ホラー映画」カテゴリーアーカイブ

【血まみれスケバンチェーンソーRED 前編 ネロの復讐】


血まみれスケバンチェーンソーRED 前編 ネロの復讐 [Blu-ray]

うぐいす学園の学生・鋸村ギーコ(浅川梨奈)は、セーラー服に下駄を履き、チェーンソーを持ち歩いていた。

ある日、同級生のマッドサイエンティスト、碧井ネロ(あの)が作り出した改造死体たちの襲撃を受ける。

ギーコは襲い掛かる改造死体たちを倒し、ネロのアジトに乗り込む。

シネマトゥデイより。

三家本礼のコミック【血まみれスケバンチェーンソー】の2度目の実写映画化。

リブートなので、主演が内田理央から、元SUPER☆GiRLSの浅川梨奈に。他のキャストも一新されてます。

浅川梨奈は本当に最近の作品に引っ張りだこですね。

内田理央のふんどし姿も頑張ってるなと思いましたが、浅川梨奈に至っては、この作品で

一瞬ですが、オッパイを完全に出していて驚きました。

セミヌード写真集を出しているみたいですが、映画だと出さない人の方が多いと思うんですけどね。

個人的には、ネロ役のあのと、仙崎部長役の日高七海はこちらの方が原作に似てる気がします。

それにしても、【咲-Saki-】の映画版のキャストが3人も揃ってるって、何かのつながりなんですかね。

とはいえ、リブートに伴い、設定やストーリーがかなり改変されているので、好みがわかれるところ。

前作にはいた爆谷とか出てこないし。

ネロもマッドサイエンティストではなく、いじめられっ子が復讐してるだけみたいな感じ。

ギーコを狙う理由もクラスメイトの最後のひとりだからではなく、かなりくだらない理由だし。

失禁シーンはいらなかったというか、違う流れで失禁した方がネロらしかったと感じる演出でしたし。

原作のノリがくだらなかったり、勢いではあるので、それはそれで悪くないんですけどね。

他の敵も再構成されていて、銭湯で襲ってくるのは3姉妹でなく、水着の二人だし、光学迷彩の敵は全裸の女性になってます。

原作のキンバリーの役割は、だいたいドリエが担ってました。

全体的に演技が学芸会っぽいし、改造死体も普通の作品と比べたら雑だと思うんですが、原作の雰囲気も相まってか、逆に面白いという不思議。

多分、原作ファンなら割と楽しめるんじゃないかと思います。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★
(チープさが逆に良いのかも。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめホラー映画
おすすめアクション映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


血まみれスケバンチェーンソーRED 前編 ネロの復讐 [Blu-ray]

【黒い乙女 A】


黒い乙女A [DVD]

身寄りのない芽衣(浅川梨奈)は、裕福な宇田夫妻(和田聰宏、三津谷葉子)の養子になったが裏切りに遭い、同じく養子のラナ(北香那)と一緒に夫妻を殺してしまう。

ところが一連の出来事は、ラナが仕組んだわなだった。

とらわれの身となった芽衣に、仮面をかぶった少女の亡霊やゾンビなどさまざまな恐怖が襲い掛かる。

シネマトゥデイより。

タイトルからお察しいただける通り、

【黒い乙女 Q】の答え合わせ

です。

そのため、今回は前作のネタバレが含まれています。

それにしても、短期間の上映だったので、後編の公開に合わせて、前編を出したのかと思っていたら、もう後編がリリース。

これなら、上映時に物販で販売しても良かったんじゃというスケジュールです。

ストーリーは前作の答え合わせと、前作のラスト以降の部分が描かれています。

答え合わせの部分は、前作が芽衣の視点だったのに対し、ラナや宇田夫妻の視点。

前作のクライマックスで黒幕だと判明するラナも、酷い人生を歩んできたことが描かれます。

施設から引き取られたと思ったら、引き取ったのがエロ親父で、抵抗したら蔵に閉じ込められたリ。

閉じ込められた蔵で巻物を見つけ、『お多福さま』の力に目覚めます。

そして、エロ親父の遺産を手に入れ、後の宇田夫妻となるふたりを手下に。

前作の宇田夫妻があまりにもわざとらしい言動だったのは、ラナに命じられて、演技をしていたためだったわけですね。

まあ、松葉杖が壊された時の壊れたレコーダー振りや、ラナが宇田夫妻の企みを芽衣に聞かせるシーンなんて、どう考えてもラナと宇田夫妻がグルにしか見えないんですけどね。

特に企みを聞かせるシーンなんて、なんで扉開けてる状態で、ふたりが来たタイミングで話を始めるんだよと。

しかも、どう考えても見えるだろうに。

もし、これが宇田夫妻だけの企みだったら、さすがにポンコツ過ぎて、元々事業に成功なんて出来ません。

まあ、事業なんて嘘なんですけどね。

一方、芽衣は芽衣で、本作のオープニングで、とんでもない過去が明かされます。

というか、前作のラストでラナが黒幕だと判明して終わるんですが、芽衣の描写があまりにも普通過ぎて違和感を感じます。

施設のシスターの評価として、芽衣は壊れているようなことを言っているのですが、ちょっと変わってはいるけど、普通の子なんですよね。

ラナが黒幕だったことで騙されたって思った人たちは、本作で再び騙されると思います。

もっとも、クライマックスの決着方法があまりにも陳腐なので、その直前に起きるスケールの大きな出来事とのギャップに戸惑うかもしれませんが。

前作のレビューでも触れませんでしたが、宇田夫妻とグルなのは他にもいて、昔懐かしの引越しおばさんみたいな人が地味に印象的。

ある役割のために雇われているんですが、役割と関係ないシーンにも出てくる等、行動が意味不明過ぎて、結局あの人はなんなんだろうとなりました。、

主演の浅川梨奈は元SUPER☆GiRLSで、グラビアアイドルですが、結構映画にも出ている女優だし、北香那も事務所との契約が解消したものの、女優活動を続けるなら期待したい印象。

北香那の方は、ちょっと越えや喋り方が吉高由里子みたいなので、好みが分かれるかもしれませんが。

浅川梨奈にいたっては、ホラーやったり、コメディやったり、そのキャラクターも多種多様で、演技の幅が広い様子。

【血まみれ助版チェーンソーRED】で、一瞬ですが乳首を出してて驚きました。

ちゃんと調べたら、ふたりとも20歳越えてて、女子高生役だったんですね。

作品として、【黒い乙女 Q】、【黒い乙女 A】と2本見ないといけないという問題はありますが、そんなに悪い作品ではないと思います。

逆に言えば、【黒い乙女 Q】を見て、面白いと思ったら、【黒い乙女 A】を見ればいいので。

オススメ度(10段階)……★★★★★★
(キャスト調べてたら、笹野鈴々音の名前があったけど、お多福さまだったのかな。可愛いのにホラーの印象が強い。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめ推理映画
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


黒い乙女A [DVD]

【黒い乙女 Q】


黒い乙女Q [DVD]

養護施設で暮らす身寄りのいない芽衣(浅川梨奈)は、裕福で優しい宇田夫婦(和田聰宏、三津谷葉子)に引き取られる。

芽衣は同じ年齢の養女ラナ(北香那)と親しくなるが、宇田家の家業が失敗し、芽衣かラナが養護施設に戻らなければならなくなる。

シネマトゥデイより。

後編の【黒い乙女 A】と対になっているハイパーリバーサルホラーの前編。

予告や前情報ですべてがひっくり返るという振りはやめた方がいいという典型的な作品でした。

ストーリーは、施設で暮らしていた芽衣を宇田夫婦が引き取り、足が悪いらしいラナと4人での生活を始めます。

好みや誕生日が同じだったことから芽衣とラナですが、宇田の事業が失敗したことでひとりは施設に戻るハメに。

すると、車に傷がつけられたり、ラナの松葉杖が折られたりと不審な出来事が起こり始め、登校中の芽衣が車道に突き飛ばされるまでに。

お互いを疑う芽衣とラナでしたが、宇田の企みを知り、夫婦を殺すことを計画するという展開。

宇田夫婦、特に言動があまりにもうさんくさいというか、芝居がかっている上、すごくわざとらしく、もう裏があるのは初めからわかるんですけどね。

むしろ、B級映画っぽいから下手くそな俳優なのかと思うレベルなんですが、和田聰宏、三津谷葉子ともにベテランです。

どう考えても、わざとそういう雰囲気出してるんだろうなと思ってしまうんですよね。

他にも、あんまりにもポンコツなシーンが多く、不自然過ぎるため、困惑してしまいます。

もっとも、それらが

あえてそういう演出になっている

というのが面白い。

問題は本作品だけ見て、出演俳優を知らなかったり、真相を理解する前だと、ただのダメ映画と思われるリスクがついて回ること。

ただ、理解したと思った真相が真実とは限らないので、面白いと思ったら、答え合わせになっている【黒い乙女 A】を見て欲しい。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★
(ゴミ映画の皮を被った良作。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめ推理映画
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


黒い乙女Q [DVD]

【口裂け女 リターンズ】


口裂け女 リターンズ [DVD]

大学院生の愛理(大堀恵)は民俗学の研究のためにとある村へとやって来る。

しかし、その村には村だけに伝わる習わしがあった。

それは、生き神と称する人間をまつるというもので、その生き神こそが口裂け女だったのだ。

愛理とその友人を生き神の生けにえにしようとたくらむ村人たち。

そんな中、何も知らない愛理たちは……。

シネマトゥデイより。

民俗学の研究のため、とある山中にある村を訪れた愛理たち4人の女性。

その村には生き神信仰があり、村人たちは愛理たちを儀式の生贄にしようとしていたという展開。

その生き神が口裂け女なんですが、とにかくもう

すべてにおいてグダグダ。

村の闇を知られたのに、ポンコツ3人くらいしか追わないとか、事情説明以外何しにきたのかわからない男とか。

基本的に存在価値が低い登場人物ばかり。

口裂け女のメイク自体は割といいんですが、キャラクターがいまいち安定していません。

「わたしキレイ?」が後半では「わたしキレイなんだよね」とか言い出すし。

実写版は見ていませんし、口裂け女ものではないのでパクリとかそういう話でなく、【屍囚獄】という漫画の劣化版という印相でした。

何かのダイジェスト見せられてる感じかも。

オススメ度(10段階)……★★★★
(なんでリターンズなのかはわかりませんでした。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


口裂け女 リターンズ [DVD]

【口裂け女2】


口裂け女2 [DVD]

岐阜県で養鶏場を営む沢田家の三姉妹、長女の雪枝(川村ゆきえ)、次女の幸子(岩佐真悠子)、三女の真弓(飛鳥凛)は順風満帆に暮らしていたが、半狂乱となった雪枝の昔の恋人・鈴木が雪枝と間違えて真弓に硫酸をかけてしまう。

深い傷を負った真弓を姉たちは励ますが、同じころ街では連続殺傷事件のニュースで騒ぎになっていた。

シネマトゥデイより。

【口裂け女】の続編という扱いになっていますが、つながりは一切ありません。

『口裂け女』が話題になっていた当時、様々な噂がありましたが、本作では岐阜出身と3姉妹を選択した様子です。

主人公の沢田真弓は末っ子の三女で、養鶏場を順調に営む父、母、美容院で働く長女雪枝、結婚を間近に控えた次女幸子と暮らしています。

真弓自身も陸上部のエースで、憧れの先輩と文通の約束をして、幸せな生活を送っていました。

しかし、養鶏場の大口の取引先の息子が幸子の結婚に逆恨み。

幸子のベッドに寝ていた真弓に硫酸をかけ、騒ぎを聞いてきた母親を殺害、父親に射殺されたことで人生が一変。

正当防衛とはいえ、大口の取引先の息子を射殺したことで、順調だった養鶏場の経営が傾き、父は自殺。

地方の小さな町では、噂になってしまい、どうやら幸子の結婚もなかったことになった様子。

硫酸をかけられた真弓の顔は治すことが出来ず、マスクで顔を隠しながらも、学校に通います。

人気者だった真弓への妬みからの反動は強く、つらく当たられますが、遠距離で文通している先輩には幸せな振りをする真弓。

じわじわと追い詰められていく沢田家。

その頃、町では連続殺傷事件が起きており、赤い服の女が目撃されるんですが、そこにはある真実がという展開。

オーソドックスで驚きのない展開だし、ショッキングなシーンもほとんどありませんが、その分、かなり見やすく、秀作と言っていい作品だと思います。

正直、

怖いというより、悲しいというか、かわいそう

という印象でした。

都市部でなく、地方だからこその状況なんでしょうけど。

もっとも、本当にかわいそうなのは、なんの関係もないのに殺された人たちですけどね。

オススメ度(10段階)……★★★★★★
(口裂け女である必要はまったくないんですけどね。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


口裂け女2 [DVD]