ホラー映画」カテゴリーアーカイブ

【テラーオブハウス】


テラーオブハウス [DVD]

男女6人がルームシェアをしながら、それぞれの抱く夢をかなえようと猛進する姿を追うテレビ番組「テラーオブハウス」。

女優を目指す智子(山崎真実)や漫画家として成功しようと作品を描き続ける由佳里(小西キス)、作曲に打ち込む卓哉(岡安旅人)らが住んでいた。

そこに美咲(池田光咲)という女優志望の新メンバーがやって来る。

しかし、夜中に奇妙なノック音が響き、窓に不気味な女性の姿が浮かぶなど、異様な現象が起きるようになり……。

シネマトゥデイより。

夢や志望を持った男女がシェアハウスで共同生活を送る【テラスハウス】をモチーフにしたホラー。

入れ替えメンバーとしてやってきた野々村美咲という女優志望の女性と、ちょっと遅れてお笑い芸人を目指している田宮篤郎が訪れる。

最初、リビングではアーティスト志望のロドリゲス卓哉が作曲をしていて、漫画家志望の深川由佳里がそのテーブルの下から現れます。

そのシーンですでに違和感を感じるんですが、他のメンバーである女優志望の松本智子、メイクアップアーティストの前田圭介の紹介が終わり、話が進んでいきます。

日常らしい映像が続くんですが、どこかがおかしい。

やがて、夜中に不審なノックが響いたり、窓が割られたり、不気味な女性の姿が浮かんだりと、おかしな現象が起こります。

そんな日々が続くんですが、書き続けているはずの卓哉の作詞が白紙だったり、由佳里の漫画も進んでいない。

怪現象は何度も起こり、あまりにも異常な状況から美咲はある結論にたどり着くという展開。

一応、ホラーではあるんですが、どちらかというと不思議な話に近い。

そして、あまりにもダラダラした感じで、本来なら衝撃的なはずの展開なのに、なんの驚きも感じません。

むしろ、

ある人物の背中にデッキブラシが刺さっているのに普通に生活している

というシーンしか印象に残りませんでした。

舞台だったら面白かったのかもしれませんが、予想から外れることのない結末にもガッカリした作品。

オススメ度(10段階)……★★★
(Amazonプライムで無料視聴だったので、悪くはないかなという評価。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


テラーオブハウス [DVD]

【SURVIVE/サヴァイブ】

若者たちが訪れた砂漠の街・ビクタービル。

そこでは少し前から不審な連続殺人が起きていた。

それを知らずに思い出を作ろうと、ハメを外して過ごす男女9人だったが…。

「キネマ旬報社」データベースより。

過疎化した砂漠の街ビクタービルに行くことになった若者たちが殺人鬼に襲われるというストーリー。

舞台の街が過疎化している理由が、何もない町だから維持できず、抵当として取り上げられていくからという物悲しい理由。

しかも、そんな地域で何件もの殺人事件が起きているのに、若者のひとりの家になったからと行くのも意味不明。

どうやら人間関係も面倒臭いご様子。

オープニングで、ベテラン刑事ベイリーとその部下が老婆の家に様子を伺いに行くと、老婆が殺されているのを発見。

部下も殺され、ベイリーも重傷を負い、新人のゲイツが殺人事件を捜査することに。

しかし、ベイリーも部下を殺されているため、命令を無視して独自に調べ始めるという展開。

ちなみにその老婆の家が若者のひとりの家です。

ショッキングなのは窓に吊るされたある人物の生首ぐらいで、あとは特に激しいシーンはありません。

というかほとんどの殺害シーンで、

何故か回想シーンに切り替わる

ので、人によっては死んだのかどうか、しばらくわからなかったりします。

たまにアクション映画で見せ場ごとに回想シーンが入る作品がありますが、サスペンスでこういう演出は観た記憶がありません。

ひとりふたりならありますが、ほぼ全員となると珍しい演出でしょう。

ただ、その演出が珍しいというだけで、殺人犯の手際があまりにも悪いのに、若者たちがあまりにも一方的にやられるので、面白さがよくわからない。

ハラハラもドキドキもしなければ、なんか死んだっていうくらいの感覚です。

当然、ジャケットのような緊迫感はありません。

後半になるにつれ、次の回想シーンを待っているだけの気分になっていたような気もしますし。

ちょっと変わった殺人鬼ものとしてはいいですが、普通にサスペンスを観たい人には勧められない作品でした。

オススメ度(10段階)……★★★★★
(つまらないわけではないですが、テンポが悪いのか、回想シーンのせいなのか、長く感じます。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめ推理映画
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


SURVIVE / サヴァイブ [DVD]

【ZOOMBIE ズーンビ】

るエデン野生動物園。開園間近のある日、診療所で治療を受けていた猿が獣医を血祭りに上げ、駆け付けた警備員も食い殺して外へ逃げ出す。

やがて動物たちに原因不明の病原菌が広がり、猛獣ライオンは底なしの食欲で襲い掛かってくる。

さらにキリンやコアラまでもが凶暴化し……。

シネマトゥデイより。

【メガ・シャーク】シリーズとかで有名なアサイラムのパニックホラー。

死んだはずの猿が生き返ったと思ったら、研究員たちを襲って殺すところからスタート。

その野生動物園エデンに責任者の女性エレンが娘とともに新人たちを連れて研修にやってきます。

警備員たちに新人たちを紹介するんですが、研究員たちに連絡がつかないことに気づき、研究室へ。

そこはあからさまに何かがあった状況で、研究員たちは殺され、猿たちは警備員たちも襲い、研究室から逃げ出してしまいます。

エデンには稀少な動物もいるため、封鎖するんですが、助けはなかなか来ない状況。

猿を変異させた謎のウイルスは本当に謎で、状況から察するに空気感染するらしい。

何が謎って、空気感染で猿からゴリラやキリン、ライオン、コアラなんかに感染しますが、何故か

人間には感染しません。

他の動物と比べたらよっぽど猿に近いはずなんですけどね。

そんなわけで封鎖された園内を逃げ回るはめになるんですが、構成が微妙に独特。

普通、こういう状況ならエレンが主人公で、男性とともに事態の収拾を目指すというのが一般的。

ところが、このエレン。娘ですら動物と戦うくらいなのに、ほぼ何もしません。建物に立てこもって通信するだけ。

その間、警備員や新人たちは動物たちに追い回されているんですけどね。

逆に警備員や新人たちは、メンバーが入れ替わりながらもエデンの様々なゾーンを移動して大奮闘。

アニマルゾンビもCG丸出しなんですが、意外と気にならず、楽しめるんじゃないかと。

オススメ度(10段階)……★★★★★★
(鳥エリアのおばさんのやられてんのに余裕あり過ぎ。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめアクション映画
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


ZOOMBIE ズーンビ(字幕版)

【ハロウィン・レポート キル・オア・トリート】

伝説のお化け屋敷「青い骸骨」を求め、旅をしていたザックたち5人。

棺桶に入れられ生き埋めにされた彼らは、その後警察に無事保護されていた。

あの恐怖体験から1年後。

「青い骸骨」によってアップされた生き埋め映像は、驚異的なアクセス数を記録。

このニュースと共に、各地のお化け屋敷の過剰なパフォーマンスが問題となっていた。

意図せずとも一躍人気者となり、味をしめたザックたちは、今年のハロウィンもお化け屋敷巡りを決行する。

気が進まないブランディのために、あまり過激な所には行かないようにしていたが、ブランディはあるお化け屋敷で「青い骸骨」のマスクをかぶった男を見かける―。

公式より。

前作【ハロウィン・レポート】本編ではどうなったかわからなかったブロンディたちは、警察によって救出されます。

と言っても、前作をメディアで観ると本作の予告編でネタバレしてるんですけどね。

前回酷い目にあったことでブロンディは行きたがらないんですが、説得されていくことに。

で、結局やってることは一緒なので、前回同様お化け屋敷の映像が流れるだけ。

強いてあげれば、ゾンビマラソンとゾンビ祭の映像があったくらい。

あ、ゾンビ祭の大食いチャレンジシーンにフードファイターの小林尊が出演してました。

映り込んだレベルではなく、大食いチャレンジの有名人として扱われていたので、結構ガッツリ。

逆に、ホラーとしても、サスペンスとしても、必要性を問うレベルで扱いが大きい気がします。

ゾンビマラソンにしろ、ゾンビ祭にしろ、ドキュメンタリー風の作品という意味では必要なのかもしれませんが。

また、本作では『ヘルベント』を探す流れになるんですが、その過程で前作の『ブルースケルトン』のメンバーが現われます。

後半、『ヘルベント』と思われるグループに拉致られて、廃墟らしき場所を探索するように命じられるんですが、そこからは意外と面白い。

正直、ホラーとしての怖さは薄いですが、展開がコロコロ変わるサスペンスのような面白さですけどね。

個人的には前作と本作をまとめて1本の映画にした方が、わかりやすかったという印象がぬぐい切れませんでした。

オススメ度(10段階)……★★★★★★
(雰囲気ホラー。ラストの流れの分だけ前作よりは評価高い感じ。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


ハロウィン・レポート キル・オア・トリート [DVD]

【サンズ・オブ・ザ・デッド】

ゾンビが蔓延した終末世界――。ゾンビの脅威にさらされた町から脱出するため、モリーは恋人のニックとエアフィールドへ向かっていた。

しかし道中、ニックが無残にもゾンビに食い尽くされ、モリーはたった一人、貪欲なゾンビと共に砂漠に取り残されてしまう。

ゾンビの動きは鈍く、容易く逃れることに成功したモリーだったが、そのゾンビは眠ることもなく、ただひたすらモリーの後をつけ回す。

砂漠での過酷な状況下、モリーの体力は消耗し切り、わずかな食糧も底をつき始め…。

公式より。

アイデアは面白いし、映画としてはオーソドックスな作りなので、決して酷い作品ではないゾンビムービー。

脱出するために通った砂漠でゾンビに恋人を食べられ、ゾンビとのロードムービーが始まるという謎展開。

途中から粗チン野郎という意味で『スモール』と呼ばれることになるゾンビは、執拗にモリーを追いかけてくるんですが、特に殺そうとか、食おうとかいう意志を感じません。

何に近いかと言うと、

怒られながらもついてくる子供

みたいです。ちなみに外見はスーツ姿のおっさんですけどね。

世界観がいまいちよくわからないのですが、ゾンビの脅威にさらされている割に【北斗の拳】みたいに徒党を組むでもなく、かなりまばらに行動している様子。

出会っても、せいぜいふたりまで。終末世界になってから長いのか、短いのかもわかりません。

そんな世界で、砂漠をひとり歩き続けるモリーを襲う様々な障害。

感情があるのかわからないんですが、暴漢からモリーを救ったことをきっかけに、会話はできないもののひとりと1体の間が縮まっていきます。

ですが、ある状況からモリーが選択を迫られる辺り、ホラー映画というよりも、短期間とはいえ、ロードムービーだよなと思わされました。

主要な登場人物が10人もいない上、派手なアクションシーンも、ショッキングシーンもないため、一般的なゾンビ映画が好きな人にはつまらないかも。

あと、ちゃんと見えるわけではないですが、レイプシーンがあるため、最近多いそういうシーンを見ると気分が悪くなる人も避けた方がいいかも。

オススメ度(10段階)……★★★★★
(自分はケーブルで見ましたが、お金を払って見るほどかといわれるとなんともな印象。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


サンズ・オブ・ザ・デッド [DVD]