感想」カテゴリーアーカイブ

【セブン・シスターズ】


セブン・シスターズ [Blu-ray]

近未来。人口の増加と飢饉によって深刻な食糧難となり、世界の国々は厳格な一人っ子政策を行っていた。

そんな状況下で、セットマン家の七つ子姉妹(ノオミ・ラパス)は、祖父によって各曜日の名前を付けられ、それぞれ週に1日ずつ外出し、共通の人格を演じることで当局の監視の目を逃れてきた。

ある日マンデーが帰宅しなかったことから、姉妹の日常は狂い始める。

シネマトゥデイより。

レンタルショップでジャケットを見た時は、てっきり7人の女スパイが特技を活かして活躍する映画かなと思い込んでました。

実際は、異常気象と人口爆発により食料不足になった世界で、遺伝子技術により食料不足は解消したものの、その副産物として多生児が生まれるという本末転倒な状況に。

結果、新たな人口抑制手段が必要になり、分配局という組織が生まれます。

分配局という名前から、てっきり多く生まれた子供を強制的に子供のいない家庭に振り分けるのかと思ったら、まったく違う方法でした。

それは、ふたり以上の子供が産まれた場合、ひとりを残して後はコールドスリープをして、未来に託すという先送りなシステム。

映画を観ていて違和感を感じるのが、多生児が生まれた段階でわかるはずなのに、何故かある程度の年齢になってからコールドスリープさせてるんですよね。

中国の一人っ子政策で生まれた黒孩子みたいな状況ではあるので、隠れ続けた結果かもしれませんが、赤ん坊の段階が多くなりそうなものですが。

また、作中の分配局は割と厳しく、リストバンドで住民を管理していたり、多生児は見つけ次第拘束して、コールドスリープしていってる様子。

主人公であるセットマン家の7姉妹も、多生児として生まれたものの、ひとりの人間として生活することで分配局の目を逃れています。

姉妹は月曜日から日曜日という名前をつけられていて、それぞれがつけられた名前の曜日だけ家を出て、情報を共有するという方法で生活するんですが、ひとりが行方不明になったことから崩壊していくという展開。

この作品の最大の売りが、ひとりの女優が7人の姉妹を演じていることなんですが、見分けがつくようになのか、

個性を出し過ぎていて、完全に別人。

女優の演技の幅という意味ではすごいと思うんですが、これ周囲は同一人物と思ってんのかというくらい別人。

自分がジャケットで勘違いした通り、得意なことも違うようです。

もっとも、運動能力が得意なひとりを除いて、基本的に特性というほどの能力はないただの人間なんですけどね。

そんな姉妹たちが知らない間に分配局の秘密に関わってしまい、追い詰められていくという展開は意外と面白かったです。

オススメ度(10段階)……★★★★★★
(さすがに7人姉妹は多過ぎるかも。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめSF映画
おすすめ推理映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


セブン・シスターズ [Blu-ray]

【ゴール・オブ・ザ・デッド 後半戦】


ゴール・オブ・ザ・デッド [Blu-ray]

フランス北部の町カペロングでは今夜、「オランピック・ドゥ・パリ」対地元「E.J.A.C.」との試合を控え、サポーター達は盛り上がっていた。

「E.J.A.C.」の選手ジャノは、昔からのライバルであるサムに今夜の試合で勝つ為に医者の父から筋肉増強材の注射を受けるのだが、その注射には誤った薬剤が入っており…。

スタジアムには選手をはじめサポーターがひしめく中、恐ろしい姿に変わったジャノは集まった人々次々とゾンビへと感染させていく。

阿鼻叫喚のピッチで地獄のキックオフが始まった…!

公式より。

これ、前半戦と後半戦に分けずに始めから1本で構成すれば、それなりに面白かったんじゃないかという続編。

再構成されないと、前半で観るのやめられちゃいそうですが。

というか、前半戦は状況説明な上、後半戦のオープニングで説明入るので、やっぱり後半戦だけ観た方がさっくり観れるので良いかも。

その辺の印象はお好みで。

前半戦では試合が始まるくらいまでで、まだ全然パニックが起きていませんが、後半戦の序盤でブーイングの中試合が開始。

ちなみに前半戦、後半戦と書いているのは前編、後編の意味なので、試合の前半後半ではないです。

試合自体はもうグダグダで、何故か照明はついているものの、暗い中で進行。

主人公のロリは因縁があるらしい審判のデタラメジャッジで退場。

昔の彼女がどうとか、娘がどうとかの話ばかりし始め、何の映画を観ているのかわからなくなってきます。

そして、主人公不在のまま、試合が進んでいき、選手のひとりがフィールドに乱入した男にゲロを吐かれて感染スタート。

もちろん、その男は前半戦でゾンビ化したロリの親友なんですが、その時点ではパニックになりません。

というか、ロリの親友は選手じゃなかったのか? という疑問が湧きますが、特に触れられなかったと思います。

パニックになるのはブーイングしてる観客たちに、ゲロを吐かれた選手がゲロをぶちまけてから。

もうゾンビ映画を観ているのか、ゲロの掛け合いを観ているのかよくわかりません。

ただ、そこからは意外と面白く、主人公サイドはどうでもいいですが、スタジアムでのアクションシーンが意外と見どころ。

特にある人物が無駄に強く、ゾンビ化した連中を倒しまくるのが良いです。

クライマックスは大量のゾンビたちとジャノともうひとりの選手がサッカー対決というトンデモ展開。

一応理由があるんですが、その後の展開を考えると意味不明です。

結局のところ、ワチャワチャしているのが面白いですが、

主人公絡みのストーリーがどうでもよ過ぎる

印象。

他にもフーリガンたちのストーリーも展開しているんですが、あってもなくても良かった気がします。

オススメ度(10段階)……★★★★★★
(もう少しサッカーである必要性か、選手たちの見どころが欲しかった。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


ゴール・オブ・ザ・デッド [Blu-ray]

【ゴール・オブ・ザ・デッド 前半戦】


ゴール・オブ・ザ・デッド [Blu-ray]

フランス北部の町カペロングでは今夜、「オランピック・ドゥ・パリ」対地元「E.J.A.C.」との試合を控え、サポーター達は盛り上がっていた。

「E.J.A.C.」の選手ジャノは、昔からのライバルであるサムに今夜の試合で勝つ為に医者の父から筋肉増強材の注射を受けるのだが、その注射には誤った薬剤が入っており…。

スタジアムには選手をはじめサポーターがひしめく中、恐ろしい姿に変わったロリジャノは集まった人々次々とゾンビへと感染させていく。

阿鼻叫喚のピッチで地獄のキックオフが始まった…!

公式より。

移籍したロートルのサッカー選手が古巣のチームと試合に臨んだことで、ゾンビパニックが引き起こされるという謎ストーリー。

セル版だと2枚組なので問題ないですが、レンタルや配信だと前半戦と後半戦に分かれていると思います。

もっとも、配信で前半戦と後半戦をまとめられると、2時間越えなので、前半戦で耐えられないかもしれません。

というか、分割の場合、前半戦は観なくても良いと思います。前半戦で状況説明から、なんでこんな事態になったのかが描かれてますが、どうでもいいです。

簡単にまとめると、

親友だったやつが裏切って移籍したくせに試合に来たからドーピングしたらゾンビになっちゃった

ってだけです。

ゾンビになった男は、まともな思考力はなくなったものの、執念みたいなものはあるらしく、スタジアムへと向かいます。

ただ、ゾンビみたいなものになっているので、道中、人を襲うし、ゲロ吐きかけて、ゾンビを増やしていきます。

そんな中、本来の主人公ロリは、様々な想いにふけっているだけという話。、

前半戦は本当にみどころありません。

オススメ度(10段階)……★
(観なくていいというくらいなので、当然のオススメ度。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


ゴール・オブ・ザ・デッド [Blu-ray]

【マッド・ダディ】


マッド・ダディ[Blu-ray]

ブレント(ニコラス・ケイジ)は、結婚して10年以上の妻と2人の子供との暮らしに、これでいいと自分に言い聞かせながら生活していた。

ある日、至るところで親が自分の子供を殺し始め、国中がパニックになってしまう。

子供たちを心配して会社から急いで帰宅したブレントだったが、子供の顔を見た瞬間、殺意が湧き上がり……。

シネマトゥデイより。

ニコラス・ケイジ主演というか、妻役のセルマ・ブレアの夫婦がメイン。ちょっと主役というのは違うかなと思います。

むしろ、作品の性質上、主役自体は娘だと思うので。

ちなみにセルマ・ブレアは【ヘルボーイ】のヒロインを演じた女優です。

ストーリーは、普通に暮らしていた家族の親が実子を突然襲い出すというもの。

何かが引き金になるとかではなく、ひたすら殺意が湧く様子。

直前まで心配してたと思ったら、いきなり豹変したりします。

それがニュースになり、子供が心配で学校に押し寄せる両親たちですが、子供は親を信じたいけど、明らかに危ないので教師たちは返そうとしないので引き止める構図はなかなか面白い。

逆に襲っている親たちも、自分の子供以外はスルーしたり。

大人が子供を襲うのではなく、親が子供を襲う

というシステムなので、こういう現象が起こるんですね。

ただ、どうせだったら子供を襲わない親がいて、実子じゃないのがわかるネタとかあった方が面白かったかもしれません。

もう本当に子供を襲う親から逃げ回るだけの映画で、ナイト・シャマランばりの元凶とかは不明のまま、ぶん投げてます。

もちろん、最後まで何が原因なのか一切判明しないので、原因がわからないとモヤモヤする人には勧められません。

あまりのB級っぽさに、ナイト・シャマランに影響を受けた新鋭監督なのかなと思ったら、ブライアン・テイラーでした。

【ゴーストライダー2】でもニコラス・ケイジと組んでた監督ですが、他にも【アドレナリン】とか【ドクターズ・ハイ】とか撮っているので、クレイジーな人間を描くのがうまい人でした。

ブライアン・テイラーが描く狂人って、ホラー映画の殺人鬼というより、人を殺しながらバラエティを見ているかのように笑ってる感じの異常さなんですよね。

この作品でも、ニコラス・ケイジがわかりやすいキレっぷりを見せてくれているんですが、それよりも妻のセルマ・ブレアの方が怖い。

誰がどう見ても狂ってる父親に対して、実の子を殺すために演じたり、様々な策を講じるのが見ていて怖いです。

ところどころ、設定が荒い部分もありますが、スプラッターはダメだけど、ゾンビみたいな映画が見たい人たちにはオススメかも。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★
(こういう作品は元凶がわからない方が面白い気がします。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


マッド・ダディ[Blu-ray]

【死霊館のシスター】


死霊館のシスター ブルーレイ&DVDセット (2枚組) [Blu-ray]

1952年、ルーマニアの修道院で一人のシスターが不審な死を遂げる。

教会は、この事件の調査のためにバーク神父(デミアン・ビチル)と見習いシスターのアイリーン(タイッサ・ファーミガ)を修道院に派遣する。

二人は調査を進めていくうちに、修道院の恐るべき秘密にたどり着く。

シネマトゥデイより。

【死霊館】サーガのスピンオフで、【死霊館 エンフィールド事件】の前日譚にあたり、悪魔の尼僧『ヴァラク』について描かれています。

【死霊館】サーガの始まりを描いたと言われてますが、このシリーズ、どんどん遡っていくので、初期と言った方がいいのかもしれません。

実際、時系列的には【アナベル 死霊人形の誕生】で人形が作られる方が古いようですし。

修道院で起きた変死事件の調査に訪れた神父と、同行を命じられたシスター見習いが現地を訪れるんですが、明らかに様子がおかしい環境。

配達のために訪れるフレンチ以外は修道院と接点がなく、フレンチが配達に来なければ入口に吊り下げられていたシスターの変死体も見つからなかったかもしれないくらい。

一見、墓地に見える周囲に立てられている十字架も、まるで修道院を封じているかのように見え、違和感だらけ。

フレンチと別れたバークとアイリーンは、それぞれで修道院を調べることになるんですが、その土地にまつわる真実を知ることになるという展開。

修道院とはいえ、シスターになってすらいない

見習いをひとりで様子がおかしく、自分の目の届かない場所を調べさせる神父

の人でなし振りがすごい。

そんなことをしているので、自分も酷い目にあうんだと思います。

とはいえ、痛さを売りにした作品ではなく、今回はアナベルの話ではないので、さほどビックリ系の演出もなし。

どちらかというと、ゴシック系のオカルトホラー色が強い作品に仕上がっています。

いままでの【死霊館】サーガとも雰囲気が違うため、一連のシリーズが好みの人には合わないかもしれません。

逆に昨今主流のスプラッターや、ビックリ演出が好きではないけど、ゴシックホラーが好きという人にはおすすめ。

グロ表現がまったくないわけではないので、注意が必要ですが。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★
(【ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館】とか好きならおすすめだけど、好みが本当に分かれる作品)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


死霊館のシスター ブルーレイ&DVDセット (2枚組) [Blu-ray]