感想」カテゴリーアーカイブ

【オリエント急行殺人事件】


オリエント急行殺人事件 [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

トルコ発フランス行きの豪華寝台列車オリエント急行で、アメリカ人富豪のエドワード・ラチェット(ジョニー・デップ)が刺殺体で発見される。

偶然列車に乗り合わせていた探偵のエルキュール・ポアロ(ケネス・ブラナー)が、鉄道会社に頼まれ密室殺人事件の解明に挑む。

乗客のゲアハルト・ハードマン教授(ウィレム・デフォー)やドラゴミロフ公爵夫人(ジュディ・デンチ)、宣教師のピラール・エストラバドス(ペネロペ・クルス)、キャロライン・ハバード(ミシェル・ファイファー)らに聞き取りを行うポアロだったが……。

シネマトゥデイより。

アガサ・クリスティの同名タイトルを映画化した作品ですが、ドラマ等含めると、何度映像化されたかわかりません。

オリジナルと呼ばれることの多い1974年版から30年以上ぶりのリブート。

リメイクではなく、リブートなのは、【ナイル殺人事件】が続編として制作予定のため。

レビューと言ってもあまりにも

オチが有名過ぎ

て、ほとんどの人がネタバレ状態で見ることになると思います。

むしろ、オチを知らないで、この作品を見ようと思う人の方がレアじゃないかと。

しかも、最近の映画やドラマのように何かの出来事を見聞きして何かを閃くとか、犯人との駆け引きというような頭脳戦もありません。

いろんな人に聞き込みをして得た情報から、こういう真相なんでしょうと突きつけるだけ。

証拠は本当に呆れかえるレベルで出てきますが、推理の根拠はほとんど人間関係についてのみ。

こうすれば可能ですよねと突きつけたら、犯人が勝手に降伏する感じ。

古典の名作でパイオニアなので許されますが、脱線で足止め食らった列車付近で会話してるだけなので、人によっては苦痛かもしれません。

推理もの特有のみんな集めての推理披露のシーンはみどころなんですけどね。

1974年版とは大筋では変わっていませんが、現在の事情に反映した変更はいくつか。

殺される人物が、ベビーフードの事業から引退した人物から怪しい骨とう品を扱う実業家に、ショーン・コネリーが演じていた英国大佐が黒人に変わったため、軍医に変わっていたりとか。

軍医が黒人でキャスティングされたのは、昨今のアメリカの映画業界事情なんでしょうね。

ベビーフードの事業で成功した裕福な人物というのも、現在ではピンとこないでしょうし。

過去の名作のリメイク、リブートが増えていますが、こういう時代背景がある作品は難しいですね。

オススメ度(10段階)……★★★★★
(個人的に吹き替えの草刈正雄は違和感が激しかったです)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめ推理映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


オリエント急行殺人事件 [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

【イン・ザ・ヒーロー】


イン・ザ・ヒーロー [Blu-ray]

下落合ヒーローアクションクラブの社長にして、その道25年のスーツアクターである本城渉(唐沢寿明)。

数年ぶりにヒーロー番組の劇場版作品に出演した彼は、一ノ瀬リョウ(福士蒼汰)という人気若手俳優と出会う。

ヒーロー番組に敬意を払わないリョウと対立するも、ある出来事を契機に本城は彼と絆を育むように。

そんな中、日本で撮影中のハリウッド大作で、落下して炎にまみれながらノーカットで殺陣を繰り出すクライマックスに出演する予定だった俳優が、恐れをなして降板。

慌てたスタッフは、本城の評判を聞き付けて出演をオファーする。

シネマトゥデイより。

スーツアクターたちの姿を描いた作品。

ジャンルとしてはコメディになってることが多いと思いますが、やや喜劇的ではありますが、ジャンル的にはヒューマンドラマ。

というか、俳優や、特撮アクションの知識がないと、笑うところがなく、ただのヒューマンドラマにしか見えないと思います。

スーツアクターというのは、わかりやすく説明すると、よく【仮面ライダー】や【ウルトラマン】、戦隊もの等で本人に代わってスーツを着てアクションをする役者のこと。

ちなみに本作品でスーツアクターを演じる唐沢は、東映アクションクラブに在籍していたので、本当にスーツアクターを経験しています。

スタッフの仕事もしたりしていた意外と苦労人だそう。

本城渉はそんなスーツアクターたちとともに下落合ヒーローアクションクラブという会社の社長なんですが、念願の劇場作品での顔出しでのオファーが来て、喜んだのもつかの間、若手俳優の一ノ瀬リョウに交代させられてしまう。

しかし、当の一ノ瀬はハリウッドにばかり目がいっていて、日本の特撮を軽視。

そのため、本城には盾突かないものの、他の俳優やスタッフには横柄な態度をとってしまう。

そんな折、オーディションを受けたハリウッド映画の感触がよく、スタッフが撮影現場に来るのを知った一ノ瀬は殺陣をやらせて欲しいと申し出る。

その結果、他のスーツアクターに怪我をさせてしまい、ハリウッド映画のスタッフにも批判されることに。

あまりにもハリウッド進出を急ぐ一ノ瀬を本城がたしなめるが、一ノ瀬の事情を知った本城は仲間とともに稽古をするように伝える。

その稽古の間、音楽に合わせて映像流れるだけという時間が続き、一ノ瀬も立派に成長していきます。

この辺、文字だけで数日後とか、数週間後じゃなかったので、変化していく様子が面白い、

一方、本城にも同じ作品のスタントのオファーが。

あらすじだと恐れをなしてとなっていますが、頭がおかしいです。

なにしろ内容が、

2階から落ちて、受け身に失敗した後、途中で火だるまになりながら数十人の敵と戦うシーンをワイヤーなし、CGなし、ワンカット

とか言い出す監督。

自分の映画だと言いますが、おまえやってみろというレベルです。

2階から落ちてまではともかく、ワンカットで受け身に失敗するため、マットとか敷けません。

しかも、そこから敵と戦うので、そんなに長く倒れてもいられないという無茶振り。

本作品にとっても見どころです。

さすがに本作品ではそんな無茶はしないので、殺陣のシーンでは本城はともかく、敵はスタイリッシュな動きをしてますけどね。

いわゆる師弟愛ではなく、夢を持つ者同士の絆を描いた作品でした。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★
(エンドロール中にも本編映像や、唐沢のスーツアクター時代の映像があります。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめドラマ映画
おすすめコメディ映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


イン・ザ・ヒーロー [Blu-ray]

【ロスト・ボディ】


ロスト・ボディ Blu-ray

ある晩、死体安置所の警備員がトラックに衝突、轢死する。

彼は何かから必死に逃走中でパニック状態であったらしい。

その頃、安置所からはマイカ・ビジャベルデという女性の死体が消えていた。

死体失踪の事件担当となった警部のハイメは、マイカの夫アレックスに連絡をつけて調査を始めるのだが、やがてアレックスには愛人がいたことが明らかとする。

しかもアレックスは資産家の妻を殺害しようとしていた。

ところが、妻は夫の計画を既に掴んでいたかのような節があり…。

allcinema ONLINEより。

死体安置所の警備員が事故に遭い、安置所から死体が消えたことから始まるサスペンス。

死体はマイカという女性なんですが、夫のアレックスが遺産目当てに殺害しています。

共犯は元教え子で愛人のカルラ。

死体がなくなったことを告げた際の様子から、警部のハイメはアレックスが妻殺しをしたと疑い始めます。

しかし、アレックスはアレックスで、実はマイカは生きていて、自分とカルラに復讐しようとしていると考え始めるという展開。

現在と過去をザッピングするように映し出す演出はわかりづらい。

ただ、その度に

話が二転三転するので、意外と飽きずに見られます。

警部のハイメがやたらとアレックスに突っかかるのが、刑事魂というにはちょっと異常で気になるところ。

死体はなぜなくなったのか、マイカは生きているのか等クライマックスまで本当にわかりません。

真相も衝撃的で、なんとなくそうかもなとは思っても、最後まで確信が持てないので自分で推測するのが好きな人にはより楽しめそうな作品でした。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★
(主要人物全員が好感度低いので、感情移入はしづらいかも)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめ推理映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


ロスト・ボディ Blu-ray

【闇動画23】


闇動画23 [DVD]

『ビル』

地方都市にあるビルの空きフロア。

地元のカップルたちにラブホテル代わりに使用されているらしい。

ビデオカメラを手にして盗撮のために侵入した若い男性2人を未曾有の恐怖が襲う!

公式より。

ビルの空きフロアに侵入して、盗撮しようとしているふたり組。

上司とOLらしき男女が入っていくのを見て、追いかけます。

真昼間にも関わらず、空きフロアは真っ暗で、カメラの暗視機能で周囲を散策。

しばらくして見つけるんですが、様子がおかしい。

男が立ち去った後、女性に近づくと、どうやら死んでいるとしか思えない。

盗撮のためにいるため、警察に通報するわけにもいかず、ふたりは逃げようとするのだが……。

ある地点に男が鉄パイプらしきものを持って現れるんですが、何度まいても、何故かゲームのように同じ場所に現われるのは混乱を誘います。

また、オチのくだりはなかなか怖いんじゃないでしょうか。

『魔窟4 妹の行方』

今は廃墟と化している老人ホームの建物。

経営母体は某宗教系団体だった。そこを2人の男性が訪れる。

その施設で事務職員をしていたが、現在は行方不明である女性を探していたのだが…。

公式より。

例の廃墟のシリーズ完結編。

とは言っても、状況が引き継がれていくだけなので、ストーリー的なつながりはありません。

ただ、今回描かれている内容が、過去3本で語られてたりするので、見直すと面白いかも。

今回は妹を探しに来た男性と、撮影で同伴した男が侵入。

1度目は施設内を回ったものの、何もわからず。

2度目は霊能者の女性を連れていきます。

ちなみに妹を探しにきた男性は霊的なことはまったく信じていないらしく、霊能者を連れてきたのも自分ではわからない何かがわかればいい程度っぽい。

実際、霊能者は何かを感じているようですが、妹に嫌がられているからと、兄と撮影者を外に出します。

しばらくして霊能者から電話がかかってくるんですが……という展開。

怖さよりも、兄と撮影者のなんとも言えない不快感の方が悪目立ちするのが残念。

思わず、いつもの流れのように、ふたりとも死なないかなあと思ったりしました。

4本通しての小ネタがあったりしますが、

根本的に真相は明らかにならない

ので、そこは期待しないでください。

『お面』

怪奇現象が絶えず、今はもう廃業寸前の旅館。

そこをテレビ番組の取材でアイドルとディレクターが訪れる。

その付近一帯は江戸時代、首斬り処刑人を代々つとめた武士一族の屋敷だった…。

公式より。

アイドルというか、割と歳いってるように見える女性がレポーターとして旅館に行く話。

アイドルのポンコツ振りも酷いもんですが、ディレクターもAVの制作会社にでもいたのかという感じのクズ。

地方だとしても、こんなのテレビで流せないだろうってレベルのクオリティです。

旅館の主人もなんか変な感じだし。

結局、異変が起こるという部屋に泊まるんですが、なかなか何も起きないため、ディレクターもイライラ。

アイドルに手を出そうとしたりと、結構長い尺で何を見せられているんだろうと気持ちになります。

やっと異変が起こり始めるんですが、アイドルもディレクターもポンコツなので、展開もグダグダ。

オチへの流れも実写でそれはないだろうというところから、大オチでいきなりぶっ込んでくるので、困惑しかしません。

ちょっとグロいシーンがあるので、人によってはそれで納得はするかも。

オススメ度(10段階)……★★★★★
(よく考えたら1本目の『ビル』が一番まともだったかも)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


闇動画23 [DVD]

【闇動画22】


闇動画22 [DVD]

『密着取材』

大学で映像を学ぶ女子大生が卒業制作のドキュメンタリー映画を撮影するためにルポライターをしている義理の姉に取材をしていた。

そして義姉につきまとう怪しい女に気がつくのだが…。

公式より。

大学の卒業制作で、小説を書くことになったルポライターの義姉の取材を始めた撮影者。

すると、義姉を見ている女性に気づきます。

実兄の方は突然会社を辞めたと思ったら、アウトドア三昧で家には寄り付かないらしく、あてになりません。

取材を続けていくと、義姉はイライラしだし、撮影者を部屋から追い出すんですが、外に例の女性が。

義姉に伝えようとすると、黙っててと叫んで、外に出ていってしまいます。

すると、例の女性が家に入ってきて、包丁を手に撮影者へと詰め寄ってくる。

撮影者はクローゼットに隠れてやり過ごそうとするのだが……という展開。

いわゆる衝撃の展開系なんですが、映像と後日の出来事がつながらず、想像の域を出ません。

心霊系ではないので、現実でもありそうな話でした。

『恋愛情報商材』

インターネットで販売するために撮影された、女性を口説くテクニックを解説する教材の映像。

撮影者がSNSで知り合ったという女性をバーに連れてきたときに信じがたい悲劇が起こる!

公式より。

恋愛系の情報商材を撮影していた撮影者。

SNSで知り合ったていでバーで撮影を始めるんですが、この女性がえらいポンコツ。

飲みまくって泥酔するわ、仕込みなのに会話を合わせず、撮影者を苛立たせます。

女性がトイレに行ってる間に仲間のバーの店員を叱りつけ、紹介してきた男に確認をとらせると、紹介するはずの女性はバイトで遅刻中とのこと。

戻ってきた女性を問い詰めようとすると……という内容。

とりあえず、言えることは汚い。

『魔窟3 袋』

これまで『闇動画』シリーズで紹介してきた怪奇現象が絶えないという廃墟。

若い男性3人が探索に訪れると鬼ごっこを始める。

彼らの知らないところでそこに巣くう魔が静かに動き出す…。

公式より。

4話構成の3本目。

建物以外は基本的に関連性がないので、別に前の2本を見ている必要はありません。

あ、この部屋見たなってなる程度です。

廃墟を探索して、その様子をネットで配信しようとしている男性3人組。

何も起こらないため、鬼ごっこをすることに。

いざ鬼ごっこを始めると、

本人たちは気づいていないが、次々と怪現象が起こり始める。

とはいっても、この段階で起きる怪現象は、いるはずの場所に相手がいないとか、来たと思った場所に来ていないとかそんなレベル。

鬼ごっこをやめ、仲間の携帯を見つけたものの、本人が見つからず、ふたりが外に出てからが本番。

携帯の持ち主が建物内から話しかけてくるが、後ろに何かがいるっぽい。

よく聞き取れないんですが、何故か下りれないからふたりに上がってきてもらい、合流したいようなことを言ってる様子。

ふたりが上がっても鉢合わせすることもなく、携帯の持ち主の変わり果てた姿を発見する。

ふたりはパニックになり、逃げ出そうとするのだが……という展開。

この巻に収録されている中では一番まとも。

ショッキングというほどのシーンはないですが、シリーズとして収録しているだけはあるかなと。

それでもやっぱりパッとしないので、この巻自体あんまり面白くないという印象でした。

オススメ度(10段階)……★★★★★
(こんなものかなという感想。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


闇動画22 [DVD]