感想」カテゴリーアーカイブ

【ゾンビランド:ダブルタップ】


【Amazon.co.jp限定】ゾンビランド:ダブルタップ 4K ULTRA HD & ブルーレイセット(オリジナルクリアファイル付) [Blu-ray]

2009年、感染者をゾンビ化するウイルスのパンデミックが発生。

コロンバス(ジェシー・アイゼンバーグ)、タラハシー(ウディ・ハレルソン)、ウィチタ(エマ・ストーン)、リトルロック(アビゲイル・ブレスリン)は、32項目におよぶ生き残るためのルールのもと、ゾンビと戦いながら絆を育んできた。

それから10年後の2019年、進化を遂げたゾンビが彼らの前に現れ、4人は倍以上に増えたルールで生き残りを図る。

シネマトゥデイより。

前作から10年、家族のような絆で生き残りつづけているコロンバスたち。

10年経ってもあんまりイメージ変わらない辺り、【ウォーキング・デッド】とは大違いです。

本作では安息の地を目指すわけではなく、コロンバスにプロポーズされたウィチタと、やたらと干渉してくるタラハシーにイラついたリトルロックの姉妹が離脱。

ウィチタに受け入れられなかったことに落ち込むコロンバスは、ショッピングモールでマディソンと出会います。

ピンク色なラブコメ映画に出てきそうなマディソンは、冷蔵庫を根城にひとりで生き残ってただけあって、コロンバスに猛烈アピール。

そんなところへウィチタが武器をとりに帰ってきて険悪なムードに。

話を聞くと、いまさらのような反抗期を迎えたリトルロックがテキトーな優男と駆け落ちしてしまい、探しに行くと言う。

タラハシーと変な三角関係と化したコロンバス、ウィチタ、マディソンの4人は、リトルロックを探す旅に出ることにという展開。

10年の間にゾンビたちが分類できることに気づき、一般的なのろいゾンビをホーマー、知能があるものをホーキング、足の速いボルト等にわけられた。

なかでもやっかいなのが、ニンジャと呼んでいる反射神経が高く、忍び寄って突然襲ってくるタイプと、T-800と呼んでいる強力なパワーを持ち、タフでなかなか死なないタイプ。

特にT-800のタフさはハンパなく、コロンバスの考えたルールの二度撃ちでもとどめを刺せません。

そんなゾンビたちに襲われながら、リトルロックを追ってたどり着いたハウンドドッグホテルで女主人のネバダとタラハシーがいい中になったり、コロンバスとタラハシーに似たコンビとあったりします。

この

ハウンドドッグホテルでの出来事がかなりの笑いどころ

なんですが、そっくりさんコンビの扱いが軽過ぎて、必要だったかなという気がしなくも。

もっとも、似たようなコンビがずっと出てきてもうっとおしいだけで、わかりにくくなるので軽いのもしょうがないかもしれませんが。

このネバダ、前作で死んだビル・マーレイのファンでもあり、殺したのがコロンバスだと知らないため、犯人を恨んでたりするのが面白い。

ちなみにビル・マーレイは作品中には出てこないにもかかわらず、エンドロール中に出てきます。

そして、リトルロックがバビロンという町にいると知り、会いに行くんですが、リトルロックの幸せそうな姿にタラハシーは別れを告げるも、新種のゾンビたちの群れがバビロンに向かっているのを発見。

バビロンには武器がなく、ゾンビは住民たちの100倍。

ハチャメチャな戦いで普通の映画なら最大のみどころなんでしょうが、この作品の場合はあんまり見どころではありませんでした。

それなりに面白いシーンが続くんですが、ハウンドドッグホテルのくだりの方が面白かった分、ちょっと物足りない感じ。

それでも、作品全体を通して考えたら面白いシーンが多いので、グロ耐性がある人たちなら楽しめる作品だと思います。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★★
(オープニングのコロンビアの女神が動き出すのが笑えます。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめホラー映画
おすすめコメディ映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


【Amazon.co.jp限定】ゾンビランド:ダブルタップ 4K ULTRA HD & ブルーレイセット(オリジナルクリアファイル付) [Blu-ray]

【ブライトバーン/恐怖の拡散者】


Brightburn [Blu-ray]

子供を待ち望んでいたトリ(エリザベス・バンクス)と夫カイル(デヴィッド・デンマン)は、ある赤ちゃんを自分たちの子供として育てることにする。

ブランドンと名付けられた男の子は夫妻にとってかけがえのない存在になるが、12歳になると普通の人にはない恐ろしい力を見せ始める。

シネマトゥデイより。

こどもができない夫婦が拾って育てた赤ん坊が人間ではない生命体だったらというストーリー。

わかりやすく言えば、スーパーマンに反抗期があったらこうだったかもという感じ。

予告編は興味をそそられる映像でしたが、残念ながら本編は期待外れ。

というか、よくあるTVアニメの劇場版みたいに予告編で見どころはほぼ出きっています。

その上、

ストーリーにまったく救いがありません。

こういった作品のオーソドックスなスタイルって、徐々に能力に目覚めていって、クライマックスで爆発って展開だと思うんですよね。

そこを外してくるのはいいと思うんですが、本当にいい子なのは最初だけ。

学校ではいじめられていて、12歳になった途端、夢遊病みたいになって変な幻聴が聞こえ始め、異常な能力に目覚めます。

誕生日に叔父夫婦が銃をプレゼントしようとするんですが、カイルがとりあげると命令口調で返せと言い出す始末。

やがて幻聴が何を言っているのか理解したブランドンは暴走を始めます。、

その暴走に敵とか味方とかありません。

なぐさめてくれたクラスメイトの女子の部屋を覗き、後日怯えたクラスメイトに力を振るったりとかするんですよね。。

自分に不利益だったり、気に食わない相手をとにかく躊躇なく痛めつけていくスタイル。

最終的には目からビーム出したり、体当たりで人をミンチにできる上、本人はとても頑丈で傷一つつきません。

多分、スーパーマン同様、目に弾丸を受けても止まると思います。

そんな存在が反抗期で感情的に他人を傷つけていくのだからたまりません。

人を殺す理由があまりにも自分勝手なので、殺人鬼の理解不能な虐殺と違って割り切りにくく、余計に不快な気持ちになると思います。

良かれと思って厳しく接してくる大人たちが無残に殺されるのはさすがにいたたまれません。

そんな展開なので嫌な気分にしかなりませんが、映像的には悪くないので、見れる作品だとは思います。

オススメ度(10段階)……★★★★★★
(発想は面白いのにもったいない作品)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


Brightburn [Blu-ray]

【リトル・モンスターズ】

恋人に裏切られて姉の家に転がり込んださえないミュージシャンのデヴィッドは、おいが通う幼稚園の先生キャロライン(ルピタ・ニョンゴ)を好きになり、彼女に近づくために遠足に同行する。

動物園には子供たちに人気のテレビ番組司会者テディ・マクギル(ジョシュ・ギャッド)がいた。

子供たちが大喜びする中、大量発生したゾンビが一行に迫っていた。

シネマトゥデイより。

幼稚園が遠足にいった動物園でゾンビパニックが発生するゾンビコメディ。

ダメなミュージシャンのデヴィッドが甥のフェリックスを連れ、長年つきあってきた恋人にプロポーズしようと帰宅すると、なんと同僚とセックス中。

しかも、自分がフラれた上、浮気相手の同僚に返り討ちにされる始末。

結果的に家を出るはめになったデヴィッドは、フェリックスの母親で、自分にとっても育ての親のような存在の姉の家に転がり込む。

その交換条件にフェリックスの面倒をみる約束をすることに。

デヴィッドは、フェリックスを送っていった幼稚園で先生のキャロラインに一目ぼれ。嘘をついたりして気を引こうとします。

幼稚園の遠足の引率が足りないことを知ったデヴィッド、自ら同行を立候補。

もっとも、キャロラインには婚約者がいることを知り、消沈することになるんですけどね。

そんなストーリーが延々と20分以上。

間違った作品を見てるのかと思っちゃいました。

動物園というか、農場みたいな場所に幼稚園のバスが憑いた頃、辞退は進展。

人気番組の収録をしているらしく、司会のマッギグルのダンスに園児たちは大喜び。

近隣にあるらしい施設ではアクシデントか何かでゾンビが逃亡。

園児たちのいる動物園にも、どんどん侵入してきます。

様子がおかしいため、話を聞きに行ったガイドの職員がやられ、キャロラインも襲われますが、自分で撃退。

こういった作品としては珍しい

初めから容赦のないヒロイン

です。

パニックを起こさないようにこども達には鬼ごっこだと説明し、なんとか土産物屋への籠城に成功。

しかし、動物園はすでにゾンビだらけで、脱出手段がないという展開。

ひとりふたりならともかく、10人以上の園児をふたりの大人が連れているという珍しい状況設定。

まあ、もうひとりお邪魔キャラとして、クズなおっさんがいますが。

もしこれが大人の集団や日本のアニメだったら、それぞれの個性を活かしたり、派閥争いになるんでしょうけど、5歳のこどもたちなのでそんなことはありません。

キャラクターがあるのは、フェリックス、フェリックスのガールフレンド、フェリックスをいじめてるピーマンデブ。

フェリックスはダースベイダーのコスプレで活躍したり、トラクターの運転を知っていたりと有能ですが、ピーマンデブはパターゴルフやりた過ぎて、本当にうるさいだけでイライラします。

おまえの父親マッギグルじゃないのかと言いたくなります。

そんなこどもがワラワラと出てくる作品にもかかわらず、周囲は絵面的には割とエグい。

痛い類の演出はほぼないですが、現実だったらトラウマになるくらいには血だらけです。

これで鬼ごっこと信じるこども達はなかなかチョロそうで、それだけが救いかも。

やがて、軍隊が来るんですが、この指揮官がポンコツ。

保護者が押し寄せてるのに、ゾンビが集まっている土産物屋に爆弾を落とそうと考えます。

クライマックスのデヴィッドたちが脱出しようとするシーンでも、判断基準がボヤボヤで、戦争だったら部隊全滅させそう。

もっとも、アクション的なみどころは、ほぼすべてキャロライン先生が持っていくというのも特筆すべき点かもしれません。

こどもたちは当然ですが、デヴィッドもマッギグルも基本的にゾンビから逃げるだけですが、キャロライン先生だけは余裕で倒します。

あるシーンにいたっては、まるで無双系アクションゲームのようでした。

ちょっとラブコメっぽい展開が占める割合が多いかなという印象を受けましたが、オーソドックスなストーリーなおかげもあるのか、結構楽しめた作品。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★★
(TSUTAYAレンタル&配信独占か、先行かも)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめホラー映画
おすすめコメディ映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ

【ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル】


ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

高校の地下室で居残りを命じられた4人の少年少女は、そこでジュマンジという古いビデオゲームを見つける。

プレイしようとキャラクターをチョイスした瞬間、彼らは選んだ人物に変身し、ゲーム内の世界であるジャングルへと移動してしまう。

現実とは全く違うキャラクターになった彼らは、カバ、ジャガー、ゾウ、サイの群れなど、次から次へ野生動物と遭遇。

危険にさらされながら、何とかゲームをクリアして現実世界に戻ろうとするが……。

シネマトゥデイより。

ロビン・ウィリアムズ主演の【ジュマンジ】の続編。

ちなみに【ザスーラ】はシリーズと思われがちですが、実際は同系統の作品で、シリーズではありません。

本作は【ジュマンジ】から20年後を舞台にしていて、ゲームもボードゲームからテレビゲームへと変わっています。

レポートを写させたり、協調性のなさで居残りを命じられたスペンサーたち4人の高校生。

作業に飽きて、部屋を物色していると、見たことのないゲームを発見。

プレイしようとキャラクターを選択するも、ゲームの様子がおかしくなり、テレビ画面に吸い込まれてしまう。

しかも、選んだキャラクターの外見や能力になっているため、それぞれがギャップのある姿になっています。

現れたゲーム内のキャラクターの説明から察すると、どうやらゲームをクリアしないと現実に戻れなさそうという展開。

前作のボードゲームの場合、サイコロの目や止まったマスによってイベントが発生していましたが、本作ではミッション制。

最終的にあるアイテムを目的地に持っていって、「ジュマンジ」と唱えることは想像できますが、ミッションも提示されるわけではありません。

しかも、キャラクターごとに設定されている弱点によって、その程度でということでも死にます。

途中で気づくんですが、ライフは3つで死ぬと消費されて、空から落ちてきて再開する様子なので結構シビア。

とは言え、ゲームが好きな上、

ゲーム内ではロック様ことドウェイン・ジョンソンになっているスペンサーがいるおかげでかなり楽勝。

割とサクサク進みます。

おっさんになったギャルのベサニーや、格闘が得意な美女になった根暗な少女マーサも頑張ってるおかげですけどね。

文句ばっかりのフリッジは微妙ですが。

途中、ゲーム開始時に選べなかったキャラクターを選んでいたアレックスとも仲間になるんですが、その正体がさすがにかわいそうでした。

協力しないとクリアできないゲームにひとりだけでライフも残り1という状況で、ずっと生活してるとかたまりません。

本当によく絶望して自殺しなかったなと思います。

スペンサーたちがたまたま居残りで見つけていなかったら、新しいプレイヤーが来ることもなかったわけだし。

考えるだけで恐怖です。

ただ、前作のような突発的に意味不明なイベントが起きない分、不条理さは少なく、ストーリー作品として楽しみやすいと思います。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★★
(よくこのエンディングで続編作ったなと思う。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめファンタジー映画
おすすめアクション映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

【スタング 人喰い巨大蜂の襲来】


スタング 人喰い巨大蜂の襲来

ケータリング会社で働いているポールとジュリアは郊外の屋敷で行われるパーティーの仕事を受ける。

パーティー当日、準備の最中、ポールは蜂よりも一回り大きな昆虫が屋敷の周りで飛び回っているのを発見するも、準備に忙しく大したこととは考えなかった。

しかしパーティーが始まると、土の中からポールが見た大きな蜂が出現し、人を襲いはじめる。

謎の蜂はただ人を襲うだけではなく、寄生した人体の中で内臓を喰うことでさらに巨大化し、やがては人体をぶち破り外に出てくる。

パーティー参加者のほとんどが殺される中、屋敷の主人、市長と地下室へ逃げ込んだ二人は、謎の人喰い巨大蜂の正体を知ることになる。

二人は人喰い巨大蜂の襲来から生き延びることができるのか―

公式より。

巨大な鉢に襲われるパニック映画。

ポールとジュリアはパーティーにケータリングサービスとして、郊外にある屋敷へと呼ばれます。

パーティーが始まり、しばらくすると出席者が蜂に刺されて騒ぎになると、巨大な蜂が多数現れ、人々を襲い始める。

しかも、刺された人間の体を食い破り、さらに大きな蜂が現れる始末。

招待客が襲われる中、ポールとジュリアはなんとか屋敷内に逃げ込みます。

屋敷内に逃げ込めたのは、ポールとジュリア、屋敷の女主人とその息子、市長とジュリアの知り合いのおばさん家政婦の6人のみ。

しばらくして、ジュリアたちと一緒に仕事をするはずだった男性が逃げてきますが、屋敷に入れずに死亡。

6人でのサバイバルが始まるかと思ったら、女主人が刺されていて巨大な蜂に。

おばさん家政婦も扉越しに刺されて死亡といきなり4人に。

別室に逃げ込むんですが、唐突にある人物の行動が原因と判明。

ポールが車をとりに出ていくと、中ではさらなる蜂が現れるという展開。

いろいろと

おかしな部分はありますが、そういうことは気にしちゃいけない

映画。

個人的には招待客全滅してるなら、ほぼそれと同数近い蜂いるはずじゃないのかとか、スズメバチにしか見えないけど、なんで相手に産みつけてんの? とか身も蓋もない疑問があるんですけどね。

それでも、リアルさは欠片もないですけど、B級パニック映画としては悪くないです。

【ビッグ・バグズ・パニック】くらいには面白い。

オーソドックスに襲っては増え、襲っては増えという展開かと思えば、突然斬新な展開迎えたりするし。

クライマックスの執拗にポールたちを追いかけてくるママ蜂に関しては、ある事情を考えると、想定外かもしれないけど深いかも。

ママ蜂と書いているのは、途中で女主人から出現した蜂であって、巣にいるはずの女王じゃないためです。

蜂単体のパニック映画って意外と少ないし、その上巨大蜂となると、もっと少ないというか、自分はこの作品しか知らないので、希少かもしれません。

オススメ度(10段階)……★★★★★★
(全体のバランス気にせず、B級と考えたら★7か★8でも。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめアクション映画
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


スタング 人喰い巨大蜂の襲来