感想」カテゴリーアーカイブ

【家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。】


家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。

家に帰ってきたサラリーマンのじゅん(安田顕)は、玄関で血を出して倒れている妻ちえ(榮倉奈々)の姿を目にして驚く。

だが、血はケチャップで彼女は死んだふりをしているだけだった。

驚く夫を見てほくそ笑むちえ。

それを境に彼女は、ワニに食われたり、銃で撃たれたり、頭に矢が突き刺さったりと、さまざまなシチュエーションで死んだふりをするように。

あきれるじゅんだったが、理由も言わずに奇怪な行動を続けるちえに対して不安を覚える。

やがて、それらが彼女の発する何かのサインではないかと考えるが……。

シネマトゥデイより。

元々はYahoo!知恵袋への投稿から始まった話で、家に帰ると妻が死んだふりをしているんだけど、妻の意図がわからないという夫の話。

個人的にはボーカロイドの初音ミクに歌わせた楽曲を見て、まとめサイトで読んだ記憶がありました。

それを10年くらい経って、なんで実写化? とも思ったんですが、アマゾンプライムにあったのでなんとなく視聴。

サラリーマンのじゅんが家に帰ると、妻のちえが血を流して死んでいます。

慌てて近づいて、救急車を呼ぼうとしたところでネタばらし。

いまやったら、実際にそういう事件があるのでシャレになりません。

その後も、ワニに食べられてたり、矢が刺さってたりと様々な死に方をしています。

当時インパクトの強かったマンボウはなかったと思いますが。

同僚に相談するも、どうせわからないんだから適当に流せ的なことを言われます。

しかし、じゅんは何とか理解しようと、色々と悩み抜くんですね。

元々、じゅんは再婚で、なぜ前妻が3年目に離婚を切り出したのかがわからないまま。

同じ思いをしたくないため、ちえとは3年目に、結婚を持続できるかふたりの気持ちを確かめ合おうという条件を出していました。

その3年目が近づき、死んだふりは何かのメッセージなのかと考えても、思いつきもしません。、

直接ちえに尋ねてみても、「月がきれいですね」とか、はぐらかされるばかりです。

その後、ちえが働き始めたクリーニング屋の老店主や、同僚夫婦等さまざまな夫婦の形に触れていくという展開。

映画なのでしょうがない部分ではあるんですが、元ネタが元ネタだけに後半のシリアス展開はどうなんだろうなって感じました

元ネタを知らない人にとってはコメディからのシリアスはごく当たり前の構成だと思うんですが、

元ネタを知っている人たちにはそうじゃない感

があるような。

もっとも、それ以前に元ネタを知らない人で、安田顕や榮倉奈々のファンじゃない人たちって見るのかなって。

純粋にラブコメと思って見たら、前半の死んだふりのシュールさは面白いし、後半の純愛とも言えるラブストーリー、様々な人たちの夫婦観の描写とか良い作品なんですけどね。

あと、クライマックスにどういうことだったのか説明をしているんですが、あんまり見た人たちには伝わらなかった様子。

回りくどいし、前フリがないとわからないような無茶振りでしたし。

一番疑問なのは、ネットで質問したことでブレイクしたのに、全然そんな描写がないことでしたけどね。

その辺が【電車男】とは違うかなって印象でした。

オススメ度(10段階)……★★★★★★
(元ネタ知らない方が楽しめるのかも。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめコメディ映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。

【ファイト・クラブ】


ファイト・クラブ [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

空虚な生活を送るヤング・エグゼクティブのジャックは、謎の男テイラーに導かれるまま、謎の秘密組織「ファイト・クラブ」のメンバーになる。

そこは鍛え抜かれた男達が己の拳のみを武器に闘いを繰り広げる、壮絶で危険な空間だった。

allcinema ONLINEより。

キモの部分と、ファイト・クラブと、なんか石鹸出てきたなあということだけ覚えていて、後のことをすっかり忘れていたので久々に視聴。

ビックリするほど、内容忘れてました。

上のあらすじも微妙に違います。

不自由のない生活空間に住みながらも、満たされない生活を送っているジャック。

不眠症になったジャックは、精神科医に勧められ、睾丸ガン患者の集いで患者の告白を聞き、涙を流すことで自らの不眠症が改善する。

そこで他の互助グループに偽の患者として参加するようになるんですが、互助会にはマーラという女性がいました。

彼女はジャック同様偽の患者で、女性なのに睾丸ガン患者の集いにまで参加している始末。

彼女がいることで不眠症が再発したジャックは、交渉して参加する会や曜日を分けるよう提案する。、

そんなある日、出張から帰ると自宅が爆発しており、何故か出張の機内で会ったタイラーという男に助けを求めていた。

タイラーは石鹸の行商人で、キレ者だが、ちょっと変わった感じの男という印象。

タイラーは、バーで飲んだ後、泊めてやるから自分を殴れと言い出し、結局ふたりは殴り合うことに。

ジャックはボロボロになりながらも、いままでには感じたことのない満ち足りた気分を味わいます。

そんなことを続けていると、見ていた酔っ払いたちも殴らいを始め、参加者が増えていった。

やがて、場所を地下室に移した喧嘩を介した秘密の集まりは、ファイト・クラブと呼ばれるようになり、巨大化していく。

ジャックはタイラーと廃屋に住むようになり、そこへ薬の飲み過ぎで死にそうになったマーラが転がり込んできた。

その頃からタイラーはファイト・クラブのメンバーと何かを計画していたが、ジャックは何も教えてもらえない。

その計画は、ジャックの予想を超えるとんでもないものだったという展開。

ビックリするほど忘れてました。

キモの部分は覚えていたものの、喧嘩屋たちの話だったかなあと思いながら見ていたら、完全にサスペンス。

カルトとか、テロ組織とか、規模は違うけど現実的にこんな風に染まっていく人たちはいるんだろうなって感じました。

実際、一体感の強いコンサートやスポーツ観戦なんかや、同調圧力の強い環境だと、通常ならあり得ない言動とったりしますもんね。

一般の人の目には触れないだけで、

こういう世界があるかもしれませんし。

キモの部分は知らずに見た方が面白いと思います。

ちゃんと作品のあちこちに伏線は張ってあるので、割と気づきやすいんじゃないでしょうか。

オススメ度(10段階)……★★★★★★
(いまの時代にこのラストだと、厳しいかもしれない。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめ推理映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


ファイト・クラブ [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

【ワールズ・エンド/酔っぱらいが世界を救う!】


ワールズ・エンド/酔っぱらいが世界を救う! [DVD]

ひと晩に5人で12軒のハシゴ酒という学生時代に達成できなかった挑戦にリベンジすべく、故郷であるイギリス郊外の街ニュートン・ヘイヴンに戻ってきた中年男性たち。

終点となる12軒目のパブ、ワールズ・エンドを目指して、ひたすら飲みまくっては大騒ぎする彼らだったが、どこか街の住民たちの様子がおかしいことに気付く。

やがて、住民が何者かによって操られていることが判明。

目を光らせて青い血を流す彼らに追い掛けられながらも、五人はハシゴ酒を成し遂げようと逃げては飲んでを繰り返していく。

シネマトゥデイより。

サイモン・ペグとニック・フロストのいつものやつ

という感じのSFコメディ。

高校卒業時に達成できなかった12軒のパブで1杯ずつ飲んではしごするというチャレンジ。

当時はイケてたゲイリー・キングも、20年経ち、完全に落ちぶれていた。

4人の仲間たちは、それなりの生活を送っていたが、ほぼ無理やりという感じでつきあわされます。

そして、5人で故郷のニュートン・ヘイヴンに着くんですが、20年も経っているので、すっかり街の様子は変わっていました。

それでもパブは残っているようなので、挑戦を強行。

はしご酒からどうやったらSFにシフトするのかと思っていたら、トイレでからんだ青年とトラブルに。

喧嘩をしたら首がもげちゃいました。

もげたと言っても血が噴き出すとかではなく、昔の人形みたいにとれちゃう感じ。

トイレが長いと仲間たちが様子を見に来たため、ゲイリーが説明していると、青年の仲間がやってきて大乱闘。

人形みたいな青年たちが弱いのか、おっさんたちが意外と強いのか、割と圧勝。

でも、トイレはメチャクチャです。

こんな乱闘があっても、店内は誰も気にしている様子がなく、次の店へ。

明らかにおかしい状況なのに、挑戦を続けるとか神経太いですね。

とはいえ、様子がおかしいため、別のパブで会った昔の知り合いに話を聞くと、どうも町は何かに支配されているらしい。

支配されているとは言っても、奴隷みたいな目にあっているわけではなく、共存しているとのこと。

ただ、そう話した住民は指示を受けて、どこかへ行ってしまいます。

普通なら町から出るところですが、ゲイリーは挑戦を続けることにこだわり、追われながらも挑戦を続けることに。

中盤位までは、相手も必死に追いかけてくることもないんですが、たまに思い出したように襲ってくるという展開。

途中、オリヴァーの妹で、過去の挑戦では途中でゲイリーとヤッているサムが加わって、相手と戦ったりも。

そのバトルシーンが昔のカンフー映画みたいなのと、相手の特性をいかした演出が結構面白い。

また、何故か昔の知り合いが若い姿で現れて、明らかに罠なのにのっちゃう展開とかも、くだらなくて良かったですね。

挑戦が終了に近づくにつれ、ゲイリーたちを追う相手の追跡が苛烈に。

見ている間は、挑戦が進むことに何の問題があるのかわかりませんが、そういうことだったのかとわかります。

結局、ある理由で異星人がニュートン・ヘイヴンにいて、事情を説明するんですが、サイモン・ペグとニック・フロストのいつものやつなので、お察しの展開に。

ちなみにこのネットワークと呼ばれる異星人の声、オリジナル音声はビル・ナイです。

バトルシーンを除けば、このネットワークとのやりとりが見どころでした。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★
(なんか見覚えあるなと思ったら、ガイ・シェパードという役で、ピアース・ブロスナンが出てました。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめコメディ映画
おすすめSF映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


ワールズ・エンド/酔っぱらいが世界を救う! [DVD]

【ジオストーム】


ジオストーム [Blu-ray]

天候を意のままにできる宇宙ステーションが開発された近未来、

地球は未曾有の自然災害に襲われることがなくなる。

ところが運用開始から2年後、宇宙ステーションがウイルス感染して暴走し各地で異常気象を引き起こしてしまう。巨大災害が同時多発的に起きる地球壊滅災害“ジオストーム”の発生を防ぐため、宇宙ステーションの開発者ジェイク(ジェラルド・バトラー)と彼の弟マックス(ジム・スタージェス)が立ち上がる。

シネマトゥデイより。

ビーチから逃げようとする人々が凍り付く予告編が印象的だった作品。

てっきり、無理やり機構操作してきたツケを払わされるSFパニックものとか、機械が反逆したSFなのかと思っていたら、

予想外のSFサスペンス

でした。

環境破壊が進み、宇宙ステーションICSSを中心とした気象をコントロールする衛星群で、ダッチボーイと名付けられたネットワークによって難を逃れた世界。

現在はアメリカが主導権を握っているが、2年の期限が来るため。管理を国連に移すことになっていた。

そのタイミングでアフガニスタンが村民ごと凍結し、その原因として衛星の不具合が疑われる。

責任を逃れたいアメリカは隠ぺいしようとするが、システムの総責任者のマックスの抗議により、調査のため、ICSSにひとり送ることに。

そして、国務長官のデッカムの提案でマックスの兄であるジェイクがステーションに向かう任務を与えられる。

しかし、ジェイクは3年前、上司の承認なしに災害を防いだ件で査問会にかけられた際、議長を罵倒してシステム総責任者の座を更迭されたマックスの兄。

ジェラルド・バトラー演じるジェイクが宇宙ステーションに着き、調査を始めるんですが、アフガニスタンを管轄する衛星のハードディスクをコピーしたエンジニアが死亡。

香港でも起きた異常気象のデータを調べようとするも、事故が起きてデータが失われていた。

別ルートからアフガニスタンのデータを入手しようとして、事故によって死にかけるジェイク。

スパイがいることを疑い、データを入手したことを隠してデータを調べると、ウイルスが発見される。

しかし、システムからウイルスを除去するにはシステムの再起動が必要で、その再起動にはアメリカ大統領の生体認証が必要だった。

ジェイクは無事システムを復旧し、地球を襲う大災害ジオストームを防ぐことが出来るのかという展開。

基本的にジェイクが宇宙ステーションで調査、マックスが地球でサポートという感じで話が進みます。

サスペンスとしては適当に済ませるのかなと思いましたが、意外と黒幕がわかりません。

宣伝は頑張ってましたが、メジャー大作ではないので、誰でも選択肢に入ります。

さすがにいきなり出てきて、私が黒幕だなんてパターンではないですが。

見どころとしては、予告でも前面に出していた世界各地で起こる災害シーン。

ビーチが凍ったり、大地が割れ、ビルが倒壊する香港を車で逃げるシーンとか、ドバイを襲う津波とか、本当に面白いです。

ちなみに日本には巨大なヒョウが降り注ぐ事態に。

CG丸出しという感想もあるかもしれませんが、災害に襲われるパニックアクションを現実に撮れるはずないので、言ってもしょうがありません。

映像美として楽しみましょう。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★
(理屈にこだわる人には合わないかもしれない。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめSF映画
おすすめ推理映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


ジオストーム [Blu-ray]

【3D彼女 リアルガール】


3D彼女 リアルガール

アニメやゲームが大好きな高校生の筒井光(佐野勇斗)は、バーチャルな世界に満足し、オタク仲間の伊東とアニメのヒロイン魔法少女えぞみちだけを心のよりどころにしていた。

ある日、彼は派手で無愛想な美少女・五十嵐色葉(中条あやみ)とプール掃除をすることになり、彼女はなぜかいきなり光に告白する。

シネマトゥデイより。

オタクでコミュ障、ひきこもりの筒井はプール掃除をさせられることになり、美少女の色葉と出会う。

コミュ障の筒井は色葉が冗談のつもりで言った言葉にカッとなり、彼女を傷つけてしまった。

友人の伊東にたしなめられ、謝る機会をうかがっていた筒井は、万引き犯扱いされている色葉を助けるが、自分がストーカー扱いに。

ストーカーのような行為をしていたことを謝ることで頭がいっぱいの筒井に、色葉が告白してくるが謝ってしまい、告白を断ったと思われてしまう。

誤解させたことを周囲に責められた筒井は、誤解を解くために追いかけた結果、色葉と付き合うことになるという展開。

アニメ化もされたんですが、アニメの方はあんまり話題にならないまま。

そういうと、本作が話題になったかというと、なってないんですけどね。

自分も見なくていいかと思っていたんですが、他の作品で予告を見て気にはなっていました。

主人公の筒井は、いじめのような目にはあってないですが、カーストの最下層にいるタイプ。

とは言っても、本人がそれを嫌がっておらず、男なのに何故か猫耳をつけている友人の伊東と仲良く過ごしているんですね。

普段からアニメキャラのえぞみちの妄想と会話しながらも、言動はともかく、意外と常識的な考えを持っている様子。

ただ、コミュ障ぶりは酷く、色葉とプール掃除する際は、女子との会話を苦手としていることをからかわれ、女子におまえとか言うくらい。

そのぶっきらぼうな口調はつきあうことになってからも変わりませんが、途惑いながらも、徐々に色葉への猜疑心を解いていきます。

色葉の方も興味本位だったのが、筒井の優しさを知るうちに、本気で好きになっていくように。

その後、カースト上位のミツヤや、ミツヤに近づきたいありさ、下級生のアニメオタク綾戸等も絡んできて、リア充青春ドラマの様相に変わっていきます。

恋愛相関図もなかなか面倒な感じで、一応両想いな筒井と色葉、いい女だから色葉とつきあいたいミツヤ、ミツヤと近づきたいありさ、筒井に憧れてる綾戸、その綾戸に好意を抱いている伊東。

恋愛相関図から除外されている人がいません。

まあ、筒井と色葉に関しては、猜疑心の強い筒井の誤解で、危うい感じではあるんですが。

原作だとさらにシスコンのミツヤの妹と、筒井の弟や、社会人になった筒井の同僚の恋愛展開があるようですが、さすがにカットされた様子。

ちなみに原作とは出会い方とか違う人物もいるようです。

綾戸とか園芸用の土を運んでいるのを筒井が助けますが、原作だとアニメ雑誌を拾うみたいですし。

そんな楽しい時間もある理由から終わりを迎え、筒井はアニメからの卒業をしかけます、

この辺り、人によってはアニメって卒業しないといけないの? っていう感想もあるんですが、アニメからというより二次元への依存ということなんじゃないかと。

前半のコミュ障時代は、えぞみちの登場シーンがすごく多いんですが、色葉とつきあい始めてから徐々に減っていきますし。

ラブコメから突然のシリアスへのギャップがあまりにも大きいので、苦手な人もいるかもしれませんが、結構良かったんじゃないかと思います。

途中途中にちゃんと伏線が張られているのも良かった。

原作通りなのかもしれませんが、シリアス部分がかなり端折られてる印象を受けるのは確かですけどね。

あと、とりあえず、映画だけ見たら間淵はクズ。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★
(まさか色葉役の中条あやみがニセコイの違和感だらけの千棘とは思わなかった)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめドラマ映画
おすすめコメディ映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


3D彼女 リアルガール