ホラー映画」カテゴリーアーカイブ

【闇動画23】


闇動画23 [DVD]

『ビル』

地方都市にあるビルの空きフロア。

地元のカップルたちにラブホテル代わりに使用されているらしい。

ビデオカメラを手にして盗撮のために侵入した若い男性2人を未曾有の恐怖が襲う!

公式より。

ビルの空きフロアに侵入して、盗撮しようとしているふたり組。

上司とOLらしき男女が入っていくのを見て、追いかけます。

真昼間にも関わらず、空きフロアは真っ暗で、カメラの暗視機能で周囲を散策。

しばらくして見つけるんですが、様子がおかしい。

男が立ち去った後、女性に近づくと、どうやら死んでいるとしか思えない。

盗撮のためにいるため、警察に通報するわけにもいかず、ふたりは逃げようとするのだが……。

ある地点に男が鉄パイプらしきものを持って現れるんですが、何度まいても、何故かゲームのように同じ場所に現われるのは混乱を誘います。

また、オチのくだりはなかなか怖いんじゃないでしょうか。

『魔窟4 妹の行方』

今は廃墟と化している老人ホームの建物。

経営母体は某宗教系団体だった。そこを2人の男性が訪れる。

その施設で事務職員をしていたが、現在は行方不明である女性を探していたのだが…。

公式より。

例の廃墟のシリーズ完結編。

とは言っても、状況が引き継がれていくだけなので、ストーリー的なつながりはありません。

ただ、今回描かれている内容が、過去3本で語られてたりするので、見直すと面白いかも。

今回は妹を探しに来た男性と、撮影で同伴した男が侵入。

1度目は施設内を回ったものの、何もわからず。

2度目は霊能者の女性を連れていきます。

ちなみに妹を探しにきた男性は霊的なことはまったく信じていないらしく、霊能者を連れてきたのも自分ではわからない何かがわかればいい程度っぽい。

実際、霊能者は何かを感じているようですが、妹に嫌がられているからと、兄と撮影者を外に出します。

しばらくして霊能者から電話がかかってくるんですが……という展開。

怖さよりも、兄と撮影者のなんとも言えない不快感の方が悪目立ちするのが残念。

思わず、いつもの流れのように、ふたりとも死なないかなあと思ったりしました。

4本通しての小ネタがあったりしますが、

根本的に真相は明らかにならない

ので、そこは期待しないでください。

『お面』

怪奇現象が絶えず、今はもう廃業寸前の旅館。

そこをテレビ番組の取材でアイドルとディレクターが訪れる。

その付近一帯は江戸時代、首斬り処刑人を代々つとめた武士一族の屋敷だった…。

公式より。

アイドルというか、割と歳いってるように見える女性がレポーターとして旅館に行く話。

アイドルのポンコツ振りも酷いもんですが、ディレクターもAVの制作会社にでもいたのかという感じのクズ。

地方だとしても、こんなのテレビで流せないだろうってレベルのクオリティです。

旅館の主人もなんか変な感じだし。

結局、異変が起こるという部屋に泊まるんですが、なかなか何も起きないため、ディレクターもイライラ。

アイドルに手を出そうとしたりと、結構長い尺で何を見せられているんだろうと気持ちになります。

やっと異変が起こり始めるんですが、アイドルもディレクターもポンコツなので、展開もグダグダ。

オチへの流れも実写でそれはないだろうというところから、大オチでいきなりぶっ込んでくるので、困惑しかしません。

ちょっとグロいシーンがあるので、人によってはそれで納得はするかも。

オススメ度(10段階)……★★★★★
(よく考えたら1本目の『ビル』が一番まともだったかも)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


闇動画23 [DVD]

【闇動画22】


闇動画22 [DVD]

『密着取材』

大学で映像を学ぶ女子大生が卒業制作のドキュメンタリー映画を撮影するためにルポライターをしている義理の姉に取材をしていた。

そして義姉につきまとう怪しい女に気がつくのだが…。

公式より。

大学の卒業制作で、小説を書くことになったルポライターの義姉の取材を始めた撮影者。

すると、義姉を見ている女性に気づきます。

実兄の方は突然会社を辞めたと思ったら、アウトドア三昧で家には寄り付かないらしく、あてになりません。

取材を続けていくと、義姉はイライラしだし、撮影者を部屋から追い出すんですが、外に例の女性が。

義姉に伝えようとすると、黙っててと叫んで、外に出ていってしまいます。

すると、例の女性が家に入ってきて、包丁を手に撮影者へと詰め寄ってくる。

撮影者はクローゼットに隠れてやり過ごそうとするのだが……という展開。

いわゆる衝撃の展開系なんですが、映像と後日の出来事がつながらず、想像の域を出ません。

心霊系ではないので、現実でもありそうな話でした。

『恋愛情報商材』

インターネットで販売するために撮影された、女性を口説くテクニックを解説する教材の映像。

撮影者がSNSで知り合ったという女性をバーに連れてきたときに信じがたい悲劇が起こる!

公式より。

恋愛系の情報商材を撮影していた撮影者。

SNSで知り合ったていでバーで撮影を始めるんですが、この女性がえらいポンコツ。

飲みまくって泥酔するわ、仕込みなのに会話を合わせず、撮影者を苛立たせます。

女性がトイレに行ってる間に仲間のバーの店員を叱りつけ、紹介してきた男に確認をとらせると、紹介するはずの女性はバイトで遅刻中とのこと。

戻ってきた女性を問い詰めようとすると……という内容。

とりあえず、言えることは汚い。

『魔窟3 袋』

これまで『闇動画』シリーズで紹介してきた怪奇現象が絶えないという廃墟。

若い男性3人が探索に訪れると鬼ごっこを始める。

彼らの知らないところでそこに巣くう魔が静かに動き出す…。

公式より。

4話構成の3本目。

建物以外は基本的に関連性がないので、別に前の2本を見ている必要はありません。

あ、この部屋見たなってなる程度です。

廃墟を探索して、その様子をネットで配信しようとしている男性3人組。

何も起こらないため、鬼ごっこをすることに。

いざ鬼ごっこを始めると、

本人たちは気づいていないが、次々と怪現象が起こり始める。

とはいっても、この段階で起きる怪現象は、いるはずの場所に相手がいないとか、来たと思った場所に来ていないとかそんなレベル。

鬼ごっこをやめ、仲間の携帯を見つけたものの、本人が見つからず、ふたりが外に出てからが本番。

携帯の持ち主が建物内から話しかけてくるが、後ろに何かがいるっぽい。

よく聞き取れないんですが、何故か下りれないからふたりに上がってきてもらい、合流したいようなことを言ってる様子。

ふたりが上がっても鉢合わせすることもなく、携帯の持ち主の変わり果てた姿を発見する。

ふたりはパニックになり、逃げ出そうとするのだが……という展開。

この巻に収録されている中では一番まとも。

ショッキングというほどのシーンはないですが、シリーズとして収録しているだけはあるかなと。

それでもやっぱりパッとしないので、この巻自体あんまり面白くないという印象でした。

オススメ度(10段階)……★★★★★
(こんなものかなという感想。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


闇動画22 [DVD]

【貞子】


貞子 (特製ブックレット・ブロマイド3点セット付) [Blu-ray]

心理カウンセラーである茉優(池田エライザ)の勤め先に、警察に保護された少女が入院してくる。

記憶を失い名前も言えない彼女のカウンセリングにあたる茉優だが、周囲で奇怪な現象が頻発する。

同じころ、茉優の弟で動画クリエイターの和真(清水尋也)は、アップロードした映像の再生回数が伸びないことに焦りを感じていた。

そこで、死者5人を出した火災の起きた団地に侵入し、心霊動画を撮ろうとする。

シネマトゥデイより。

Jホラー屈指のキャラクターでありながら、バラエティタレント化した貞子を恐怖の対象に戻すべくつくられた作品。

ですが、【リング】シリーズの中で最も怖くない作品に仕上がっちゃいました。

ストーリーは【リング2】の続編で、池田エライザ演じるカウンセラーの茉優の働く病院にある少女が保護されます。

直前に実写映画版の【賭ケグルイ】を見ていたので、生徒会長役とのギャップがすごい。

少女は、母親にクローゼットの中で生活させられていて、灯油で焼き殺されそうになるんですが、貞子の力で脱出。

母親は貞子に殺された様子。

この母親役、知らないおばさんみたいに思っていたら、ともさかりえでビックリです。

昔は堂本剛と共演して、【金田一少年の事件簿】でヒロイン役だったりしてたのに。

とは言っても、最近もちょくちょく映画やドラマに出ていて、他の作品ではこんなおばさんっぽくないですけどね。

茉優は少女に優しかったからか気に入られるんですが、優しさゆえにサイコパスなおばさんにも気に入られてしまいます。

このサイコパスおばさんも後で調べたら佐藤仁美で、ともさかりえや堂本剛と文字通り同級生だった女優です。

というか、オリジナルの【リング】、【リング2】の竹内結子が演じて、最初に死んだ大石智子の友達ですね。

そういえば、【リング2】では精神病院に入ったことになってました。

まさかのオリジナルキャラクター。

そんなサイコパスおばさんに襲われているところへ貞子が現われるという展開。

同じ頃、配信者として活動している弟の和真は、再生数の伸び悩みに焦っていて、少女と母親の住んでいた団地の部屋に侵入します。

そこで何かを見てしまい、慌てて逃げ出すんですが、後日行方不明に。

動画には黒い長髪に白い服を着た女が映り込んでいて、ネットで話題になっていました。

それから茉優と、和真が憧れているアドバイザーの石田から連絡があり、ある動画を手掛かりに和真を探しにいくことに。

そんな感じで話が進むんですが、サイコパスおばさんのシーン以外、貞子はほとんど突っ立っているだけ。

動画も呪いのビデオのような不気味さを感じません。

ぶっちゃけてしまうと、確かに外見的には貞子が怖いですが、

サイコパスおばさんや、少女の母親の方が怖さを感じます。

クライマックスの展開も意味不明だし、全体的に雑。

貞子と山村志津子の設定は生きているものの、増殖を目的にしていることを含め、必要な設定はほとんど削ってしまった印象。

貞子というキャラクターのスピンオフではあっても、【リング】ではないなと思った作品でした。

オススメ度(10段階)……★★★★
(新規のファンを増やすという意味では悪くはないのかもしれない。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


貞子 (特製ブックレット・ブロマイド3点セット付) [Blu-ray]

【クネクネ】


クネクネ [DVD]

夏休み、千里は母・良子と再婚相手の浩平、その娘の遥にキャンプに連れ出される。

車でキャンプ場に向かう途中、道に迷った浩平は通りがかりの民家の男に目的地までの道を尋ねるが、男は問いには答えず、「帰ったほうがいい」と呟くだけだった。

男の様子を不審に思いながらも、結局この村のはずれでキャンプをすることになるが…。

「Oricon」データベースより。

今回はネタバレありのレビューです。

意外とインターネット発祥と知られていない都市伝説『クネクネ』を映像化した作品。

都市伝説というか、創作なんですけどね。

しかも、『クネクネ』を映像化とうたってはいますが、内容的に全然違います。

元々、『クネクネ』はある兄弟が田舎で田んぼにいる白い何かを見つけ、弟はそれが何かわからず、兄はわかってしまう。

その白いクネクネと人間とは思えない動きをしているものを見た兄は、精神に異常をきたしてしまったというもの。

後に兄もクネクネとした動きをするようになり、野に放たれるというバージョンもあったりします。

ところがこの作品は、再婚した両親と、それぞれの連れ子の姉妹がキャンプに行くことになるが、妹は再婚自体に納得がいかないため、キャンプにも不満たらたら。

その上、道に迷い、キャンプ場でも何でもないところにテントを張って泊まります。

夜中、テントにも来ずに車で寝ている実の娘である妹の様子を見に行った母親が白い服の女に遭遇。

朝になっても戻らないため、探しに行くと全身があらぬ方向を向いているような体勢で死亡してるのを発見。

携帯がつながらず、車で警察に行こうとしますが、車も何故か動きません。

何を思ったか、父親は徒歩で警察に向かおうとしますが、道に迷ったから適当にキャンプしてるのに、どこに向かう気なんでしょうね。

その後、妹と待っていた姉が様子を見にいき、父と合流している間に、妹が以前にも会っている怪しい姿の男に事情を伝えられるという展開。

というか、地域の住民がふたりしかいない様子なんですが、ふたりとも帰れというだけで事情を説明しようとしません。

前述の通り、後半になって

突然事情を説明し出す

という。

ちなみに父親にも別の住民が説明しますが、父親は信じません。

結局のところ、住民たちがある女性を氏神として祀っていたのに、その欲望からその女性を拷問するように。

結果、大やけどを負った女性は水に飛び込んで死に、住民たちを恨んで呪いをかけたらしい。

女性の姿を見た人間は、目から血を流し、全身を捻じ曲げられて死に、しばらくすると動き出して人を襲うようになるとのこと。

いや、それ、いままで死んだ住民はどうしたんだって話ですけどね。

だいたい、水辺に現われるっていう設定のようですが、全然水辺でもなんでもないところに登場しまくっているので、設定を加えた意味もわかりません。

終わり方もそこで終わるのかと思うくらい中途半端に終わるし。

全部ネタバレでレビューした方が親切だったかなと思える作品でした。

オススメ度(10段階)……★★
(ジャケットはいい雰囲気なんですけどね。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


クネクネ [DVD]

【封印映像43 御井戸様】


封印映像43 御井戸様 [DVD]

『ブランコ』

ナンパに失敗して意気消沈で帰路につく様子を撮影した映像。

怪音に導かれ公園に辿り着く投稿者たちを襲うモノの正体とは!?

公式より。

ブランコが勝手に動き出し、ふたり組のひとりが倒れ、もうひとりが逃げ出す。

倒れた連れが心配になって、ブランコに戻ると、連れがブランコに座っていて、上を見上げている。

見上げてる先には……という展開。

ブランコものって、映ってるもののビジュアル次第だよねって思わせられる1本。

『古民家探し』

ある女性からの投稿映像。田舎の物件探しの記録用として撮影した映像には、

体調が悪くなり倒れてしまった自分の姿と映ってはいけないモノが・・・

公式より。

田舎の古民家を探しに、不動産屋と山の中にある家に行った話。

不動産屋が鍵をとりに行ってる間、周辺を散策していたら真っ暗に。

こういうちょっと歩いてる間に真っ暗になる話って、むしろその

時間泥棒みたいな状況の方が怪現象

のような気が。

それはともかく、霧だかガスだかわからないものが流れてきて、投稿者は気を失ってしまいます。

古民家探しの記録用に撮っていたカメラは撮影を続けており、ノイズとともにあるものが映っていたておいう展開。

怖くはない。

『サバイバルゲーム』

地方の森でサバイバルゲームをした際の映像。

山中で仲間を見失い探すが、その場所は曰く付きの場所だった!

公式より。

サバイバルゲームを終えたものの、友人のひとりが見つからず、探しにいく投稿者。

異様な暑さを感じ始めながらも、友人を探し続けていると、うつ伏せに倒れている人物を発見。

仰向けにしてみると、血まみれの遺体。

驚いていると、茂みから男が現われ、ナイフのようなもので投稿者の胸を刺します。

男は消え、友人たちが投稿者を見つけますが、胸の傷は見当たりませんでした。

後日、胸が痛くなり、病院に行くと、外傷がないのに胸に穴が開いていたという展開。

『御井戸様』

民俗学を研究するサークルに所属していた男性からの投稿。

フィールドワークとして訪れたある地方で撮影した映像には、

説明がつかない驚愕の光景が映っていた!

公式より。

民俗学の研究のため、とある地方の旅館に泊まった投稿者と友人。

神事が行われるため、外出禁止と伝えられるが、民俗学としての興味から、当然見に行ってしまいます。

正直、外出禁止の時期に泊める旅館もどうかと思うんですけどね。

結局、神事をのぞき見しているのがバレ、逃げ出すんですが、友人とはぐれてしまう投稿者。

様子を見に戻ってみると、友人が捕まっていて、信じられない光景が……。

予告を見て、住民たちが舞を見る神事みたいのを行っていて、彼らが吸血鬼とかそういうオチかと思ったんですが、全然違いました。

昔、神様が倒しきれなかった妖怪がいて、どうやら井戸に封じ込められているらしい。

住民たちはそれを抑えるために、神事を行っているとのことが後の取材でわかります。

友人がホラー映画なら間違いなく死ぬテンプレキャラっぽいのが苦笑い。

全体的に他の投稿系作品と比べて、特徴がなくなってきた感じがします。

もっとも、40本以上になっているので、しょうがないのかもしれませんが。

オススメ度(10段階)……★★★★★★
(あんまり怖いという印象のない巻でした。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


封印映像43 御井戸様 [DVD]