外と強いのか、割と圧勝。

でも、トイレはメチャクチャです。

こんな乱闘があっても、店内は誰も気にしている様子がなく、次の店へ。

明らかにおかしい状況なのに、挑戦を続けるとか神経太いですね。

とはいえ、様子がおかしいため、別のパブで会った昔の知り合いに話を聞くと、どうも町は何かに支配されているらしい。

支配されているとは言っても、奴隷みたいな目にあっているわけではなく、共存しているとのこと。

ただ、そう話した住民は指示を受けて、どこかへ行ってしまいます。

普通なら町から出るところですが、ゲイリーは挑戦を続けることにこだわり、追われながらも挑戦を続けることに。

中盤位までは、相手も必死に追いかけてくることもないんですが、たまに思い出したように襲ってくるという展開。

途中、オリヴァーの妹で、過去の挑戦では途中でゲイリーとヤッているサムが加わって、相手と戦ったりも。

そのバトルシーンが昔のカンフー映画みたいなのと、相手の特性をいかした演出が結構面白い。

また、何故か昔の知り合いが若い姿で現れて、明らかに罠なのにのっちゃう展開とかも、くだらなくて良かったですね。

挑戦が終了に近づくにつれ、ゲイリーたちを追う相手の追跡が苛烈に。

見ている間は、挑戦が進むことに何の問題があるのかわかりませんが、そういうことだったのかとわかります。

結局、ある理由で異星人がニュートン・ヘイヴンにいて、事情を説明するんですが、サイモン・ペグとニック・フロストのいつものやつなので、お察しの展開に。

ちなみにこのネットワークと呼ばれる異星人の声、オリジナル音声はビル・ナイです。

バトルシーンを除けば、このネットワークとのやりとりが見どころでした。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★
(なんか見覚えあるなと思ったら、ガイ・シェパードという役で、ピアース・ブロスナンが出てました。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめコメディ映画
おすすめSF映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


ワールズ・エンド/酔っぱらいが世界を救う! [DVD]

【ジオストーム】


ジオストーム [Blu-ray]

天候を意のままにできる宇宙ステーションが開発された近未来、

地球は未曾有の自然災害に襲われることがなくなる。

ところが運用開始から2年後、宇宙ステーションがウイルス感染して暴走し各地で異常気象を引き起こしてしまう。巨大災害が同時多発的に起きる地球壊滅災害“ジオストーム”の発生を防ぐため、宇宙ステーションの開発者ジェイク(ジェラルド・バトラー)と彼の弟マックス(ジム・スタージェス)が立ち上がる。

シネマトゥデイより。

ビーチから逃げようとする人々が凍り付く予告編が印象的だった作品。

てっきり、無理やり機構操作してきたツケを払わされるSFパニックものとか、機械が反逆したSFなのかと思っていたら、

予想外のSFサスペンス

でした。

環境破壊が進み、宇宙ステーションICSSを中心とした気象をコントロールする衛星群で、ダッチボーイと名付けられたネットワークによって難を逃れた世界。

現在はアメリカが主導権を握っているが、2年の期限が来るため。管理を国連に移すことになっていた。

そのタイミングでアフガニスタンが村民ごと凍結し、その原因として衛星の不具合が疑われる。

責任を逃れたいアメリカは隠ぺいしようとするが、システムの総責任者のマックスの抗議により、調査のため、ICSSにひとり送ることに。

そして、国務長官のデッカムの提案でマックスの兄であるジェイクがステーションに向かう任務を与えられる。

しかし、ジェイクは3年前、上司の承認なしに災害を防いだ件で査問会にかけられた際、議長を罵倒してシステム総責任者の座を更迭されたマックスの兄。

ジェラルド・バトラー演じるジェイクが宇宙ステーションに着き、調査を始めるんですが、アフガニスタンを管轄する衛星のハードディスクをコピーしたエンジニアが死亡。

香港でも起きた異常気象のデータを調べようとするも、事故が起きてデータが失われていた。

別ルートからアフガニスタンのデータを入手しようとして、事故によって死にかけるジェイク。

スパイがいることを疑い、データを入手したことを隠してデータを調べると、ウイルスが発見される。

しかし、システムからウイルスを除去するにはシステムの再起動が必要で、その再起動にはアメリカ大統領の生体認証が必要だった。

ジェイクは無事システムを復旧し、地球を襲う大災害ジオストームを防ぐことが出来るのかという展開。

基本的にジェイクが宇宙ステーションで調査、マックスが地球でサポートという感じで話が進みます。

サスペンスとしては適当に済ませるのかなと思いましたが、意外と黒幕がわかりません。

宣伝は頑張ってましたが、メジャー大作ではないので、誰でも選択肢に入ります。

さすがにいきなり出てきて、私が黒幕だなんてパターンではないですが。

見どころとしては、予告でも前面に出していた世界各地で起こる災害シーン。

ビーチが凍ったり、大地が割れ、ビルが倒壊する香港を車で逃げるシーンとか、ドバイを襲う津波とか、本当に面白いです。

ちなみに日本には巨大なヒョウが降り注ぐ事態に。

CG丸出しという感想もあるかもしれませんが、災害に襲われるパニックアクションを現実に撮れるはずないので、言ってもしょうがありません。

映像美として楽しみましょう。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★
(理屈にこだわる人には合わないかもしれない。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめSF映画
おすすめ推理映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


ジオストーム [Blu-ray]

【ショック・ウェーブ】


ショック・ウェーブ [DVD]

ハワイへ飛行中の政府チャーター機が、嵐の太平洋上で消息を絶つ。

そのジャンボ機には、米軍が開発した戦闘用ロボット“ショック・ウェーブ”のプロトタイプが2台、極秘で積まれていた。

通常の爆弾では破壊不可能な、コバルト合金製のボディ。

最新火器を搭載し、人工知能で動くこのロボットは世界の軍事バランスを一変させるハイテク兵器だった。

そのロボットが自我に目覚めた時、人類に対して無差別殺戮を開始した…。

「Oricon」データベースより。

軍が作った殺りく兵器が暴走して、主人公たちに襲い掛かるので、なんとかするという

アメリカB級映画のいつものやつ。

B級映画にもB級映画の面白さってあると思うんですが、特に見どころという感じはなし。

ちなみに・なしの【ショックウェーブ】という作品とは別物です。

そんなわけで、今回はネタバレありです。

オープニングで軍人と研究者みたいのがいい感じだったので、全員死ぬのが予想外だったから期待したんですけどね。

てっきり研究者らしい女性はいきなり死ぬとは思いませんでした。

ちなみに殺りくロボットのフォルムは、こういう作品には珍しく、ほぼジャケット通りでした。

武装はアームと射出するカッター、ビームくらいで、学習するAI搭載とはいえ、こんなんで軍事バランス崩れるなんて疑問です。

ところ変わって飛行機の中。

オープニングのロボットを回収して輸送中、起動してしまい、飛行機の中で殺りくを始めます。

どうやって回収したのか謎でたまりません。

止める方法がないとか言ってた割に、博士っぽいおっさんが停止装置をとりに行くと言って、当たり前のように倒されるというコントを見るハメに。

政府のチャーター機なのに、普通に乗ってる一般人みたいな連中はなんなんですかね?

結局、回収して運んでいた殺戮ロボット2体は飛行機もろとも無人島に落下。

その無人島にローク達強盗の3人と逃亡を助けたパイロットのジャック、軍の任務を受けたタニ―達精鋭5人と博士っぽいおっさんの娘スーザンがそれぞれ到着。

ロークたちは精鋭部隊と遭遇し、合流するんですが、殺りくロボットに襲われ、強盗のひとりが死亡。

精鋭たちも殺りくロボットと戦うんですが、任務でやってきてるのにロボットの性能を聞いてないような戦い振り。

通常兵器が効かないのに、何故かアサルトライフルを乱射するばかり。

頼みの綱で、ロボットの回路をショートさせることが出来る銃を撃ちまくるも、効果のある場所に当たらない。

案の定、その頼みの綱も破壊され、精鋭のはずの兵士も3人死亡で手詰まりに。

飛行機内同様全滅かと思ったら、何故かロボットは無視して去っていきます。

ロークと仲間のティファニー、ジャック、合流した精鋭部隊の生き残りふたりとスーザンで、ヘリを探すために殺りくロボットを負うことに。

その途中でロークがやられ、ヘリを見つけた際にティファニー死亡。

あるものを目撃したティファニーがやられるんですが、完全にスーザンのせいという疫病神振りでした。

ここまででバリアーは攻撃時に解除されるので、攻撃の瞬間ならあるパーツを壊せばいいことがわかります。

残り1体になったどさくさで誰も突っ込みませんが、情報小出しにし過ぎで仲間が死んでいるんじゃないでしょうか。

通常兵器で倒す方法がわかったところで囮作戦発動。

精鋭ふたりが囮になるから、狙撃が得意そうなジャックが撃つことになるんですが、囮がジャックとロボットの射線上にいないといけないのに気を引くのに夢中。

ここでまた精鋭が死に、残りはジャックと精鋭の隊長、スーザンのみ。

精鋭からミッションを成功させないと、ロボットもろともミサイルで島ごと焼かれるので、最後の作戦に出るという展開。

もう全編ツッコミを入れるくらいしか書くことがないです。

あえて最後まで書かないのは、結末ぐらいは見る人用にとっておこうかと。

ケーブルテレビかネットレンタルくらいしか見る方法なさそうですけどね。

オススメ度(10段階)……★★
(B級映画マニアとか、昭和のSF好きなら好きかもしれない。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめSF映画
おすすめアクション映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


ショック・ウェーブ [DVD]